• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
学問だけじゃない!「湯島天神」の魅力

東京文京区にある湯島天神(ゆしまてんじん)。学問の神様として、受験生に大人気の天満宮です。だけど、湯島天神は学生だけの味方ではありません。大人も訪れたくなる湯島天神の魅力をご紹介したいと思います。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

湯島天神(ゆしまてんじん)とは

東京文京区にある湯島天神は、学問の神様で知られる菅原道真公を祀る、関東を代表する天満宮です。受験シーズンには、約3万枚の絵馬が奉納されるほどの人気ぶり。

境内には志望校や願いが書かれた約3万枚の絵馬が幾重にもつり下げられている。

出典:mainichi.jp
また、湯島天神は、江戸城を築城した太田道灌(どうかん)が再興し、江戸入りの際、徳川家康が神領五石を寄進したという由緒ある天満宮でもあります。

ちなみに、湯島天神というのは通称で、「湯島天満宮」が現在の正式名称です。

湯島天神の歴史

湯島天神の創建は非常に古く、雄略天皇2年(458)と伝えられています。もともとこの地の神で、天照大神がお隠れになった天岩戸を開いた天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)を祀ったのが始まりだそうです。

後に、同じく天神様とよばれた菅原道真公が祀られ、御祭神は天之手力雄命と菅原道真公となりました。

菅原道真公が天神様と呼ばれる理由

忠臣として名高かった菅原道真公は右大臣にまでのぼりつめましたが、当時敵対していた藤原氏に陥れられ、大宰府に左遷されてしまいます。そうして悲運のうちに最期を迎えた菅原道真公の死後、天変地異が多発したことから、天神様として祀られるようになったそうです。

そして、怨霊を鎮めるため京都に北野天満宮が建立され、天満宮・天神社が全国に広まりました。落雷事件から雷神=天神と結びつき「天神様」として祀られています。

出典:jin-power.com

湯島天神の「本殿」

学業・勝運・縁結びの御利益があるといわれています。

湯島天神の社殿は、樹齢250年といわれる木曽ひのきを使用した、純木造。これは防火地域においては大変希少なものだそうです。

江戸百景にも描かれた!湯島天神の「男坂・女坂」

男坂は38段、女坂は33段。女坂のほうがゆるやかな階段です。

この坂の上からの景色は、歌川広重の名所江戸百景・第117景の「湯しま天神坂上眺望」に描かれています。江戸時代に思いをはせて、景色を眺めてみてはいかがでしょうか?
太田記念美術館@ukiyoeota
【雪の浮世絵⑧】歌川広重「名所江戸百景 湯しま天神坂上眺望」です。夜に降った雪が明け方にはやんだという景色でしょうか。湯島天神から上野の不忍池を見降ろしていますが、江戸の町はすっかり雪につつまれ、一面の銀世界です。 https://t.co/tApfALZzND

2016-01-19

健康祈願に。湯島天神の「撫で牛」

湯島天神の「撫で牛」は、自分の体の悪いところと同じ部分を撫でると、病回復の御利益があると信じられています。

湯島天神以外にも、菅原道真公を祀る天満宮には牛の姿が見られます。菅原道真公の生まれが丑年だったから・・・など諸説ありますが、はっきりしたことはわかっていません。

菅原道真公の御遺骸を載せた車を引く牛が座り込んで動かなくなった場所をご墓所と定めたともいわれています。
東京刺激クラブ@onda3simai4
湯島天神の撫で牛は怪我や病気に霊感あらたかだそうで 祈願時、自分の身体で悪い所と同じ所を摩り手を合わせて合掌すると悪いところが平癒するそうです ただ牛を触るだけでも良いと言われています https://t.co/mqPB9rWIlThttps://t.co/tYITF7a8et

2016-01-15

湯島天神の「表鳥居」

湯島天神の「表鳥居」は、都内に現存する鋳造の鳥居としては最古かつ秀作の鳥居。寛文7年(1667)に寄進されたものです。東京都指定有形文化財に指定されています。

湯島天神の梅まつり

湯島天神は、江戸時代から梅の名所でした。境内の梅園には加賀梅など約20品種300本の梅が植栽されています。

毎年2月上旬~3月上旬には梅まつりが開催され、多くの人でにぎわいます。
ぼうし好き@boushi22love
白梅・紅梅が約300本!週末はイベントも充実する湯島天神の「第59回文京梅まつり」 https://t.co/urHSSBjrak

2016-01-30

湯島天神へのアクセス

【住所】東京都文京区湯島3-30-1
【アクセス】
 東京メトロ千代田線「湯島駅」3番出口より徒歩2分
 東京メトロ銀座線「上野広小路駅」より徒歩5分
 東京メトロ丸の内線「本郷3丁目駅」より徒歩10分
 JR「御徒町駅」より徒歩8分
 都営大江戸線「上野御徒町駅」A4出口より徒歩5分
【開門時間】6:00~20:00
いかがでしたでしょうか?

受験生も、受験生や学生でない大人にも、ご利益があるかもしれません。歴史ある湯島天神を訪れてみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する