• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
ローカル線で行く東海・電車旅。おすすめ観光スポットはここだ

東海地方には魅力あるローカル線がたくさん。この記事では岐阜県の明智鉄道・長良川鉄道・樽見鉄道と、三重県の三岐鉄道北勢線を行く東海電車旅について書きました。名古屋から日帰りで行ける沿線のおすすめ観光スポット16選も合わせてご紹介。あなたもローカル線で、のんびりと電車旅を楽しんでみませんか?

このまとめ記事の目次

ローカル線で行く電車旅の魅力って?

行かないと出会えないものとの発見ですかね。まず地元に入り込めるのって、鉄道の旅の一つの魅力で。車だったり、飛行機だったら味わえない、地元の一員になれるんですよ。乗っていると、その街とか地域がどんな感じなのか肌で感じられるし。

出典:www.tfm.co.jp

地元の人からちょっと聞いた物だったり、チラッと降りてみて見つけるような物。ネットとかガイドブックに載っていないようなお店にも出会えるし。

出典:www.tfm.co.jp
ネットやガイドブックでは知ることができない、そこに行かなければ知ることができなかった発見、味わえない感動・・・これがローカル線で行く電車旅の醍醐味です。

1 明知鉄道(あけちてつどう) / 岐阜県

明知鉄道とは、明知鉄道(株)が旧国鉄明知線を引きついで開通した第3セクターの路線です。恵那駅(岐阜県恵那市)~明智駅(旧明智町・現恵那市)まで約25Km、のんびりとした田園風景の中を走ります。
この記事では、岩村駅で途中下して①岩村城址②鉄砲鍛冶加納家③岩村醸造の3ヶ所をご紹介します。
※画像は筆者撮影のものです。無断転載・引用は禁止します。

1-① 岩村城址(いわむらじょうし) / 恵那市

日本三大山城の一つに数えられる名城、岩村城。日本の100名城にも選定されています。天守閣は現存していませんが、立派な石垣は当時のまま。その存在感に圧倒されます。

一番上の本丸のあった場所からの眺めは素晴らしいです。登っていく途中の石垣もそれはそれは立派で、しかもいろんな趣があり、思わず立ち止まって見入ってしまいます。

出典:www.tripadvisor.jp

江戸時代、諸藩の城の中で最も高い標高(717m)に位置していました。眺めは最高。歩きやすい靴で行きましょう。

東海地方を代表するお城の一つ、岩村城。旧岩村町を代表する観光スポットです。駅からは、城下町の雰囲気漂う街並みをぶらぶら歩きながら約1時間の道のり。こうやって歩くと、江戸時代にタイムスリップしたような感覚を楽しめます。

基本情報

【スポット名】岩村城址(いわむらじょうし)
【住所】岐阜県恵那市岩村町字城山
【問い合わせ電話番号】0573-43-3231 ※いわむら観光協会
【営業時間】自由見学
【定休日】特になし
【料金】無料
【アクセス】JR東海名古屋駅から中央西線で約1時間、恵那駅で明知鉄道乗り換え。
      明知鉄道で恵那から岩村駅約30分。岩村駅より徒歩約1時間

1-② 加納家(鉄砲鍛冶)/ 恵那市

1831(天保2)年ごろから当時の6代岩村藩主松平乗保の命で鉄砲鍛冶を始めました。鉄砲だけでなくやりなども作っていたとされています。加納家には、包房が製造した火縄銃や火縄銃の木型、鉄砲玉、加納家に残されていた注文書などの古文書類を展示。

出典:iwamura.jp

二階の軒裏まで塗りこめられ外へ傾いた漆喰壁は珍しい。狛犬の飾り瓦もみどころ。

出典:nakatsugawa.info
岩村市街には、このほかにも「江戸城下町の館 勝川家 」や「木村邸」など、城下町のたたずまいを今に伝える観光スポットがあります。岩村城址と合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。

基本情報

【スポット名】加納家(鉄砲鍛冶) (かのうけ てっぽうかじ)
【住所】岐阜県恵那市岩村町851-1
【問い合わせ電話番号】0573-43-3231 ※いわむら観光協会
【営業時間】要問合せ
【定休日】毎週木曜日、年末年始
【料金】無料
【アクセス】JR東海名古屋駅から中央西線で約1時間、恵那駅で明知鉄道乗り換え。
      明知鉄道で恵那から岩村駅約30分。岩村駅より徒歩約10分

1-③ 岩村醸造(いわむらじょうぞう) / 恵那市

昔日の面影を残すいい雰囲気の街並みの中に杉玉を掲げた店を出しています。入り口を入るとショウケースの他昔の帳場があり、その脇をトロッコのレールが通っています。かつては奥の酒蔵からトロッコで酒を運んでいたそうです。

出典:www.tripadvisor.jp
個人で行くなら予約なしで見学可能。試飲もできます。お酒だけでなく、仕込みで使う水(天流疎水)も飲んでみてください。とてもまろやかです。よりお酒が楽しめることでしょう。

このほかにも江戸時代から200年以上続く「松浦軒本店」のカステラも有名。岩村醸造から徒歩すぐです。こちらもおすすめです。

基本情報

【スポット名】岩村醸造(いわむらじょうぞう)
【住所】岐阜県恵那市岩村町342
【問い合わせ電話番号】0573-43-2029
【営業時間】8:00~17:00(酒蔵見学は9:30~16:00)
【定休日】年末年始
【料金】無料 ※酒蔵開きの際は300円
【アクセス】JR東海名古屋駅から中央西線で約1時間、恵那駅で明知鉄道乗り換え。
      明知鉄道で恵那から岩村駅約30分。岩村駅より徒歩約10分

まだまだある、明知鉄道のおすすめ

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

Amosomota北海道・函館出身で愛知在住。お出かけ、飛行機が大好き。あと写真撮るのも。

このまとめ記事に関して報告する