• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
大阪市内からのアクセス抜群!箕面温泉の周辺スポットと楽しみ方 5選

箕面温泉は公共交通機関で大阪市内から行きやすいにもかかわらず、温泉だけではなく自然も満喫できる見どころも満載です。箕面温泉と、いろいろな楽しみ方ができるお勧め周辺スポットをご案内します。自分だけのやりたいこと、楽しみ方を見つけて下さい。

このまとめ記事の目次

①大江戸温泉物語グループ 箕面観光ホテル(箕面市)

大きくスケールアップした露天風呂の標高180mから眺める1,000万ドルの夜景と溢れるお湯に身を浸す極上の贅沢感を味わってください。 大浴場〈内湯)からも窓の向こうにきらめく夜景が見えます。

出典:www.ooedoonsen.jp

ローストビーフは絶品!これを食べずして箕面のバイキングを語るなかれ。焼きたて、揚げたてのお料理は17mのライブキッチンにおまかせ。思わず手が出ること間違いありません。

出典:www.ooedoonsen.jp
展望露天風呂から眺められる夜景の素晴らしさ、バイキングの品数の多さ(なんと、夕食は150品も!)が口コミでも評判のいい箕面温泉の中でもダントツ人気のホテル。ここの温泉は、慢性婦人科疾患、神経痛、リュウマチ、ストレス、美肌に効くそうです。温泉だけではなく、大衆演劇、歌謡ショー、週末には吉本のお笑いタレントが出演するステージや落語会まであるところが、いかにも関西らしいですね。
[住所] 大阪府箕面市温泉町1-1
[電話番号] 予約・お問い合わせ 0570-041266(ナビダイヤル有料)
[アクセス] 無料シャトルバス:千里中央駅・阪急北千里駅、大阪梅田、阪急茨木市駅・JR茨木駅より約45分~1時間 
電車:阪急梅田、JR大阪駅から、JR、阪急宝塚線、阪急箕面線で約30分、箕面駅下車徒歩約5分
バス:千里中央駅から阪急バスで約20分
車:大阪市内から、新御堂筋を通り国道171号線で牧落から約10分(駐車場400台収容)
※できるだけ電車、バスなど公共交通機関でお越し下さいとのことです。

②みのお山荘 風の杜(箕面市)

客室はもちろん、ロビー、食事処、湯処のすべてから大阪の街を一望できる。夜になると、宝石箱のような夜景が広がり、極上の癒しをもたらす。季節の会席料理も自慢で、一品一品丁寧に作られる美味を、目で舌で味わえる。

出典:tabiiro.jp

全客室から大阪方面の街を一望できると評判だ。 別邸の特別室「花水木」と「山椿」には高野槙(こうやまき)で作られた展望露天風呂が設えてあり、ゆったりした時間を堪能することができる。

出典:nakata.net
箕面の高台にあるため眺めは抜群。絶景を楽しめる露天風呂は貸し切りもあるので、カップルにもお勧め。季節の会席料理が楽しめる食事と入浴がセットになった、日帰りプランも人気があります。宿泊して美味しい料理と入浴をゆったりと楽しむもよし、日帰りプランで気軽に楽しむもよしと、いろいろな楽しみ方ができるのもいいですね。
[住所] 大阪府箕面市箕面2-14-71
[電話番号] 072-722-2191(電話受付:朝8時半から夜8時まで)
[アクセス] 阪急梅田駅より:宝塚線の急行に乗り約15分、石橋駅で箕面線に乗り換えて、約6分で終点箕面駅で下車。 改札を出て右方向25m位の所にデイリーヤマザキがあり、進行方向にある宝くじ売場付近より送迎バスが出ています(所要時間約10分、無料)。
※梅田発40分から50分発の急行に乗ると、送迎バスへ待ち時間少なく乗継ぎできます。
新大阪駅より:地下鉄又はJR線に乗り換え大阪・梅田駅で乗り換え、阪急か地下鉄(北大阪急行)で終点千里中央で下車、そこから阪急バスで箕面駅下車。
タクシー:箕面駅より約6分(800円位) 
車:名神吹田ICから約20分、又は中国池田ICより約25分、箕面公園方面へ。

③箕面公園(箕面市)

最奥にある「箕面の滝」から森林を縫うような渓谷となっており、1,300種の植物と3,500種の昆虫、数多くの野鳥、哺乳動物、両生・爬虫類、魚類などの棲息する自然の宝庫となっています。

出典:www.asoview.com

大阪市内からも電車で30分程度とアクセスがよく、春は新緑、夏は納涼、秋は紅葉、冬は鍛錬の場として年間を通じて多くの人々に親しまれています。1986年「森林浴の森100選」に選ばれました。

