• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
日本最後の清流!「四万十川」にかかる沈下橋おすすめ5選

高知県西部を流れる四万十川は、「日本最後の清流」や「日本三大清流の1つ」と言われています。そんな四万十川の風物詩といえば『沈下橋』ですが、四万十川には47の『沈下橋』がかかっています。今回は、四万十川観光で行っておきたい『沈下橋』を5つご紹介します。

このまとめ記事の目次

四万十川ってどんな川?

四万十川は、高知県西部を流れる四国最長の川です。
「日本最後の清流」と言われ全国的にも有名な川で、長良川、柿田川とともに「日本三大清流」の1つとしても知られています。

沈下橋ってどんな橋?

沈下橋は、増水時には水面下に沈んでしまう橋のことで、欄干がないか、あってもかなり低いのが特徴です。
四万十川流域の沈下橋や大分県の龍頭橋が有名であるが、全国各地に見られます。

四万十川で行っておきたい沈下橋①佐田沈下橋

「佐田沈下橋」は、四万十川最下流にあり、最長の沈下橋です。
四万十川にかかる沈下橋では、最も有名で、観光シーズンにはたくさんの観光客で賑わいます。また、菜の花が美しいことでも有名です。
【基本情報】
・住所:高知県四万十市佐田
・TEL:0880-35-4171(四万十市観光協会)
・アクセス:四万十町中央ICより車で約80分、JR中村駅より車で約20分
  • 高知県四万十市佐田
  • 0880-34-1555 ((一社)四万十市観光協会)

四万十川で行っておきたい沈下橋②岩間沈下橋

「岩間沈下橋」は、四万十川中流域に架かる沈下橋です。
写真やポスターでよく目にする沈下橋で、見たことのある人も多いのではないでしょうか。
高知の里山らしい風景で、人気の沈下橋です。
【基本情報】
・住所:高知県四万十市西土佐岩間
・TEL:0880-52-2121(西土佐四万十観光社)
・アクセス:土佐くろしお鉄道中村駅より車で約30分、高知自動車道四万十町中央ICより車で約1時間15分
  • 高知県高知西土佐岩間

四万十川で行っておきたい沈下橋③高瀬沈下橋

「高瀬沈下橋」は、四万十川にかかる沈下橋で、3番目に長い沈下橋です。
また、この辺りでは、初夏にゲンジボタルを見物することができることでも有名です。
【基本情報】
・住所:高知県四万十市高瀬
・TEL:0880-35-4171(四万十市観光協会)
・アクセス:高知道四万十町中央ICから国道56・441号経由60km1時間20分
  • 高知県四万十市田出ノ川

四万十川で行っておきたい沈下橋④勝間沈下橋

「勝間沈下橋」は、橋脚が3本ある珍しい沈下橋です。
映画「釣りバカ日誌14」の撮影現場としても有名で、多くの釣りファンにも人気がある沈下橋です。
【基本情報】
・住所:高知県四万十市勝間
・TEL:0880-35-4171(四万十市観光協会)
・アクセス:高知自動車道四万十町中央ICから国道56号を四万十市方面へ車で73km
  • 高知県四万十市勝間勝間沈下橋

四万十川で行っておきたい沈下橋⑤一斗俵沈下橋

「一斗俵沈下橋」は、四万十川にかかる沈下橋の中では最も古く、国の登録文化財に指定されています。
また、老築化のため通行不可とされています。
【基本情報】
・住所:高知県高岡郡四万十町一斗俵
・TEL:0880-22-3281(四万十町役場商工観光課)
・アクセス:高知自動車道中土佐インターチェンジから、約23キロメートル。
  • 高知県高岡郡四万十町一斗俵一斗俵沈下橋

四万十川の風物詩「沈下橋」のまとめ

四万十川にかかる沈下橋についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
なぜか懐かしく感じたのではないでしょうか。
四万十川には47の沈下橋がかかっていますが、景色もよく写真をとるのもいいですし、沈下橋をめぐってみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する