• はてぶ
  • あとで
天守閣からの眺めは風光明媚!平戸のシンボル「平戸城」を紹介

長崎県平戸にある平戸城。 天守閣に登ると眼下に広がるのは美しい平戸湾と大海原。 ここでは平戸城の魅力をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

平戸城はこんなお城

長崎県平戸市にある平戸城、別名亀岡城。
平戸のシンボルとも言える平戸城は、城の建築方法としては珍しい山鹿流によって築城されました。
天守閣からの眺めが絶景で、朱色が鮮やかな平戸大橋や天然記念物の黒子島の原生林が一望できます。

三方を海に囲まれ平戸港を見下ろす城はまさに「海の城」!
2006年には日本100名城にも指定されました。
築城主は平戸藩初代藩主、松浦鎮信(まつうらしげのぶ)。
オランダ商船誘致など、平戸貿易に尽力しました。
現在の平戸城は1962年に再建されたものです。

実際に平戸城を観光した人の声

復元された平戸城は、由緒ある松浦藩の居城として高台に建てられ、天守閣からの眺望は平戸市街や港が一望でき、戦いの城として見応えがありました。天守閣まで登ることが出来、城内には松浦藩の歴史や天皇の養母としてのお世話した事などが展示されています。
平戸に行ったら是非観光してください。

出典:www.jalan.net
さがのん@ares_saga
@tuki_lahaina 今行きたい城は姫路城、高知城、平戸城、島原城ですかねぇ

2016-01-18

平戸観光の目玉のひとつ!
かつては亀岡城とも呼ばれていたこの城は、敷地内に亀岡公園、亀岡神社、護国神社があり、亀岡神社横までクルマでアクセスできる為、脚に自信の無い方でも、なんとか観光できるお城。
再現された天守閣には、平戸藩時代の遺品や文化財などが展示してあり、屋上からは、平戸の海が一望でき、癒しのパワーをもらえる。

出典:www.jalan.net
an†Francisca@apricot_chama
@unkman2014 福岡空港→佐賀の呼子でイカ食べて→長崎の平戸行って長崎市内行って→翌日市内観光して→夜は福岡に入って→翌日は熊本城に向かって→夜には大分の湯布院に行くっていうハードなことをしていたので行けなかったのですww

2016-01-20

近くの観光物産から 見上げるととても立派な姿! 小高い丘の上に 立っているだけに 城からの眺めは最高(*^◯^*) この日はあいにくの 雨でしたが、 平戸ならではの 雰囲気を味わえました! すぐそばに観光物産があり お手頃な値段でお土産や 買い物が楽しめます(*^◯^*)

出典:www.tripadvisor.jp
大塚 識@satoruotk
@zuriba1 おはようございます。長崎観光中ですね、平戸城の眺めがとても良く撮れてます。こちら遠くにいても旅行気分になれました。ありがとう。

2016-01-13

平戸城の見どころは「天守閣からの素晴らしい景色」

平戸城の見どころは何といっても天守閣からの絶景。
高台に位置するため、眼下に広がる平戸港や対岸の九州本土、平戸の街が一望できます。

平戸城内にある亀岡神社

平戸城本丸跡に鎮座する亀岡神社。
海の神様の神社ということで、航海安全・交通安全にご利益があると言われています。
狛犬が2対迎えてくれます。

亀岡公園は桜の名所

平戸城二の丸跡にある亀山公園は桜の名所として知られています。
特に、開花した花の中にさらにつぼみをつけるという二度咲桜が境内にあり毎年春には大勢の人が訪れます。

アクセス

▼アクセス:平戸大橋から車で5分
▼所在地:長崎県平戸市岩の上町1473
▼電話:0950-22-2201
▼営業時間:8:30~17:30
▼休日:12月30日、31日
▼料金:大人 510円、高校生 300円、小中学生 200円 ※団体割引あり

まとめ

いかがでしたか?
九州観光で長崎を訪れる際は、ぜひ平戸城へ足を運んでみることをおすすめします!

長崎県平戸市岩の上町1473

3.30 433

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する