東京から片道3000円!奄美大島が「天国に一番近い島」と言われる5つの理由

バニラ・エアが運行し始めてから、ぐっと行きやすくなった楽園「奄美大島」。最近では日本版「天国に一番近い島」といわれています。それほどに美しい「奄美大島」の魅力を実際に現地に行った筆者がお教えします。何度でも行きたくなってしまう本当に本当に素敵な島なんです。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

奄美大島って知ってる?

奄美大島ってご存知でしょうか?近年バニラ・エアが運行し始めてから、ぐっと行きやすくなった楽園「奄美大島」。運良くセール中だと東京〜奄美大島間片道3000円で行くことができちゃうんです!(筆者は2泊3日ホテル付きで15,000円でした。安い!)
面積712.52平方Kmの島「奄美大島」。レンタカーがあればまわることができちゃう旅行にはぴったりのサイズ感の島なんです。人口は4万4000人ほど。嵐の東京ドームLIVEで集まる人数より少ないくらいですね。
そんな奄美大島、本当に本当に何度でも行きたいと思うほど素敵な島なんです。正直、行くまで「どうせなら沖縄…」なんてあまり期待していなかったのですが、そんな風に思っていた過去の自分が今では馬鹿馬鹿しい!本当に素敵な場所でした。
最近では日本版「天国に一番近い島」といわれているほど素敵な「奄美大島」の魅力を今回はご紹介します。きっとあなたも私のように奄美大島の虜になるはずです。

①どこでも「プライベートビーチ」

奄美大島の魅力といったらやはり「海」。国道58号線をずっと走っていると、何度も海沿いを走ることができます。どこのビーチも綺麗なのですが、今回はオススメの二つのビーチをご紹介。

土盛海岸

「土盛海岸」は別名「ブルーエンジェル」と呼ばれているほど青のグラデーションが美しい海岸です。驚くほどの透明度と、円弧を描いた砂浜がなんとも絶景なんです。
角度によって海の色の見え方が違うので、まるで万華鏡のようです。

倉崎ビーチ

波が穏やかなので家族連れの方にもオススメなのが「倉崎ビーチ」。空港に近い場所にあるので、フライトまでまだ時間がある!といったときに最後に奄美の海を眺めに行くのにもGOOD。

シュノーケルなどすると、すぐに美しいお魚さんたちを見ることができるので、ぜひ挑戦してみて!

②「パワースポット」がたくさんある

奄美大島は島自体がパワースポットと言われているんです。ユタ神様という巫女さんが宿っているんだとか。その中でもぜひ訪れてほしいパワースポットがこちら。

ハートロック

正確な住所もなく、ナビに入れても出てこない…。しかも干潮の数時間しか見ることができないというかなり貴重なパワースポットがこちら「ハートロック」。恋愛成就の効果があるんだとか。
しかしこの場所、先ほど言ったように現地の人も行き方を知らない程の秘境。行くまでにはまるでジャングルクルーズのような道なき道を通ります。そんな詳しい「ハートロック」の行き方については本当は教えたくないのですが、また別の記事でご紹介しますね!

マテリヤの滝

昼間でもなぜか薄暗い場所にある滝「マテリヤの滝」。森の中を少し歩いた場所にある滝です。今にも神様が出てきそうな、神秘的な雰囲気が漂います。

③「奄美グルメ」が美味しい

奄美は島というだけあってとにかく料理が新鮮で美味しいんです!その中から奄美にいったら外せない「鶏飯(けいはん)」と「海鮮丼」の美味しいお店をご紹介。

鶏飯/ひさ倉

奄美の代表的な郷土料理「鶏飯(けいはん)」。「とりめし」が丼物や炊き込みご飯の形式に近いのに対し、「鶏飯(けいはん)」は茶漬けに近い食べ物です。ご飯の上にささみ、たまご、ねぎ、しいたけ、パパイア漬け、のりを乗せ、その上から出汁を注ぎます。
ひさ倉はその中でも人気のお店。大人数でも入るほど広いお店です。スキマスイッチをはじめとした有名人のサインもズラリと並んでいました。

海鮮丼/番屋

奄美の地元の人々に「美味しい海鮮丼が食べたいのですが…」と聞くと声をそろえてオススメしてくれたのが「番屋」。美味しくて新鮮な海鮮料理を食べることができます。地元の人々も御用達です。

漁師料理番屋

鹿児島県大島郡龍郷町龍郷8-2

写真を投稿する
3.04 00

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 島国である日本。ですが、北海道・本州・四国・九州といった本土とはまた違う、離島…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

backhair_nabiko毎日が楽園ベイベー。

このまとめ記事に関して報告する