• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
今がベストタイミング!絶対見逃したくない「六義園」の紅葉

だんだんと紅葉の季節が近づいてきましたね。全国にはたくさんの紅葉スポットがあると思いますが、その中でも今回は東京の駒込にある六義園(りくぎえん)についてご紹介します。特別名勝にも指定されているこの庭園が魅せる鮮やかな紅葉は必見です。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

とても歴史が深い庭園なんです

六義園は、徳川五代将軍・徳川綱吉の側用人・柳沢吉保が、自らの下屋敷として造営した大名庭園である。

出典:ja.wikipedia.org

六義園は造園当時から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられておりました。

出典:teien.tokyo-park.or.jp
その歴史は江戸時代までさかのぼり、さらには小石川後楽園と東京都立浜離宮恩賜庭園と並んで、関東では数少ない特別名勝に指定されています。

見所がおおい庭園

六義園はツツジの花が特に有名で、地元では「駒込と言えばツツジの花の咲く街」と謳われるような象徴的な存在となっている。

出典:ja.wikipedia.org
とても綺麗なつつじですね。

芝生の整備も行き届いており、都内を代表する日本庭園として名高く、海外からの観光客も多い。

出典:ja.wikipedia.org
日本人でよかったと思える場所ではないでしょうか。

美しい紅葉が、ライトアップされるんです!

都内にいるのを忘れてしまいそうな景色です。

秋の夜に朱色や黄金色に色づく木々が浮かび上がり、水面にまばゆく映し出される様子をお楽しみいただけます。

出典:teien.tokyo-park.or.jp
都内でも有数な紅葉スポットが、ライトアップにより一層魅力的なスポットにしてくれます。秋が終わるまでには是非行っておきたいですね。
平成26年11月20日(木)~12月7日(日)
  ※期間中は、開園時間を21時まで延長します(最終入園は20時30分)。
   また、駒込駅から徒歩2分の染井門を開門します。
  ※16時30分以降、安全確保のため立ち入りを制限する区域がございます。

ライトアップの時間
  日没から21時

入園料
 一般及び中学生 300円
 65歳以上      150円
 (小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する