出典:www.mino-park.jp
箕面温泉での入浴を楽しんだら、今度は箕面公園で森林浴を楽しんではいかがでしょう。ここでの見どころは、なんといっても落差33メートルで迫力満点の「箕面大滝」。「日本の滝百選」に選ばれているのも納得です。一年中楽しめますが、特に紅葉の時期(11月下旬~12月初旬)が人気。真っ赤な紅葉越しに見る滝は、まさに絶景と言えるでしょう。箕面大滝の滝道がライトアップされる(日没から22時まで)、7月中旬~8月末の夏もお勧めです。大阪市内から車で約30分で行けるのも魅力ですね。
[住所] 管理事務所:大阪府箕面市箕面公園1-18
[電話番号] 072-721-3014
[アクセス] ・阪急箕面線「箕面駅」から北へ約400m(公園入口一の橋)
・北大阪急行線「千里中央駅」から阪急バス(11番停留所)乗車、「箕面」バス停下車、北へ約400m(公園入口一の橋) 
注:公園内、滝道沿いには駐車場はなく、公園内は許可車両以外通行禁止となっているので、公共交通機関の利用が便利。車の場合は、阪急箕面駅近くに有料駐車場と、ドライブウェイ沿いに大日駐車場があります。
※行楽シーズン、紅葉シーズンは大変混雑します!

④箕面山 瀧安寺(箕面市)

本堂に祀られている弁財天は日本最初にして最古であると伝えられており、江の島、琵琶湖竹生島、宮島とともに日本四弁財天の一つとして有名です。

出典:www.city.minoh.lg.jp

宝くじ発祥の地としても知られ、今でも10月10日に開催される「箕面富」は当たりを得た者に身体健勝、家内安全、そして商売繁盛などの強いご利益があるということで多くの人でにぎわいます。

出典:midokoro.minoh.net
阪急箕面駅から徒歩約15分。赤い橋が印象的なお寺です。大護摩が焚かれる毎月7日は、山伏さん達が見られ迫力があります。現在の宝くじの起源である箕面山瀧安寺の富くじ「箕面富」は、江戸時代には商売繁盛に強いご利益があると口コミで広まり、このくじを求めて多くの人々が瀧安寺に押しかけたとか。箕面温泉周辺のパワースポットのひとつと言えそうですね。
[住所] 大阪府箕面市箕面公園2番23号 
[電話番号] 072-721-3003
[アクセス] 電車:JR大阪駅から阪急梅田駅へ徒歩3分、阪急梅田駅から約30分、箕面駅下車、 徒歩15分。又は、阪急梅田駅(宝塚線急行)→石橋駅(箕面線)→箕面駅 
タクシー:阪急箕面駅より3分 千里中央駅より10分 新大阪駅より15分 大阪空港より15分 
車:171号線牧落交差点を北へ約1キロ 市営駐車場から北へ約1キロ

⑤cafe and bar Hashimototei 橋本亭(箕面市)

元々は明治43年に建てられた旅館を改装して作られたお洒落なカフェです。店内からは「一の橋」を行き交う人々の姿や箕面川を眺めながらおいしいカフェや食事を頂けます。

出典:www.minohfalls.com

週替わりでレシピが変わる野菜たっぷりの「美肌ランチ」1,000(税込)やオリジナルカレーが人気です。またオーガニックにこだわったスイーツや箕面のオリジナルビールの箕面ビールもおすすめです。

出典:www.minohfalls.com
箕面駅から箕面の滝方面へ徒歩で5分ほど、「一の橋」の目の前にあります。パンは自家製、オーガニック素材を使ったスイーツ、コーヒーはオーダーが入ってから豆を挽いてハンドドリップで淹れるなど、こだわりのメニューです。口コミで人気の美肌ランチは、特に女性におすすめ。人気店なので、ランチタイムは早めに行くことをお勧めします。
[住所] 大阪府箕面市箕面2-5-37
[電話番号] 072-721-3116
[営業時間] 8:30 - 18:00 (17:30 ラストオーダー) 18時以降は予約制
休業日:火曜日(祝日の場合は営業)
[アクセス] 阪急梅田駅から約25分、「箕面駅」から瀧道徒歩5分 171号線牧落交差点から北へ車で5分。車の場合は、箕面駅前第1駐車場利用可。
(30分100円 利用時間:7時30分~22時30分)
箕面温泉は温泉だけではなく、その周辺スポットも見どころ満載!やりたいこと、楽しみ方が見つかりましたか?子連れファミリーならバイキング料理のある大江戸温泉、カップルなら貸し切り露天風呂や会席料理のある風の杜がいいかもしれませんね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する