• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
ここが日本なんて信じられない!西表島観光で外せないやりたいこと5選

西表島観光で訪れたらやりたいことを厳選しました。マリンアクティビティ・トレッキングなどぜひとも立ち寄りたい、見るべきスポットをご紹介します。ここが日本?と疑ってしまう西表島観光で訪れたらやりたいことをまとめてみました。

このまとめ記事の目次

西表島って?

石垣島からさらに高速船で約40分の西表島。亜熱帯に位置するそこは、ジャングルに覆われた秘境です。石垣島にステイして日帰りでその秘境気分を味わうことが出来ます。

1日に2つの観光を組み合わせたツアーへの参加がおすすめ!親切なガイドと備品を用意してもらえますので、最小限の手荷物で参加できるのが魅力です。

①地図に無い幻の島へ上陸!「バラス島」

サンゴのかけらだけでできた真っ白い無人島のバラス島は、大潮では沈んでしまったり、台風で島のカタチが変わってしまいます。カラフルな魚たちに囲まれて、海水浴やスノーケルをすればウミガメに出会えることもあるようです。

サンゴが群生しており透明度抜群なバラス島。一度訪れれば魅了されること間違いありません。

基本情報

バラス島(※要ツアー参加)
【住所】沖縄県八重山郡竹富町字上原
【営業時間】-
【定休日】-
【電話番号】-
【アクセス】上原港から船で10分
  • 沖縄県八重山郡竹富町鳩間54
  • 0980-82-6191

②ゆったり南国タイムを過ごそう「由布島・水牛車」

海の中を渡る水牛のシーンでおなじみですね。竹富島の水牛車は島内を巡る観光用の水牛車。こちらは由布島にある亜熱帯植物楽園へ向かう海を渡る渡し船的な水牛車です。

歩いた方が早い?と思わせるほど、のんびりゆっくり進む水牛に身を任せて南国タイムを過ごしたいです。

基本情報

由布島・水牛車(由布島亜熱帯植物楽園)
【住所】沖縄県八重山郡竹富町字上原
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】年中無休
【電話番号】0980-85-5470
【アクセス】上原港からバスで22分 / 由布島水牛車乗り場にて下車。
【入園料】中学生以上1400円 / 小学生700円 / 小学生未満無料(往復水牛車代込み)
  • 沖縄県竹富町由布島

③カヤックとトレッキングでジャングルを堪能「ピナイサーラの滝」

石垣島からの高速船が着く上原港から近いピナイサーラの滝。マングローブ林を抜けて行くカヤックとジャングルトレッキングを楽しめる人気のツアーコースです。滝壺までと滝上までのツアーがありますので、時間や体力にあわせて選べるのもいいところです。

ひと汗かいたところで待っている、滝壺での水遊びは最高に気持ちいいですよ。

基本情報

ピナイサーラの滝(※要ツアー参加)
【住所】沖縄県八重山郡竹富町上原
【営業時間】-
【定休日】-
【電話番号】-
【アクセス】上原港からクルマで3分(滝が見える県道まで)
  • 沖縄県八重山郡竹富町上原
  • 0980-85-6441

④日本最大のマングローブをジャングルクルーズ「仲間川クルーズ」

西表島の秘境を楽しみたいけど、カヤックはちょっと…という人、年配の方や小さなお子様も、気軽に1時間ちょっとのジャングルクルーズを楽しむことができます。

日本最大のサキシマスオウノキ、野鳥、干潟の生物など楽しい解説を聞きながら西表の風を感じてみませんか?

基本情報

仲間川マングローブクルーズ(東部交通)
【住所】沖縄県八重山郡竹富町南風見201(大原港ショップじゅごん)
【営業時間】8:00〜17:30
【定休日】天候により
【電話番号】0980-85-5304
【アクセス】大原港から徒歩30秒 / 上原港からクルマで40分
【料金】大人1540円 / 小学生770円

⑤日本最大のサンゴ礁を潜らずに覗いてみよう「水中観光船」

豊かなサンゴと海中生物が生息している日本最大のサンゴ礁「石西礁湖」のひとつ「マイビシ」の海底を船の中から見ることができます。

大型のテーブル状サンゴ、ミドリイシが海面を優占。エダサンゴやウミトサカも群生していて、お子様からご年配まで海の美しさを満喫できるスポットです。

基本情報

水中観光船(期間営業 4月27日~9月30日)
【住所】沖縄県八重山郡竹富町南風見201(大原港ショップじゅごん)
【営業時間】8:00〜17:30(1便 / 14:20発のみ)
【定休日】天候により運休
【電話番号】0980-84-7320
【アクセス】大原港から徒歩30秒 / 上原港からクルマで40分
【料金】大人2570円 / 小学生1280円
  • 沖縄県宮古島市下地来間106-25
  • 0980747080

いかがでしたか?

西表島には手つかずの自然がたくさん残されています。日本なのに亜熱帯ジャングルやマングローブ林を探索できるなんて素晴らしいですよね。運が良ければ、イリオモテヤマネコ、カンムリワシ、キシノウエトカゲ、セマルハコガメなどの珍しい動物に出会えるかもしれません。

石垣島まで行くなら、1日だけちょっと足を伸ばして”西表島でやりたいこと計画”を練ってみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する