• はてぶ
  • あとで
大正時代にタイムスリップ!文化財を改装したスタバがレトロすぎる

大人気カフェ「スターバックス」。スタバはどこの店舗も近代的でお洒落ですよね。しかし、青森には大正時代を思わせるレトロなスタバが存在するのです!なんと、本当に大正時代に建てられた有形文化財の中にスタバができたのだとか。今日はそのレトロなスタバの魅力をお伝えします♪

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

大人気カフェ"スターバックス"

ちょっとした空き時間や、友達とのおしゃべりなど色々なシーンで使えるカフェとしてスターバックスに行く人も多いと思います。おいしいドリンクだけでなく、お洒落でまったりできる空間も人気の理由ですよね♪
そんなお洒落なスタバの中でも、日本らしい雰囲気を感じられるユニークなスタバがありました!

大正ロマンを感じられるレトロなスタバ

この大正ロマンを思い起こさせるレトロな建物は、青森県にある「スターバックス弘前公園前店」。それもそのはず、本当に大正時代に建てられた「旧第八師団長官舎」を改装してスタバにした店舗なんです!
普段私たちが利用するアメリカンな洗練されたショップとは全く違う雰囲気ですよね。でも、こんな趣きがあるスタバもレトロで素敵です♪

以前の「第八師団長官舎」

第八師団長官舎は、1918年(大正6年)に建設された、玄関部に切妻破風をもつハーフティンバー風洋館です。終戦ののちに米軍の進駐部隊の司令官宿舎として使用された後、昭和26年に市に払い下げられ、市長公舎として利用されるようになりました。
そして、平成15年には国登録有形文化財にも登録された、たいへん価値のある建物なんです。その後、2015年4月22日に「スターバックス弘前公園前店」としてオープンしました。

内装も大正時代さながら!

さすが有形文化財は、内装も他にはないような歴史的な雰囲気です。屋根の形や木の椅子、ランプなどがレトロな空気を醸し出していますよね。
木の天井やタイムの壁などは、スタバの中とは思えないほど情緒がありますね。写真だけ見ると、言われなければスタバとは分からないかもしれません。

最高に雰囲気もよく、のんびりとお茶が出来て得した気分になれる。

出典:www.tripadvisor.jp

お店全体が回りとマッチしており中々情緒が有りこんな感じのスタバは初めてです。店内のも何となく落ち着いた造りでゆったりできますよ。

出典:www.tripadvisor.jp
窓からたっぷりと入る日差しがとても気持ち良さそうです。こんな素敵な空間で飲むコーヒーは、いつもよりちょっと美味しく感じそうですね!
そして、日が落ちてからもまたひと味違う美しさが味わえます。暗い中に灯るレトロなランプがは、本当にタイムスリップして来たのかと思ってしまうほど。
雪が降ると、さらにレトロ感が増した姿に変身します。それにしても、戦前からある建物が今はスタバになっているとは感慨深いですよね。ぜひカメラを持って出かけたいスタバです。

大正時代に思いを馳せながら。

いかがでしたか?青森に行く機会があったら、ぜひ行ってみたいですよね。日常からかけ離れた、大正時代を感じられるスタバで素敵なひとときを過ごしてみてください♪

詳細情報

[住所]青森県弘前市上白銀町1-1
[営業時間]7:00~21:00
[定休日]不定休

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する