• はてぶ
  • あとで
見逃したら後悔しそう!“エストニア”のおすすめ観光スポット7選

フィンランド湾に面する、バルト三国の北の国エストニア。世界遺産の旧市街を擁する首都タリンや、Skypeが開発された国として有名ですよね。この記事では、エストニアのおすすめ観光スポットを、厳選し7選ご紹介します。これを読めばエストニアに行きたくなること間違いなしです!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

エストニアとは?

エストニアのおすすめ観光スポットを紹介する前に、まずはエストニアの基本情報をご紹介します。エストニアはフィンランド湾に面するバルト三国の一番北の国です。首都のタリンは、フィンランドのヘルシンキとの距離が近く、フェリーが一日数本出航しています。公用語はエストニア語ですが、英語が通じることが多いそうです。

[1]コフトウッツァ展望台

世界遺産に指定された街「タリン旧市街」を一望

まず初めにご紹介する、エストニアの観光におすすめのエリアは「タリン旧市街」です。首都のタリンは、街全体が世界遺産として登録されており、美しい景観が保たれています。そんなタリン旧市街を一望するのにおすすめなのが「コフトウッツァ展望台」です。
「トームペアの丘」の上にあるコフトウッツァ展望台は、少し坂を登ったところにあります。履きなれている靴で行くのがおすすめですよ。バルト海まで見渡すことができる展望台からの景色、ぜひカメラを持って行くのをお忘れなく!

詳細情報

City Center, Tallinn, Estonia

4.04 26904

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

[2]塔の広場

まるで絵本の中の世界!

「塔の広場(Towers' Square)」は、絵本でよくみかけたような、ずんと佇む建物に円錐の屋根が付いた建物が並ぶ、タリンの旧市街の西側に位置する広場です。オレンジ色の屋根が青空に良く映えて美しいです。防衛塔とよばれるこちらの建物は、現在合わせて20もの数があるそうです。
広場は、夏は芝生が映えていて、緑が美しく、イベント会場としても使われているそうです。毎年夏に行われる「タリン国際フラワーフェスティバル」では、足元にカラフルなお花が咲き誇り、本当に絵本の中の世界に迷い込んだような体験ができちゃいます。緑が美しい夏場に、ぜひ訪れたいスポットです。

詳細情報

Rannamae Tee, Nunne, Tallinn

3.25 16

[3]アレクサンドル・ネフスキー大聖堂

ロシア正教の厳かな魅力

「アレクサンドル・ネフスキー大聖堂」は、タリンの旧市街の西側に位置する観光スポットです。この大聖堂は、19世紀末、帝政ロシアのアレクサンドル3世によって建設が始められました。その理由が驚きで、エストニアの人々の民族運動を抑えることが目的だったそうです。
独立後、何度かエストニアの人々はこの聖堂を取り壊そうとしたそうですが、色々あって今もこの地に立っています。美しい建物が観光スポットとして残っているのは嬉しいですが、少し複雑ですね。ロシア正教特融の美しいモザイク壁画は必見ですよ。

詳細情報

[4]タリン旧市庁舎

今も昔も、活気ある町の中心

「タリン市庁舎広場」は、タリンの旧市街のほぼ中央に位置しています。旧市街を網の目のように張り巡っている路地をたどると、自然とこの広場にたどりつきます。たくさんのお土産屋さんや、オープンテラスの立ち並ぶとても活気のある場所です。冬のシーズンの風物詩がこの広場でのクリスマスマーケット。まるで絵本のような世界が広がります。
クリスマスシーズンには、タリンだけでなく、ヨーロッパ各地のクリスマスマーケットを一緒に巡るツアーが組まれています。予算が許せば、ヨーロッパ中のクリスマスマーケットを見て回りたいですね。人気の多い場所ではスリや置き引きが多いので、くれぐれも気をつけてくださいね。

詳細情報

Raekoja plats 1, 10114 Tallinn, エストニア

3.34 13

[5]Pierre Chocolaterie(ピエールショコラテリエ)

疲れた時はチョコレート!

観光に疲れたら、休憩に甘いものはいかがですか?続いてご紹介するのは、1937年創業のタリン市民に人気のチョコレートカフェ「Pierre Chocolaterie」です。たくさん歩いて観光していると、ちょっと休憩してスイーツを食べたくなるときがありますよね。そんな時におすすめのカフェがここなんです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する