• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
入場は無料!お台場だけど品川区、船の科学館とは?

船の科学館は、開館が1974年なので40年以上も経っているんですね。 先日、再放送の「太陽にほえろ!」を見ていましたら、埋立地の中に船の科学館の建物だけが「デーン」と出てきました。仮面ライダーV3のロケ地としても使われたようです。 運営する「日本財団」の旧名が「日本船舶振興会」のころのCMで「♪戸締り用心火の用心~」というのを知らない人も多いでしょうね。 それでは、船の科学館についてみていくことにしましょう。

このまとめ記事の目次

船を模した本館が目印!

港に停泊している船のようですが「船の科学館」の本館で、実際はコンクリート造りです。
運営するのは「日本財団」ですが、前進が「日本船舶振興会」。こちらを知っている方は多少ご年配かもしれません。

財団法人日本船舶振興会の笹川良一会長です

「戸締り用心火の用心!」というコマーシャルにも出られていた笹川会長の銅像が、船の科学館に展示されています。地方に住んでいたので「東京には凄い科学館があるんだ」と思ったものでした。

青函連絡船「羊蹄丸」も2011年9月30日まで保存展示されていました

出典:youtu.be

青函連絡船「羊蹄丸」100周年記念イベント@船の科学館 - YouTube

青函連絡船「羊蹄丸」100周年記念イベントが2008年3月7日、船の科学館で行われた。

船の科学館に保管されていた青函連絡船「羊蹄丸」の当時の動画です。

1965年から1988年まで国鉄・JR北海道の青函連絡船として就航していた車載客船・二代目羊蹄丸の船体外観を就航当時のまま保存利用しつつ、内部は博物館展示施設として全面的に改装していた。

出典:ja.wikipedia.org
羊蹄丸は、2011年9月30日に保存展示を終了、えひめ東予シップリサイクル研究会に無償譲渡となり、2012年3月25日に新居浜港へ曳航されました。
夕方に撮ったので、逆に風情が出ている写真で気に入っています。
大学生の頃に青函連絡船の終航を知り、春休みに青森~函館の往復乗船したこともあります。

船の科学館は、昔は13号埋立地にポツンと立っていたんです!

1974年(昭和49年)お台場がまだ『東京港13号地』と呼ばれていた頃に開業した海と船をテーマとする博物館。大型客船をモチーフにした本館では、館内展示に加え地上70m展望塔からの眺めも楽しめました。

出典:www.date-navi.com
お台場の西側、新交通システム「ゆりかもめ」の軌道に沿った所に「船の科学館」がありますが、実際の住所は品川区なんですよ。観覧車などは江東区ですし、区画が入り組んでいるんですね。

船の科学館、本館などは部分休館中です!

2011年9月リニューアル準備のため本館展示を休止し、2014年3月現在は初代南極観測船『宗谷』を中心とした屋外展示資料と、『船の科学館別館展示場』を公開しています。

出典:www.date-navi.com
船を模したような本館は、施設の老朽化が著しいために2011年9月末で休館となりました。本館が展示休止中は、本館展示や収蔵品は、本館脇の別館(上の画像の右の青い屋根のところ)にて展示されています。

まだ現役の宗谷も、停泊時には見学できます。

日本海軍では特務艦、海上保安庁では灯台補給船、巡視船として服務した。日本における初代南極観測船にして、現存する最も古い巡視船でもあり、現存する数少ない旧帝国海軍艦船である。

出典:ja.wikipedia.org
宗谷は現在でも船籍を有していて、月に1日ほど海上保安庁特殊救難隊の訓練施設として使用されています。生涯現役の見本のような船ですね。
本館脇の別館や宗谷付近には、戦艦陸奥の主砲や大型船舶のスクリューなどの実物も展示されています。

屋外展示場は、実際の船に関係するものが展示されています

案内図を見て判りますように、駐車場側には「体験教室用プール」をはじめ、実際に使われた船舶や潜水艦をはじめ、2つの灯台も移設・展示されています。

科学館の帰りに、ラーメンでも食べてみませんか?

家族連れでも財布が助かる「バーミヤン お台場店」

家族連れでも気軽に寄れる、ファミリーレストラン系の中華店「バーミヤン」では、麺類や定食などが充実。ドリンクバーもあるから家計に大助かり。

家族連れでも気軽に寄れる、ファミリーレストラン系の中華店「バーミヤン」では、麺類や定食などが充実。ドリンクバーもあるから家計に大助かり。

【住所】東京都江東区青海1丁目2-10
【電話】03-3570-9300
【交通】りんかい線東京テレポート駅より徒歩2分
【営業時間】24時間営業
【定休日】年中無休

木場にある本格的な博多ラーメンはいかが?「まるきんラーメン木場店」

木場駅にある本格的な味の博多ラーメンが「まるきんラーメン木場店」です。
上が「まるきんラーメン」にキャベツトッピング。下は「辛いまるきんラーメン」の大辛です。麺はバリカタかハリガネがベストだと思います。
【住所】東京都江東区木場2-8-7
【電話】03-3642-6956
【営業時間】午前11:30~翌3:30

船の科学館への行き方

【所在地】〒135-8587 東京都品川区東八潮3番1号
【電話】TEL:03-5500-1111
【入館料】入館料は無料
【開館時間】am10:00~pm5:00
【休館日】毎週月曜日(月曜が祝日の場合は火曜日)
【駐車場】乗用車1時間300円(30毎に100円)
【アクセス】
1.公共機関を利用
新交通「ゆりかもめ」 新橋駅または豊洲駅より「船の科学館駅」下車し徒歩約2分
東京臨海高速鉄道りんかい線 「東京テレポート駅」下車し徒歩約12分
都バス 海01「門前仲町駅」より「豊洲駅前」経由「東京テレポート駅前」行き、または波01「品川駅港南口」より「東京テレポート駅前」行き 船の科学館前下車
2.自家用車
首都高速道路 湾岸線「臨海副都心」出口または「有明」出口/11号線「台場」出口
船の科学館、お台場や東京湾巡りをするときの1つのコースとして加えてみてはいかがでしょうか。湾岸線の側道を千葉方面に走ると、海の景色がキレイですよ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Engosia (QUATTRO)来来亭
http://rairai-tei-fun.blog.jp/
食べ歩きまとめ
http://kasukabe-ramen.blog.jp/

このまとめ記事に関して報告する