• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
アジアと西洋が交わる都市☆香港は中環・金鐘エリアのおすすめスポット15選!

アジアの中でも東京を含めた多くの都市は経済的にも栄えて今や、世界中の観光客が行きかう街に発展していきました。その中でもアジアのなかで現在でも英国の名残を強く残している香港は、現在は中国より自治を認められている都市でもあります。そんな香港の中心部周辺にある中環・金鐘エリアのおすすめスポットを15選でご紹介していきます!香港のおすすめスポットを巡れば旅行も一層楽しくなりますよ!

このまとめ記事の目次

① スタチュー・スクエア/中環

スタチュー・スクエアは香港は中環にある観光スポットで、場所も中環駅を出た目の前なので多くの観光客が行きかう定番の人気スポットにもなっています。スタチュー・スクエアにはもともとイギリス統治時代の名残もあり、当時名高いイギリス人などの銅像も建てられています。その他高層ビルの中に歴史館ただよく建物が混在しており独特な雰囲気を感じさせてくれ、地元の人々にも眼所としてなじみ深いです。

香港の金融街である中環の中心にあるスタチュー・スクエアは、「皇后像広場」と呼ばれているように、ビクトリア女王の銅像が建てられた場所でした。現在は、銅像はビクトリア公園に移転し、HSBCの幹部であったジャクソン氏の銅像と噴水などの公園として残されています。

出典:find-travel.jp

スタチュー・スクエアの周囲には、2つのパワースポットがあります。どちらも銀行の本店で風水戦争とまで言われていました。 中国銀行のビルは、三角形のガラス張りの建物。鋭利な刃物のような造形は、マイナスの気を切り付け、ガラス張りの外観は鏡のように邪気を弾き返すと言われています。

出典:find-travel.jp
名称:スタチュー・スクエア(Statue Square/皇后像廣場)
住所:香港中環駅前

② パシフィックプレイス/金鐘

パシフィックプレイスは香港でもビジネスマンが多く行きかう金鐘にあるスポットです。パシフィックプレイスは世界中のブランドショップやホテル、シネコンなどが併設された複合型ショッピングセンターです。建物内も高級感漂う雰囲気で、レストランも併設されているのでショッピングからグルメまで楽しめる人気の定番スポットでもあります。

香港の金融の中心、金鐘(アドミラリティ)に位置するパシフィック・プレイスは、有名ブランドのショップや一流品を取り揃えたデパートの「香港西武」を筆頭に3つのデパート、そして若者に人気のお洒落なブティックなどが約160店が入ったショッピングセンターであると同時に、アイランド・シャングリラをはじめとする3つのホテル、シネコン、銀行なども入った巨大複合施設です。

出典:www.hongkongnavi.com

有名レストランも入っているので、じっくり回ろうとしたら半日は離れられないかも。香港では富裕層が住むミッドレベルの高級住宅地に近い場所柄、買い物客の中に欧米人の姿も多く見られます。

出典:www.hongkongnavi.com
名称:パシフィックプレイス
住所:香港金鐘道88号
電話番号:2844-8988
営業時間:10:00〜20:00
休業日:年中無休(旧正月も営業、ただしテナントによっては休業の場合あり

③ ソーホー(SOHO)/中環

ニューヨークには若い芸術家が多く住まうソーホー地区がありますが、香港にも同じソーホー(SOHO)があります。こちらもニューヨークと同様に香港在住の芸術家が集まり、アトリエなどを構えているエリアです。そのため若い観光客なども多く足を運んでおり、名所になりつつあります。周辺にはお洒落なカフェなども立ち並び、グルメなどを楽しみながら楽しむことができます。

香港のSOHOは、香港島の中心、中環(セントラル)エリアにあります。名前の由来は、『荷李活道(Hollywood Rd)の南側(South of Hollywood Road)』という意味で、場所的には『士丹頓街(Staunton St.)』『伊利近街(Elgin St.)』、そしてその2つのストリートに交差する『卑利街(Peel St)』の周辺に当たります。

出典:www.hongkongnavi.com

インターナショナルなレストランやオープンテラスのカフェ、隠れ家風のバーなどストリートに軒を連ね、周辺エリアにもその波は広がっています。セントラルの中心エリアに近い『蘭桂坊(Lan Kwai Fong)』と並んで、欧米人の多く集まるエリアとしても有名です。

出典:www.hongkongnavi.com
名称:ソーホー(SOHO)
住所:中環伊利近街/士丹頓街/
営業時間:店舗によって異なります。

④ 孫文記念館/中環

孫文記念館は中国の国府として今もなお多くの人に知られている、孫文の軌跡をたどることができる記念館です。こちらは孫文の生誕140周年を記念されてたてられており、外観もリ国漂う洋館風にデザインされています。現地までは駅から歩くのであらかじめ地図などを確認しておくのがおすすめです。
名称:孫文記念館
住所:中環半山衛城道7號
営業時間:月〜水曜、金曜、土曜 10:00〜18:00
      日曜、祝日 10:00〜19:00
      クリスマスイブ、旧正月前日は17:00で閉館
電話番号:2367-6373
料金:一般 10香港ドル
    学生、60歳以上 5香港ドル
    毎週水曜、孫文の誕生日(11月12日)、孫文の命日(3月12日)は入場無料

⑤ ヒルサイド・エスカレーター/中環

ヒルサイド・エスカレーターは香港は中環にある人気のスポットで、全長800メートルのエスカレーターとなっており、元々は坂道の多い香港を行き来しやすいように作られたのが始まりです。ですがさすがに世界中でも800メートルのエスカレーターは珍しく、気が付けば観光スポットにもなっています。ここは映画やテレビのロケでも多用されており、治安も良いのでおすすめの観光スポットでもあります。

1993年に作られた、全長800メートルのエスカレーターは、勾配の激しい香港島に住む人のために作られたユニークな足と言えます。セントラルのマーケットを拠点に、最終地点の干徳道までの『半山区(ミッドレベル)』をおよそ20分間で結び、ギネスブックにも世界一長いエスカレーターとして承認されました。

出典:www.hongkongnavi.com

途中の荷李活道、士丹頓街、伊利近街などで降りることができ、その周辺は『SOHO(ソーホー)』と呼ばれる、バーやレストランが集まるおしゃれなエリアとして発展しました。

出典:www.hongkongnavi.com
名称:ヒルサイド・エスカレーター
住所:中環街市至干徳道
営業時間:24時間(ただし、方向は6:00-10:00までは下り、10:20-翌6:00までは上りです)

⑥ ペダービル/中環

ペダービルは香港は中環にある歴史的建造物で、現在はギャラリーやファッションブランドが入るビルとなっています。ペダービルはイギリス統治時代の1923年に建てられ、現在でも香港で数少ない歴史的な建物として定番の観光スポットでもあります。場所は中環駅のすぐそばなので、地図でも一目でわかります。予算のある方はここでショッピングを楽しんでもいいですね♪

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

BONNZEバックパッカー

このまとめ記事に関して報告する