• はてぶ
  • あとで
あなたにおすすめしたいアメリカ”文化とビールの町”「ミルウォーキー」

シカゴから約2時間、ウィスコンシン州最大の都市「ミルウォーキー」。派手ではないですが、アートにフェス、ビールにドイツ料理と、様々な楽しみ方のできる魅力あふれる町なんです。アメリカに旅行に行くときはぜひルートに組み込むことを考えてみてほしい「ミルウォーキー」の魅力を紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

文化と芸術の町「ミルウォーキー」

アメリカ中西部、シカゴから車でおよそ2時間の場所にある町「ミルウォーキー(Milwaukee)」。ウィスコンシン州最大の都市で、機械、印刷、食品、醸造などの工業が盛んです。また、あるアニメの舞台としても有名です。

アートミュージアムは必見

ミルウォーキー観光の目玉となるのが、「アートミュージアム」。様々な作品が展示されているのはもちろん、建物の建築自体が芸術的。また、毎月異なる展示を行っており、ミュージアム内部のレストランで提供される、展示をイメージした特別メニューも評判です。

スポット情報

700 N Art Museum Dr, Milwaukee, WI , USA

3.47 117

様々なお祭りが開催!

ミルウォーキーはお祭りの町でもあります。夏に開催される世界最大規模の音楽フェス「サマーフェスト(Summerfest)」を筆頭に、毎年様々なフェスやお祭りが開催されているんです。
他にも、ミルウォーキーに拠点を持つ「ハーレーダビッドソン」によるイベントや、ドイツ系移民のお祭り「ドイツフェスティバル」といった、一年を通して様々な催しごとが開催されています。

ミルウォーキーではビールを飲め!

実はミルウォーキーはビール作りが盛んということでも有名。ミルウォーキーを拠点にするプロ野球チームは「ミルウォーキー・ブルワーズ(Milwaukee Brewers)」、つまりビール鋳造してる奴らっていうチーム名に名乗っています。さらに、昔サッポロビールは「ミュンヘン・サッポロ・ミルウォーキー」というキャッチコピーで売り出したこともありました。
世界的なビール会社「ミラー・ビール」もミルウォーキーの会社。工場見学は多くの観光客が訪れる人気アクティビティです。

スポット情報

1 Brewers Way, Milwaukee, WI, アメリカ合衆国

写真を投稿する
3.05 00

ミルウォーキーのおすすめレストラン

ここでミルウォーキーのおすすめレストランを紹介。お洒落なレストランもありますが、移民が多いため多国籍のレストランがそろいます。特にドイツ系の人々が多いことから、ドイツ料理はかなりの高レベルのようです。

Engine Company No.3

「Engine Company No.3」は、その名の通り「Engine Company」、つまり「消防署」を改装して作られたレストラン。そのため内部にはホースや消火器具などが残っていて、楽しい雰囲気。ここは朝食とブランチに特化していて、7時(休日は9時)~午後2時までしかやっていません。夜もやったらいいのに、と思ってしまう美味しさです。

West National Avenue, Milwaukee, WI, USA

3.44 15

街並みが素敵!

シカゴやニューヨークと比べると、とてものんびりした雰囲気の都市ですが、ミルウォーキーならではの風情を感じることができます。夜景もきれいで、町に流れる川とビルの組み合わせがとてもいい感じ。

郊外にも見所が

ミルウォーキー郊外の見所と言えば、「ハーレーミュージアム」。世界的なオートバイメーカーの「ハーレー・ダビッドソン」は本社をミルウォーキーに構えていて、昔から現在に至るオートバイから、希少なモデルまでを展示している「ハーレーミュージアム」は観光客から大人気のスポットです。このためにここを訪れる人も多いんだとか。

スポット情報

West Canal Street, Milwaukee, WI, USA

3.43 231

まとめ

アート、文化、お祭り、そして美味しいご飯とビールを楽しむことができる「ミルウォーキー」。現状まだまだ知名度は高くありませんが、魅力がたくさんある町です。日本から訪れる際は、シカゴへ直行便を使い、そこから鉄道などでアクセスすることが可能。シカゴと一緒に訪れたい都市です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する