• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
中国地方でおすすめの子供が喜ぶ、親子で楽しめるお出掛けスポット15選

今回は、中国地方でおすすめの、親子で楽しめるお出掛けスポットを15選集めてみました。子供が喜ぶスポットや、親子で遊べるスポットが沢山あるので、お子様の年齢に合わせてお出掛けスポットを探してみるのも良いですね!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】森の国 / 鳥取県

まず最初に紹介するのは、米子駅からバスで35分のところにある「森の国」です。森の国は、キャンプやバーベキュー、アスレッチクや体験型イベントなどで遊ぶことのできる西日本では最大級のアスレチック広場です。自然溢れる場所でアウトドアを満喫できること間違いなしです!
アスレチックコースには、大人でも難しい本格的なコースや低学年の子供にも優しいコースが用意されています。遊具もたくさんありますが、広い芝生で走り回るだけでも十分に楽しめます。また、ドッグランもあるため愛犬を連れておでかけするのもいいかもしれませんね。

詳細情報

asoviewで見る
  • 鳥取県西伯郡大山町赤松634
  • 0859-53-8036

【2】鳥取砂丘 / 鳥取県

2つ目に紹介するのは、鳥取駅バスターミナルからバスで20分のところにある「鳥取砂丘」です。東西16km・南北2kmの大きさを誇る鳥取砂丘は、日本最大規模の起伏を持つ砂丘で、地方から多くの観光客も訪れます。見て、鑑賞して、食べて、遊べる場所になっています。
四季や時間帯によって様々な顔を見せる砂丘では、パラグライダーやサンドボードなどのアウトドア・スポーツを楽しむことができます。また、カフェやレストランでは砂丘をイメージしたグルメが用意されています。子供から大人まで親子で1日中楽しめるスポットです。

詳細情報

  • 鳥取県鳥取市福部町湯山2164−661 鳥取砂丘
  • 0857-20-2231

【3】水木しげるロード / 鳥取県

3つ目に紹介するのは、境港駅を出てすぐのところにある「水木しげるロード」です。中国地方の境港市の観光スポットの中でも抜群の知名度を誇る観光スポットです。妖怪神社や鬼太郎、妖怪にちなんだ食べ物やグッズを販売するお店が並ぶ通りには約200体もの妖怪達が潜みます。
通りに並ぶお土産ショップを見て回ったり、妖怪の銅像巡りも楽しみ方の1つです。他にも境港駅から徒歩10分のところには、水木先生の作品の展示を見ることができる「水木しげる記念館」があります。館内は写真撮影のできる場所が限られているため注意してくださいね。

詳細情報

  • 鳥取県境港市大正町
  • 0859-47-0121

【4】鳥取砂丘こどもの国 / 鳥取県

4つ目に紹介するのは、バス停"こどもの国入口"を下車してから徒歩10分のところにある「鳥取砂丘こどもの国」です。屋外にある大型アスレチックや迷路のような空中回廊式遊具、サイクルモノレールなどの乗り物で思いきり体を動かして遊ぶことができます。
また、木のおもちゃなどを作れる木工工房、陶芸や粘土工作ができる砂の工房で親子一緒にものづくりにチャレンジしたりと、いろいろな楽しみ方ができることもこの施設の特徴です。年齢や、工作好き、読書好きなど子供に合わせた遊び方で素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょうか?

詳細情報

  • 鳥取県鳥取市浜坂1157-1
  • 0857242811

【5】松江フォーゲルパーク / 島根県

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する