• はてぶ
  • あとで
本当は教えたくない!自由が丘のベニスこと「ラ・ヴィータ」の魅力

自由が丘といえば、おしゃれな街並みをイメージされるかと思いますが、その中でもひときわ美しい場所が「ラ・ヴィータ(自由が丘のベニス)」です。まるでイタリアのベニスに来ているかのような贅沢でのんびりとした時間を「ラ・ヴィータ(自由が丘のベニス)」では過ごすことができます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

ラ・ヴィータ(自由が丘のベニス)とは

自由が丘の2丁目にあるラ・ヴィータ(自由が丘のベニス)は、水の都と呼ばれるイタリアのベニスをイメージして作られた商業施設となっています。「自由が丘のベニス」と呼ばれる名の通り、ゴンドラや石造りの街並みが美しく、どこをとっても絵になりますよ。

ラ・ヴィータ(自由が丘のベニス)の見どころ

ラ・ヴィータ(自由が丘のベニス)は、誰と遊びに来ても、一人でのんびりしに来ても楽しめる作りになっています。お店も充実しており、ファッションやインテリア、雑貨にスキー用品など、いろいろと楽しむことができます。

どこを切り取っても「インスタ映え」!

海外を彷彿させるラ・ヴィータ(自由が丘のベニス)の街並みは、散歩するだけで癒されます。写真を撮るのが好きな人には必見のスポットだと言えそうですね。実際に、カラフルな建物などをバックに写真を撮っているモデルさんを見かけることもありますよ。

「COCOMEISTER」で一生もののアイテムを

「COCOMEISTER(ココ・マイスター)」というお店には、たくさんの革製品が並びます。店内は、帆船の内装をイメージしているそうで、お買い物中も異国情緒を楽しむことができますよ。ぜひお財布や名刺入れなど、一生ものの革製品を探してみてはいかがでしょうか?

詳細情報

東京都目黒区自由が丘2-8-3ラ・ヴィータNo.2

3.00 04

ワンちゃんと一緒に訪れたい「LOASIS」

※写真はイメージです。

※写真はイメージです。

ラ・ヴィータには、日本初のオーガニック・ナチュラル商品専門のペットブランド「LOASIS(ロアシス)」の直営ショップと、トリミングサロンがあります。リードをつないでいれば、ワンちゃんと一緒に店内をまわることができます。愛犬家の方には嬉しいポイントなのではないでしょうか。

詳細情報

東京都目黒区自由が丘2-8−2

写真を投稿する
3.00 00

都内でベニス気分を満喫

いかがでしたか?意外と知られてしない都内の観光スポットとして外せない「ラ・ヴィータ(自由が丘のベニス)」をご紹介しました!デートでも、仲良しの友達と出かけても楽しめるスポットです。ぜひ週末のお出かけの際の参考にしてくださいね。

詳細情報

東京都目黒区自由が丘2-8-3

3.96 22259

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する