• はてぶ
  • あとで
メジャーで人気の酒蔵&日本酒が多数!高知県のおすすめ日本酒7選

高知には18の酒蔵があり、全国的にも有名で人気の高い日本酒の銘柄が多い県です。また、高知といえばお酒の強い酒豪が多いことでも有名ですね。今日はそんな高知生まれの人気が高いおすすめ日本酒7選をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①超特撰秀麗 司牡丹 純米吟醸原酒(司牡丹酒造)

高知の地酒といえばまっさきに名前が挙がるのが、司牡丹。キリッとした芳香性を持った吟醸香としなやかで丸みのある酸味が味わいに奥行きがあり、食事にもよくあう日本酒です。冷で飲むのがおすすめです。お土産としても人気があります。
●名称:超特撰秀麗 司牡丹 純米吟醸原酒
●原料米:山田錦、吟の夢(60%)
●アルコール度数:16%~17%
●価格:720ml1本 2,160円(税込)~
●酒蔵名:司牡丹酒造

②土佐鶴純米大吟醸(土佐鶴酒造)

司牡丹と並んで、高知を代表する日本酒です。地酒ブームにのって、県外の居酒屋やバーでも見ることができます。期間限定の新酒や定番の大吟醸など種類も豊富。飲み口は辛口で、こちらも冷やしてが人気のある飲み方です。
●名称:土佐鶴 純米大吟醸
●原料米:山田錦(40%)
●アルコール度数:16%~17%
●価格:1,800ml1本 5,259円(税込)~
●酒蔵名:土佐鶴酒造

③南 純米吟醸 無濾過本生原酒(南酒造場)

高知県内でもレア感が強く人気が高い南。華やかでフルーティな吟醸香が心地よく、雑味が少なくなめらかな口当たりです。酸味、甘みと香りのバランスが良く、しっかりとしたキレの良い日本酒です。味は辛口です。
●名称:南 純米吟醸 無濾過本生原酒
●原料米:松山三井(50%)
●アルコール度数:16%~17%
●価格:1,800ml1本 3,240円(税込)~
●酒蔵名:南酒造場

④酔鯨 純米吟醸 吟麗(酔鯨酒造)

全国的にも人気が高い高知の酔鯨。その酔鯨ブランドの中で中心となっているのが純米吟醸 吟麗です。旨みとキレの良さが際立つ、飲みやすい日本酒で、和食全般、特に醤油系のお料理との相性が良いです。日本酒イベントにもよく登場します。
●名称:酔鯨 純米吟醸 吟麗
●原料米:松山三井(50%)
●アルコール度数:16%
●価格:1,800ml1本 2,884円(税込)~
●酒蔵名:酔鯨酒造

⑤無手無冠 純米生原酒(株式会社無手無冠)

高知・四万十の有機肥料と農薬不使用の米100%で丹念に手作りされた純米生原酒です。これぞ、地の酒造りといった日本酒です。まずは、「冷や」か「ぬる燗」で飲むのが人気の飲み方です。米本来の純な旨み、ヘルシーで安心な味わいを楽しむことができますよ。
●名称:無手無冠 純米生原酒
●原料米:風鳴子(60%)
●アルコール度数:18.2%
●価格:1,800ml1本 3,051(税込)~
●酒蔵名:株式会社無手無冠

⑥純米吟醸酒 四万十川(菊水酒造)

まさに四万十川を思わせる、さらっとした口当たりとすっきりしたのど越しの純米吟醸酒。高知の自然のうまさを追求し、添加物を一切使用せず磨き上げた米、こうじ、酵母と天然水で醸造されている日本酒で幅広い世代に人気です。
●名称:純米吟醸酒 四万十川
●原料米:山田錦(60%)
●アルコール度数:14%~15%
●価格:720ml1本 1,026円(税込)~
●酒蔵名:菊水酒造

⑦純米大吟醸 菊水(菊水酒造)

一時酒米が途絶えてしまったという、菊水。その菊水をたった25粒の種籾から復活させたという日本酒。ブランドとしても人気が高いです。米の力をあますところなく引き出した純米造りです。やわらかな辛口で親しみやすい高知の地酒です。
●名称:純米大吟醸 菊水
●原料米:国産米(40%)
●アルコール度数:15%
●価格:720ml1本 2,144円(税込)~
●酒蔵名:菊水酒造
いかがだったでしょうか。四国の酒どころ高知県には人気のある有名な日本酒や酒蔵が多く、高知以外からでも取り寄せできるので、チャレンジしやすいですね。いろいろな銘柄を試して、ぜひお気に入りの一本を見つけてくださいね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する