• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
朝ごはんから食べ歩きまで。築地市場の魅力をお届けします。

2016年は築地市場移転の年です。江戸時代から続いて来た築地の食の文化。移転してしまう前に、絶対行きたくなる築地市場の選りすぐりのお店をご紹介したいと思います。

このまとめ記事の目次

築地市場の歴史

築地市場は地名のとおり海を埋め立てあらたに築いた土地です。
 江戸時代の築地は大半が武家地で、大名の別荘地である中屋敷や下屋敷が多くつくられました。
幕末の頃になると、江戸に居留地をつくろうという計画が、明治政府によって実現します。
 本願寺はもともと西南の方角を向いていましたが、震災による被害で境内の多数の墓地が和田堀(わだぼり)へと移転し、そこに水産物商などが入ってきて、自然発生的に発展したのが場外市場です。
最近ではたくさんの観光客が訪れる築地市場も移転問題が持ち上がっていて、やがては史跡のひとつに名をとどめるのかもしれません。
築地を舞台に仕事をしている人々は皆、築地を愛し築地に誇りを持って働いています。
そんな背中がとてもたくましく、とてもかっこいい。
長い歴史と共に沢山のストーリーがあるのだと思います。

築地市場で絶対行きたい朝ごはんBEST3

高はし(たかはし)

高はし

高はし

築地市場で人気の和食店です。
定番の刺身定食は、本まぐろ赤身、ひらめ、ひらまさ、帆立の刺身に、お通しの煮もの(さといも煮と切干大根)、ごはん、お味噌汁がついて1500円。厚みのある刺身で、とっても新鮮。名物の「あなご丼(2000円)」も人気です。ふわふわに蒸し上げられたあなごで、甘くしっとりした味付けです。
【高はし (たかはし)】
東京都中央区築地5-2-1 築地市場 8号館 
03-3541-1189  8:00~13:00 
日曜・祝日・水曜不定休(築地市場に準ずる) 
大江戸線 築地市場駅から徒歩約5分、日比谷線 築地駅から徒歩約7分

かとう(場内)

和食定食 かとう

「魚がし横丁」にある和食の店。刺身定食はまぐろ・たい・いか・ホタテ・〆サバなどのお刺身5点盛りに、ご飯、お味噌汁、そしてお新香がついています。これで1400円はお値打ちです。地金目鯛は煮付けでも塩焼きでも頼めて、定食は1800円。築地ならではの新鮮そのものです。

和食定食 かとう

【かとう(場内)】

東京都中央区築地5-2-1 築地市場 8号館 
03-3547-6703  5:00~13:30 
日曜・祝日・不定休(築地市場に準ずる) 
都営地下鉄大江戸線築地市場駅より徒歩4分

きつねや

きつねや

ホルモン煮の超有名店。行列が耐えない人気店で、ホルモン丼(850円)が大人気です。じこちらはおかずだけの単品注文は不可で、ご飯かお酒とセットでの注文が必須ですのでしっかり食べたい時に。

きつねや

【きつねや 】
東京都中央区築地4-9-12  03-3545-3902 
[月~金]7:00~13:30  日曜・祝日・不定休(築地市場に準ずる) 
都営地下鉄大江戸線築地市場駅より徒歩4分、営団地下鉄日比谷線築地駅より徒歩6分
築地市場といえば、朝ごはん。早めの朝ごはんなら場内、少し遅めなら場外。数ある名店の中からここは絶対行くべきBEST3をご紹介しました。

鮮魚の食べ歩きBEST5

玉子焼き

つきじ丸武

場外市場の名物とも言える玉子焼き。場外市場には10店舗の玉子焼き屋さんがあります。お店によっては試食もあって味の違いを楽しむことも出来ます。特に「丸武」や「 山長」では食べ歩きにぴったりの100円玉子焼きも提供していますよ。
【築地山長 (山長松江)】
TEL・予約 03-3248-6002

都営大江戸線「築地市場駅」A1出口より、徒歩3分。
東京メトロ日比谷線「築地駅徒歩」1番出口より、徒歩4分。

営業時間 [月~日] 6:00~15:30
日曜営業
定休日 無休(年末年始要確認)

揚げ物

築地と聞くと海鮮をイメージしてしまうかもしれませんが、肉を扱うお店もあります。仲卸でもある「吉澤商店」では、「松阪牛メンチカツ」(350円)を。「鳥藤(とりとう)」ではすなぎも、ねぎ間、はつ、ひななどの「焼鳥」が各100円で、「もも肉 ロールチキン」(432円)や「ジャンボチキンカツ」(238円)などがあります。
【吉澤商店】
TEL・予約 03-3541-4656
都営地下鉄大江戸線築地市場駅より徒歩5分
営業時間 6:00~13:00
定休日 日曜日、祝日、休市日

おにぎり

海鮮おにぎり屋築地丸豊

食べ歩きをして、ご飯が食べたくなったらおにぎり屋さんがあります。
「でかくてびっくり・うまくてにっこり・厳選素材手にぎり」をキャッチフレーズに掲げている通り、一回り大きなおにぎりたちがずらりと並んでいます。中でも目を引くのが「鯱天(えび天)」(281円)で、飛び出たえび天が丸々1本入っていて、豪快です。
【おにぎり屋 丸豊 】
TEL・予約 03-3541-6010
都営地下鉄大江戸線築地市場駅より徒歩3分
営業時間 3:00~15:00
朝食営業、ランチ営業
定休日 日曜・休市日
【築地市場】
東京都中央区築地5-2-1
◆ 電話
(3547)8011~5
(管理課庶務係ダイヤル・イン)
.○ 交通アクセス
•都営大江戸線築地市場駅下車
•東京メトロ日比谷線築地駅下車 徒歩15分
•都営浅草線東銀座駅下車 徒歩15分
•JR新橋駅下車 徒歩15分または、都バス「中央市場」行

いかがでしたか?

築地市場、いかがだったでしょうか?
築地市場は、2016年の今年は豊洲へ移転してしまう事が決まっていますが、その前に歴史を感じる今の築地市場を訪れてみてはいかがでしょうか。
少し早く起きて朝ごはんを食べるもよし、ぶらぶらと食べ歩くもよし、昼間から一杯やるもよし。築地市場は色んな楽しみ方がありますので、ぜひ移転してしまう前に一度訪れてみてください。

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する