• はてぶ
  • あとで
芸術と歴史が薫る運河の都、アムステルダムのおすすめ観光スポット15選

オランダといえば、日本にとっては江戸時代からの長い付き合いのある国であり、今でもヨーロッパで行きたい国の常に上位に上がる人気のおすすめ観光地。その首都、アムステルダムはこれまた日本人の大好きな、水路の街です。そんなアムステルダムのおすすめの観光スポットを15選にまとめました。ただ街を歩いているだけでも楽しくなる居心地のいい観光スポット、アムステルダムへと早速飛び立ちましょう。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① アムステルダム国立美術館

あまりにも大きすぎて一日では見切れません。
ゴッホ、レンブラントなどの絵画も素晴らしいが、中世のオランダにとって古き良き時代の宝飾品、食器、武器、船などの展示は圧巻です!

出典:www.tripadvisor.jp
15選最初はアムステルダムのシンボル的存在の定番観光名所、アムステルダム国立美術館です。オランダ最大の美術館であり、豊富かつ質の高い収蔵品を誇りますが、中でも人気なのがレンブラントの「夜警」とフェルメール作品。日数があってもなくても、足を運ぶべき場所です。
【名称】 アムステルダム国立美術館( Rijksmuseum )
【住所】  Museumstraat 1, Amsterdam
【アクセス】  トラム:2・5系統、Rijksmuseum停留所、7・10系統、Spiegelgracht停留所、他
【営業時間】  9:00~17:00
【休業日】  無休
【予算】  17.50ユーロ(18歳までは無料。特別展は別料金)

② アンネ・フランクの家

大変人気の観光スポットだが、ぜひ、アムステルダムを訪れたら行くべきところ。当時住んでいた家がそのまま博物館になっており、アンネ一家の歴史、ナチスの歴史を学ぶことができる。とても考えさせられる場所。

出典:www.tripadvisor.jp
アムステルダムといえばこちらも行っておかねばならない定番観光名所です。オンシーズン・オフシーズン問わず常に大行列なので、朝早くから並ぶ覚悟で行きましょう。
【名称】 アンネ フランクの家( Anne Frank Huis )
【住所】  Prinsengracht 263-267, Amsterdam
【営業時間】  11~3月 9:00~19:00(土曜は~21:00)
         4~10月 9:00~21:00(土曜と7・8月は~22:00)
         1/1は12:00~19:00
         5/4は9:00~19:00
         11/7は9:00~18:00
         12/25は12:00~17:00
         12/31は9:00~17:00
         最終入場は閉館30分前
【休業日】  休業日は要確認
【予算】  9ユーロ

③ 運河クルーズ

運河から臨む街並みは、異国情緒に溢れています。5階建て位の建物がくっついて延々と続きます。

出典:www.tripadvisor.jp
アムステルダムは運河が張り巡らされた水の都。その街並みを存分に味わうにはやはり運河クルーズが最適です。中には日本語ガイド付きのツアーもあるので、いろいろ探してみましょう。
【名称】  運河巡り (Gracht / Canal )

④ 国立ゴッホ美術館

オーディオガイドがあったり、こども用のクイズが用意されていたり、ゴッホの絵画に親しんでもらえるような工夫がたくさんなされていて、好感がもてました。

出典:www.tripadvisor.jp
オランダ出身の画家といえば、ゴッホも忘れるわけにはいきませんね。ゴッホの充実したコレクションが楽しめるこちらの美術館も、もちろん常に大人気です。音声ガイドを借りてゆっくりと巡りましょう。
【名称】  国立ゴッホ美術館 ( Van Gogh Museum )
【住所】  Paulus Potterstraat 7 Amsterdam
【アクセス】  トラム:2・3・5・12系統、Van Baerlestraat停留所から徒歩5分
【営業時間】  9:00~18:00
         (金曜~22:00、7・8月と9/25~10/31は土も~22:00。11~2月は~17:00)
         入館は閉館30分前まで。
【休業日】  無休
【予算】  17ユーロ

⑤ レンブラントの家

作品も多様で楽しめますが、キッチン、寝室、客室などの生活空間を垣間見ることができ、貴重な体験ができます。

出典:www.tripadvisor.jp
「夜警」で有名な画家レンブラントが実際に生活していた家で、当時の暮らしぶりを再現している博物館です。レンブラントや当時の人々が身近に感じられる体験ができますよ。
【名称】  レンブラントの家(Het Rembradthuis)
【住所】  Jodenbreestraat 4, Amsterdam
【営業時間】  10:00~18:00(1/1は11:00~)
【休業日】  王の日、12/25
【予算】  12.50ユーロ(特別展は別料金)

⑥ 王宮

現在王家が使用している3つの王宮のひとつで現在は国賓等を招く迎賓館として使われているだけあり豪華絢爛 中は大理石の床(世界地図が描かれた大理石の床には日本もありました)、シャンデリア、レリーフ何もかもが豪華です

出典:www.tripadvisor.jp
こちらも観光ツアーなどでも定番の観光名所。現在は迎賓館として使用されている建物です。内部では貴重な装飾や絵画などを見学することができるので、ぜひ足を運んでみましょう。
【名称】  王宮 ( Koninklijk Paleis)
【住所】  Dam Sq. Amsterdam
【営業時間】  11:00~17:00
【休業日】  不定休
       休館日の方が多い月があるので、公式ウェブサイトなどで事前確認を
【予算】  10ユーロ

⑦ アムステルダム中央駅

東京駅のモデルとなったアムステルダムはやはり美しい外観で、構内ではピアノの生演奏があり、無料wifiが飛んでおりここにいるだけでも十分に楽しめました。

出典:www.tripadvisor.jp

レンガ造りの立派な建物で歴史を感じるところと近代性がマッチしたような素敵な建物でした。

出典:www.tripadvisor.jp

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する