• はてぶ
  • あとで
美しい山々と湖のある国スイス。絶対行ってほしいおすすめ観光スポット16選

【2020年最新情報!】アルプスに連なる山々、美しい湖、緑豊かな牧草地に、歴史ある町並み・・・。美しい国スイスには自然も観光も大満喫できるおすすめ観光スポットが数えきれないほどあります。みなさんも一度は目にしたことがあるでしょう、『アルプスの少女ハイジ』の世界が堪能できるまさに夢の国です。観光大国であり国際国家であるスイスの厳選したおすすめ観光スポットを16選用意してみました。日本ではお目にかかれない大自然を堪能する旅に出てみませんか。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. マッターホルン / ツェルマット

まず最初にご紹介するのは、言わずと知れた大人気観光地「マッターホルン」スイスとイタリアの国境にそびえる標高4478メートルの荘厳な山。季節ごとに違った表情を見せてくれます。写真のような「逆さマッターホルン」も写真に収めたいところです。
ロープウェイに乗って展望台まで一気に行けちゃいます。その周辺には初心者でも楽しむことのできるハイキングコースも整備されています。旅行の中のプランのひとつとして、登山は出来ない時でも、スイスの大自然を感じながら爽快にに歩くことが出来ますよ。

詳細情報

2. シヨン城 / モントルー

続いてご紹介するのは、13世紀ごろに建設されたとされる古城「シヨン城」。レヨン湖の湖畔にあるお城の幻想的な様子は幻想的。絵画のような絶景ですね。城内部には、豪華な調度品も展示されており、歴史にロマンを感じることができるはず。
イギリスの詩人、バイロンの詩「シヨンの囚人」、「シヨン城詩」の舞台としても有名な場所です。入場料を払って内部に入りこともできます。作品に登場する「ボニヴァールの牢獄」は特におすすめのスポットです。また、遠くから城を眺めるのもいいですね。

詳細情報

Avenue de Chillon 21, 1820 Veytaux, Switzerland

- 022

3. ハイジ村 / マイエンフェルト

つづいてご紹介するのは、世界中で愛されている「アルプスの少女ハイジ」の世界観を楽しむことができる「ハイジ村」です。可愛らしくこじんまりと、ゆっくりと時間が流れるこの場所では、ハイジのように自由に時間を過ごすことができるはず。
「ハイジの家」には、ハイジたちの暮らしぶりが分かるインテリアが揃えられています。写真のようにクララの車いすを思わせる展示品もアリ、ファンにはたまりません。原作者ヨハンナ・シュピリについても詳しく知ることができますよ。

詳細情報

4. ベルン大聖堂 / ベルン

続いてご紹介するのは、「ベルン大聖堂」です。世界文化遺産にも登録された、歴史溢れる美しい古都ベルン。そこに静かに佇む聖堂は必見です。由緒ある大聖堂なので、礼拝期間中や祭事のある際は見学ができませんので、事前にご確認下さい。
パイプオルガンに、234体の像によって神に選ばれたものと地獄に落ちていくものを表現している「最後の審判」の彫刻など、見るべき点がたくさん。宗教美術を楽しむことができます。教会のステンドグラスも美しく、雰囲気も抜群です。

詳細情報

5. ザンクトガレン修道院 / ザンクトガレン

つづいてご紹介するのは、「ザンクトガレン修道院」です。こちらは世界文化遺産にも登録されており、厳かなバロック調が特徴。黒い天井画と白い柱のコントラストが緊張感を漂わせます。壮大な歴史的建造物がみたい方にオススメ。
またザンクトガレン修道院の内部にある図書館の蔵書数は16万冊を超え、知の宝庫として称えられています。昔から修道院を中心に栄え、多くの知識人が集まった都市ゆえの特徴でしょう。羊皮紙に手で書かれた貴重な本も蔵書されています。

詳細情報

6. モルジュ城 / モルジュ

続いてご紹介するのは、まるで絵画から切り取ったような現実、「モルジュ城」です。あたりには4~10月頃まで様々な花が咲き誇り、その町を見守り続けてきたモルジュ城。冬は見学できませんが、その他の期間は入館可能です。
13世紀にサヴォワ家によって建てられた歴史あるお城。内部は軍事関連の博物館となっており、18世紀から現代にいたるまでの軍服や大砲、鎧などが展示されています。こちらも歴史を感じられるスポットです。タイムスリップしたかのような気分に浸ることができるはず。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する