• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
ロンドンにハリーポッターの部屋が!ホグワーツ滞在気分を味わえる「ジョージアン・ハウス・ホテル」

USJに登場したハリーポッターの世界も人気な昨今、シリーズが完結してからもハリーポッターの人気はとどまらないようです。そんなハリポタファンにとってはたまらないホテルの部屋がロンドンに登場しました!「魔法使いの部屋」として改装されたホテルは、ホグワーツの内装を細かいところまで再現。ハリーたちが過ごしたあの寮生活の世界を味わえそうです。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

ホグワーツに泊まれる!?

イギリス・ロンドンのホテルに、「ハリー・ポッター」をモチーフにした部屋が登場した。

出典:www.cinematoday.jp

ロンドンのヴィクトリア駅近くにある、創業163年のジョージアン・ハウス・ホテル。老舗のホテルです

1851年創業のジョージアンハウスホテルは、このたび二部屋をホグワーツの寮の寝室風に改造。

出典:news.livedoor.com

ホテルのウェブサイトでは「これまでにあなたが泊まったことのあるどんな部屋とも違います。とはいえ、部屋はとてもきれいなので安心してください」とアピールしている。

「魔法使いの部屋」

ジョージアン・ハウスが作ったのは、「ハリー・ポッター」をテーマにした「魔法使いの部屋(Wizard's Chambers)」。

出典:www.cinematoday.jp

内装はホグワーツ魔法魔術学校の寮のようになっていて、映画に出てくるようなベッド、魔法の本、暖炉、グリフィンドールを意識したカラーのカーテンなど、ファンにはたまらない部屋となっている。

出典:www.tvgroove.com

内装はグリフィンドールのカラーを採用!

4本の柱を備えた重厚なベッドや革製のトランク、金属製の釜などの調度品が置かれている他、思いがけない細部にも“魔法”が感じられるような仕掛けが施されているという。

出典:news.livedoor.com

オプションで更にハリーポッターを満喫!

また同ホテルは、映画『ハリー・ポッター』シリーズのロケ地を回る「マグル・ウオーキング・ツアー」(マグルは本シリーズの中で使われる普通の人間を意味する言葉)や、ワーナー・ブラザースのスタジオを見学できるツアーも「ハリー・ポッター・ツアーパッケージ」として用意している。

出典:www.cinematoday.jp

人気のツアーとのパッケージプランも用意されてます

映画の多くのシーンはロンドンの中心部で撮影されたが、このホテルはそのロケ地の至近に位置する。

出典:news.livedoor.com

ロンドンの街並を散策するのも楽しそう!

気になるお値段は?

部屋は全2部屋で、3人収容の部屋の値段は一晩249英ポンド(約43319円 ※2014年10月28日現在)、5人収容の部屋は一晩363英ポンド(約63153円)となっている。

出典:www.tvgroove.com

料金は、2人で「魔法使いの部屋」に1泊するのに209ポンド(約3万5,530円)、これにマグル・ウオーキング・ツアーが付くと249ポンド(約4万2,330円)、スタジオのツアーが付くと363ポンド(約6万1,710円)だ。

出典:www.cinematoday.jp

(1ポンド170円計算)

値段としては、少しお高めではありますがハリーポッターの世界観を再現している部屋はファンにとってはたまらないのでは?
ぜひ、一度泊まってみたいですね!

詳細情報

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する