• はてぶ
  • あとで
信濃の国、長野県には縁結びの神様がおわします。おすすめの神社7選

中央構造線が県内を走る長野県には強力なパワースポットがところどころに存在します。諏訪、松本、安曇野、上田、千曲、長野、佐久の縁結びの神様も頑張っています。まずは出かけて手を合わせましょう。重い腰を上げるのが第一歩です。おすすめの神社を紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① 諏訪大社下社春宮 / 下諏訪町

諏訪大社は信濃の国の一之宮で、全国25,000の諏訪神社の総本社です。諏訪湖を挟んで、南に「上社本宮」と「上社前宮」、北に「下社秋宮」と「下社春宮」の二社四宮があります。四社には社殿の四方に御柱が立てられ、パワーを感じることができます。
下社春宮は秋宮同様、女神の聖域で、特に家庭運、結婚運をもたらすパワースポットとして知られています。こと下社春宮には、「結びの杉」と呼ばれる御神木があります。根元ではひとつで先は二つにわかれているので縁結びの杉として、あがめられています。

詳細情報

② 四柱神社 / 松本

その名が示すとおり、天照大神をはじめ4柱の神様を祀る『四柱神社(よはしらじんじゃ)』。天之御中主神(あめのみかなぬしのかみ)、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、神皇産霊神(かみむすびのかみ)は、「造化三神」と呼ばれ、生産の神、縁結びの神、和合円満の神として崇められています。「結びの神」の前で誓う神前結婚式が人気です。

詳細情報

③ 穂高神社 / 安曇野

北アルプの麓、安曇野の穂高神社は信濃国における大社として、海の神と水の神が奉られています。境内には様々なお顔の道祖神が建っています。その中で、杵を男、臼を女の性器に見立て、男女の営みを「餅つき」と言い換えし、夫婦円満の神として奉った道祖神があります。

詳細情報

④ 生島足島神社 / 上田

生島足島神社は万物に生命力を与える「生島大神(いくしまのおおかみ)」、満足を与える「足島大神(たるしまのおおかみ)」の二柱の神様を祀っています。生命を生む力として縁結び、良縁祈願のご利益があるとされています。
老樹に囲まれた上宮の本殿は神池に囲まれた神島の中に建っています。下宮である諏訪神社の前には樹齢800年の「夫婦欅」が立っていて、良縁子宝、安産子育て、夫婦円満などのご利益があるご神木とされています。洞になっていて、洞の右が男神、左が女神です。鈴を鳴らしてお参りします。

詳細情報

⑤ 澳津神社 / 千曲

画像はイメージです

画像はイメージです

千曲市の戸倉上山田温泉側の山の中腹、戸倉上山田温泉を見渡す善光寺大本願別院の隣に男女和合の神様として知られている澳津神社です。「澳津彦命(おきつひこのみこと)」と「澳津姫命(おきつひめのみこと)」の二神が祀られています。ご神体は男性器と女性器です。若い二人で参拝すると相手の見えなかった部分が見えるかもしれません。

詳細情報

長野県千曲市上山田3510-7

写真を投稿する
3.03 00

⑥ 戸隠神社 / 長野

長野市の戸隠神社は、神代の昔、天の岩戸が飛来して戸隠山になったと伝えられる霊山。日本屈指の浄化パワースポットで、人生の開運、自己覚醒をもたらすと言われています。祭神は天戸を開き世界に光を取り戻した神々です。五社のうち「九頭龍社」は水の神、縁結びの神として信仰されています。

詳細情報

長野県長野市 長野市戸隠3506

4.11 43571

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑦ 出雲大社佐久之宮講社 / 佐久

画像はイメージです

画像はイメージです

島根県にある出雲大社は日本最古最大の神社です。祭神は大国主命。福の神、縁結びの神として、広く崇拝されています。そんな出雲大社の長野県唯一の講社が佐久市の「出雲大社 佐久之宮講社」です。まさに縁結び・福の神です。

詳細情報

長野県佐久市岩村田稲荷町553

写真を投稿する
3.03 00

まとめ

四方山に囲まれ水も空気も澄んでいる長野県。もうそれだけで強力なパワースポットですね。是非心も澄ませて、縁結びの神様に手を合わせてみてください。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する