• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
山の上の小さな国サンマリノ!世界遺産の街でお買い物!

世界遺産にも登録されているサンマリノ共和国(通称サンマリノ)は、イタリア半島の中東部に位置するれっきとした独立国家で世界で5番目に小さな国です。あまり知られていませんがサンマリノは消費税がないので、お買い物スポットとしても人気の国なんです。今回はそんなサンマリノの魅力を紹介します!

このまとめ記事の目次

イタリアの中東部の山の上の小さな国サンマリノ

サンマリノ共和国(サンマリノきょうわこく、イタリア語: Serenissima Repubblica di San Marino)、通称サンマリノは、イタリア半島の中東部に位置する共和制国家。首都は国名と同じくサンマリノ市。現存する世界最古の共和国である。

出典:ja.wikipedia.org
サンマリノは同じくイタリア国内にあるもう一つの独立国家ヴァチカン程は知られていませんが、イタリア旅行の際には訪れる価値のある素敵な国です。小高い山の上にあり、サンマリノからの眺めはとてもすがすがしく、来て良かったと思えるような歴史のある、それでいて綺麗に整備されています。

4世紀初頭,ローマ皇帝によるキリスト教徒迫害を逃れるため,マリーノという石工がこの地にたてこもり,信徒を集め共同体を作ったのが建国の伝説とされている。中世にも天然の要塞を利用し外敵の侵入を防ぎ,自由と独立を守り続けた。1631年にローマ法王により独立的地位を認められた。1862年にイタリアとの友好善隣条約を結び近代国家としての主権と独立を確立した。

出典:www.mofa.go.jp
サンマリノはイタリア中東部の山の上にある独立国家です。サンマリノを訪れる場合は近くのRimini(りみに)駅からバスが出ているので、バスを利用するのがお勧めです!
バスも山の上まで連れて行ってくれるので、疲れてしまう心配もありません。

1797年に制定された国旗は、白色が純粋さ、青色が空とアドリア海を表現している[1]。紋章(国章)の中央にはティターノ山の3つの峰に建つ塔が描かれ、"LIBERTAS"(「自由」)の文字が書かれている紋章を取り囲んでいる。オークの枝は「安定」、月桂樹の枝は「自由」、王冠は「主権」をそれぞれ象徴している。

出典:ja.wikipedia.org

サンマリノは年間300万人以上の観光客が訪れているんです!

サンマリノは山手線の内側ほどの面積の国ですが、年間300万人以上の人が観光に訪れています。サンマリノの歴史地区は世界遺産にも登録されています。
また、サンマリノはイタリアの中にありますので、当然ながら食事も美味しいですし、暖かい季節はジェラートを片手にお散歩も素敵ですね!
政庁前の広場はいつも賑わっています!サンマリノ共和国の散策はまず、広場から始めてみてください!
<サンマリノの見どころその1>
3つの城砦、グアイダ、チェスタ、モンターレ

サンマリノは標高739mのティターノ山に守られた天然要塞。歴史地区は城壁によって囲われていて、3つの要所に城砦が築かれている。第一城砦グアイダ、第二城砦チェスタ、第三城砦モンターレだ。いずれからもすばらしい眺めが楽しめるが、もっとも高い場所にあって、建物・眺望ともに美しいのがチェスタだ。

出典:allabout.co.jp
サンマリノはとにかく坂が多いので、散策の際には無理せずスニーカーがおすすめです。城砦だけでなく、街中も結構な坂道になっています。
<サンマリノの見どころその2>
バジリカ・ディ・サンマリノ

サンマリノの基礎を築いた聖マリノの聖遺物が収められている教会。6柱構えのポルティコ(玄関)、コリント式の柱、二等辺三角形のペディメント(破風)など、古代ギリシア風の重厚な造りが特徴だ。

出典:allabout.co.jp
<サンマリノの見どころその3>
サンマリノ政庁

政府の庁舎であると同時に議会でもあり、内部はもちろん、議会の様子を見学することもできる。入り口を衛兵が守っており、昔ながらの衛兵交代が行われている。

出典:allabout.co.jp

18世紀に生まれたという衛兵のかっこいい制服は一見の価値ありです!

出典:mias.main.jp
近衛兵の交代式は近くで見ることが出来ます!シャッターチャンスも沢山ありますよ!

サンマリノでお買い物!

サンマリノは消費税がないので、買い物にもピッタリの国なんです!イタリアの人達もサンマリノまで買い物に来るんですよ!

ヨーロッパ諸国では、消費税20%や25%が当たり前なのです。しかしサンマリノ共和国には消費税が存在しないので、イタリア人をはじめ、ヨーロッパの各地から観光を兼ねて買い物にやってきます。

出典:www.amoitalia.com

サンマリノはほぼ観光業で成り立っています。狭い通りにお土産屋さんや飲食店がひしめきあっています。イタリア人にとっては身近な「外国」になるので、免税品のバッグや時計など、ブランド品がたくさん売られています。

出典:72525.blog55.fc2.com

筆者お勧め!サンマリノのナチュラルコスメ!

筆者お勧めのサンマリノのナチュラルコスメのお店、<La Saponeria del Titano>
La saponeria del Titano(ラ・サポネリア・デル・ティターノ)では、石鹸、香水、クリーム、ボディーシャンプーなど、ナチュラルですごくいい香りのコスメが買えちゃいます!
場所も中心街にありますので、是非訪れてみてください!
<お店の住所>La Saponeria del Titano di Bugli Fabio - P.tta del Titano, 3 - 47890 Rep di San Marino

世界遺産の歴史地区・お買い物も楽しめちゃうサンマリノへ是非足を運んでみてください!

イタリアへ訪れた際には、少し足を延ばしてサンマリノ共和国にも訪れてみてくださいね。世界遺産の歴史ある街並みや楽しいお買い物、美味しい食事、親切なサンマリノの人達と楽しいひと時を過ごせること間違いなしです!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Rarumoヨーロッパ大好き、イタリア在住です♥

このまとめ記事に関して報告する