• はてぶ
  • あとで
最低限これだけは持って行こう!“登山”初心者必見の持ち物20選

登山は装備や持ち物がとても大切で、初めて登山をする方やまだ登山を始めたばかりの人は一体何を持って行けば良いのか分からないと思います。なので今回は初心者の方でも安心して登山ができるように、最低限持っていくべき持ち物を20個紹介したいと思います。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. 登山靴

※写真はイメージです。

登山で一番大切なのは靴選びです。初めての登山でよく、運動靴やスニーカーなどで山登りをする方がいらっしゃるのですが、ちゃんとした頑丈な登山靴を履かないと怪我などをすることになりますので、しっかり靴は選ぶ必要があります!選ぶコツはやっぱりサイズ・フィット感です!

2. バックパック

※写真はイメージです。

荷物を入れるバックパックも、登山においては非常に重要な役割を果たします。登山経験者でも選ぶのに迷ってしまうのがこの「バックパック」選びで、しっかり自分の体格に合ったものを選ばないと、長時間歩いた時に方や腰などが痛くなってしまいます。選びのコツとしては、日本の体格に合って製造している日本のメーカーのを選ぶのが初めは良いと思います。

3. レインウェア

※写真はイメージです。

初心者の方が疑問に思う持ち物として「レインウェア」が挙げられます。「晴れていれば要らないじゃん!」と考えている方もいますが、山の天気は非常に変わりやすくいつ雨が降るのかは分かりません。またレインウェアには防寒具としての役割もあるので、万が一のためにも絶対に持って行きましょう!

4. 地図

※写真はイメージです。

登山の必須アイテムである地図は迷ったら時に備えて常に持っておくことが望ましいです。そして、ただ持っているだけでは意味がないので、しっかり事前に地図の読み方を理解しておく必要があります。登山用の地図には所要時間などが書いてるため初心者の方にも読みやすくなっています!

5. コンパス

※写真はイメージです。

方角を確認するためのコンパスは、地図は必ずセットで持って行くのが基本となっています。そして、この2つの道具があれば、登山中に見える山の名前を確認することができるなど登山がより楽しくなりますので、これらの使い方をマスターする必要があります。

6. 行動食

※写真はイメージです。

登山をするに当たってエネルギー源となる行動食は絶対に必要です。エネルギーを消費して低血糖になると危険なので、念のため余分に持っておくことをおすすめします。歩くパワーになるのはこの行動食ですので、スティック羊羹のようにまずは簡単に食べれるものから持って行きましょう!

7.非常食

※写真はイメージです。

登山は危険が沢山あります。たとえ日帰り登山であっても、遭難などの緊急事態に備えて持っていくべきなのが非常食。高カロリーで手軽に持ち運びができる食品を行動食と共に持っていきましょう。

8. 水筒(水)

※写真はイメージです。

食料品ととも必ず持っていかなければならないのが水筒。水分補給としても必要ですが、けがしたときに傷口を洗えるように水を持っていきましょう。もし水筒が邪魔なようならハイドレーションのような荷物の幅をとらないものが良いです!

9. ヘッドランプ

※写真はイメージです。

これも万が一道に迷って暗くなってしまった時に備えて持っておいた方が良いアイテムです。あらかじめ計画を立てても実際はその通りに行かないことがほとんどですので、念のため持って行くようにしましょう!持って行く時は前もって充電してあるか確認しておきましょう!

10. 防寒着 / 着替え

※写真はイメージです。

夏の時期にも是非持って行くべきものが防寒着と着替えです。着替えは雨や汗などで濡れた時ように、防寒着は登っている途中は暑くても頂上付近では急激に寒くなったりするので、それ用に!軽いハイキングなどでも着替えは持って行くと良いでしょう!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する