• はてぶ
  • あとで
絶対に外せない!関西にある歴史的建造物5選

京都・奈良を含む関西地方、歴史的建造物も山のようにあるんですよね。有名な建築やその時代にタイムスリップしたかのような風情を充分に感じられる場所ばかりです。滋賀県以外の関西2府3県から、各府県より1箇所ずつをピックアップした歴史的建造物5選をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① 姫路城 (兵庫県)

400年の歴史を持つ、国宝姫路城、別名白鷺城です。法隆寺と並び、日本で最初に世界遺産に登録された名城ですね。大天守と3つの小天守からなる優美な連立した天守、そして白壁との調和がとても美しいです。今にも舞い立とうとする白鷺の姿が見えるようですね。

基本情報

② 四天王寺 (大阪府)

四天王寺は聖徳太子が593年に建てた日本最古の寺院です。そして、聖徳太子建立七大寺の一つとされています。南から北へ中門、五重塔、金堂、講堂を一直線に並べ、それを回廊が囲む形式で、日本最古の建築様式の一つです。 6~7世紀の大陸の様式がわかる貴重な存在でもあります。毎月21日はお大師さんと呼ばれ、境内に露店が並び賑わっています。

基本情報

③ 清水寺 (京都府)

続いてご紹介するのは、京都の清水寺。「清水の舞台」で有名な国宝の本堂は、139本といわれる多くの長大なケヤキの柱が「舞台」と呼ばれるせり出し部分を支えているんです。それも、1本も釘を使わずにです。「清水寺」の名の由来となった音羽の滝は、飲めば万病に効く霊水といわれています。清水寺一帯は、京都市街を一望できる景勝地で、春は桜、秋は紅葉と美しく変化します。

基本情報

④ 法隆寺 (奈良県)

聖徳太子ゆかりの寺、法隆寺です。聖徳宗の総本山で、別名斑鳩寺ともいいます。法隆寺は西院伽藍と東院伽藍に分けられていて、飛鳥時代をはじめとする各時代の創玄な建築物が立ち並び、数多くの宝物類を見ることもできます。1993年に、ユネスコの世界文化遺産に日本初の登録で、世界的な仏教文化の宝庫として注目を集めています。

基本情報

⑤ 熊野那智大社 (和歌山県)

熊野三山の1つ、熊野那智大社や那智山青岸渡寺が建つ熊野信仰の聖地です。落差日本一といわれる那智の滝があり、那智山の原生林を切り裂いて流れ落ちる様は、見る者を圧倒し、神々しく思えてきます。2004年に世界遺産に登録されました。

基本情報

関西には名所がたくさん。

関西地方の歴史的建造物5選、いかがでしたか?どれも、有名すぎるスポットばかりでしたよね。関西を訪れたなら、ここだけは行っておきたい場所ばかりです。どのスポットも、規模も大きく、ちょっとだけと言うわけには行きません。ゆっくりと時間を取って、浸ってください。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する