• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
一休さんと納豆だけじゃない!大徳寺観光おすすめスポット5選

大徳寺と聞くと「一休さんのお寺」というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?実は、大徳寺の見どころはそれだけじゃないんです。戦国時代の武将の人間模様や、茶道と深い関わりがある、魅力的な観光スポットなんです。それでは、大徳寺の楽しみ方や周辺観光スポットを5選形式で紹介します!

このまとめ記事の目次

大徳寺とは

大徳寺瑞峯院の枯山水

方丈中央の室中(しっちゅう)襖絵龍図。作者は不明,桃山~江戸時代の作と言われています。

臨済宗大徳寺派の大本山で龍宝山と号する。鎌倉時代末期の正和4年(1315)に大燈国師宗峰妙超が開創。室町時代には応仁の乱で荒廃したが、一休和尚が復興。

出典:kanko.city.kyoto.lg.jp

現在境内には、別院2ヶ寺、塔頭22ヶ寺が甍を連ね、それぞれに貴重な、建築、庭園、美術工芸品が多数残されている。

出典:www.rinnou.net
大徳寺は鎌倉時代末期に建てられた、臨済宗大徳寺派の大本山です。室町時代に一旦荒れてしまったのですが、皆ご存知の一休和尚が復興させました。

大徳寺の運命を変えるポイントとなったのが、桃山時代に豊臣秀吉が織田信長の葬儀を営んだこと。秀吉が、菩提を弔うために総見院を建立し、寺領を寄進したところ、各地の戦国大名が争って塔頭(境内にある小さいお寺のこと)を建てるようになりました。

22の塔頭はその多くが非公開ですが、どれも個性的で魅力的な観光スポットになっています。それでは、いよいよ大徳寺とその周辺スポットの楽しみ方をご紹介します!

基本情報

【住所】京都府京都市北区紫野大徳寺町53
【電話番号】075-491-0019
【営業時間】見学場所によって異なる
【休日】無休、非公開の場所もあり
【アクセス】市バス 大徳寺前下車 徒歩約5分

1.細川家塔頭「高桐院」(こうとういん)

はいね@hyne09
@natsu_yoruka なんか読み直したらクソリプみたいでした、こちらこそすみません!高桐院、年末に行きましたが、庭がとてもきれいでした。建勲神社も見晴らしが良いのでぜひぜひ…! https://t.co/a2RTiIdkFS

2016-01-27

@19_taritari
建勲神社に宗三さん来てるけど、すぐそばの大徳寺もお勧めです。敷地内の高桐院に忠興さんとガラシャさんのお墓がありますので細川クラスタさん是非……!

2016-01-27

大徳寺観光おすすめスポットその1は高桐院です。

こちらは、細川家の菩提寺である塔頭で、戦国の美人として有名な細川ガラシャの墓もあるんです。利休七哲の一人細川忠興(三斎)の墓もあります。

見どころは、その美しい庭!竹林と苔の夏もいいですし、紅葉は言葉にできない美しさです。それぞれの季節に応じた楽しみ方ができる庭になっているんですね。

基本情報

【住所】北区紫野大徳寺73-1
【電話番号】075-492-0068
【営業時間】9:00~16:30
【休日】6月7日~6月8日、開祖忌、5月6日宗全忌、不定休
【アクセス】市バス 大徳寺/建勲神社前下車徒歩約5分

2.前田家塔頭「芳春院」(ほうしゅんいん)

あくあ@aquablue27
1番印象に残ったのは、大徳寺の芳春院。冬の特別拝観をやっていたのでふらっと。そんな軽い気持ちで行ったのに1番感動した呑湖閣。飽雲池にかかる打月橋の美しさ。満月の夜に見られたらどれだけ綺麗なのだろう…と想像せずにはいられなかった。

2016-01-22

風来坊@rekishi_cjp
大徳寺芳春院、前田家のまつさん創建 呑湖閣に来て京都の四閣は見たことに(飛雲閣は遠目で) 周りの風貌も含めてよかったが、近衛文麿さん、いくら近衛家の位牌があるからといって小堀遠州の庭削り自分の勉強するところ作っちゃうのはちょっと… https://t.co/V45Bko4cbE

2016-01-27

大徳寺観光おすすめスポットその2は芳春院です。

芳春院は、あの「利家とまつ」のまつが建てた、前田家の菩提寺です。こちらの見どころは、なんといってもその庭園です。こちらの庭園は珍しい楼閣山水庭園で、小堀遠州の作と伝えられています。

池の中にある写真の呑湖閣は、金閣・銀閣・飛雲閣と並んで京の四閣と称される魅力溢れる建物です。大徳寺周辺の塔頭では一番北の端に位置するので、迷わないように気を付けてくださいね。

基本情報

【住所】北区紫野大徳寺町55
【電話番号】075-492-6010
【休日】原則非公開。特別公開される場合もあり
【アクセス】市バス 大徳寺前下車

3.唐門

大徳寺唐門を紹介する。国宝である。現在は立ち入り禁止区域内にあるため自由に見学できないが、春秋の特別拝観期間に申し込めば可能である

出典:japan-geographic.tv

長年の劣化により彩色が落ち、金具の色もあせていたが、2000年から2003年にかけての解体修理の際に、彫刻の彩色や彫金の付け替えも行われ、往時の輝きが今に蘇った

出典:www.kankodori.net
大徳寺観光おすすめスポットその3は唐門です。

こちらの唐門は、本願寺と豊国神社の唐門と併せて「桃山の三唐門」と呼ばれる国宝です。もともとは、聚楽第にあったものを秀吉が移築したんだとか。(すごい技術ですね!)

この門の魅力は、その華やかな彫刻です!その美しさは一日見ていても飽きないとされ、別名「日ぐらしの門」とも呼ばれています。現在は修復が終わったばかりなので、とてもきれいですよ。

この唐門、実は日光東照宮の門のモデルとなったという説があるんです。二つを比べて眺めてみるのも、おすすめの楽しみ方ですよ。

基本情報

【住所】京都府京都市北区紫野大徳寺町53
【電話番号】075-491-0019
【営業時間、休日】普段は非公開。春と秋に特別公開される場合あり。
【アクセス】市バス 大徳寺前下車 徒歩約5分

4.泉仙(ずいせん)大慈院店

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する