• はてぶ
  • あとで
日本人なら誰もが憧れる私学の雄・早稲田大学の魅力と楽しみ方

日本人は大学進学率が非常に高く、最近は私立大学に人気が集まっています。早稲田大学は私立の中でも最高峰の大学で、多くの学生の憧れになります。早稲田大学の魅了と楽しみ方をまとめていますので観光のお役にお立てください。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

私学の最高峰の早稲田大学

早稲田大学は日本の中でも有能な学生が集まる大学で、校風が自由で活発であり多くの分野で卒業生が活躍をしています。早稲田大学にも多くの見どころと楽しみ方が存在します。早稲田は学生の街でありますので、学生時代を思い出し楽しんでもらいたいと願っています。

早稲田大学の歴史

前身は1882年に創設された東京専門学校

明治時代には教育ブームとなり、男女ともに教育によって立派な人間になろうと多くの人が学業に専念していました。早稲田大学の前身の東京専門学校もそのような時代の風を受けて創設されたのですね。

創立者・大隈重信の別邸が東京府南豊島郡早稲田村にあり、また校舎が同郡戸塚村にあったことから「早稲田学校」「戸塚学校」とも呼ばれていましたが、最終的には「東京専門学校」と名付けられました。

出典:www.waseda.jp

創立者は大隈重信

大隈重信は明治維新の重要な役割を担った政治家であり、自由を日本に広めた立役者の一人でもあります。早稲田大学はそんな彼の意思を継いでいる大学なのです。

政治家。佐賀県生。初名は八太郎。立憲改進党を創立し、総理となり自由民権運動の一翼を担った。伊藤内閣・松方内閣の外相となった後、板垣退助と共に憲政党を結成し、最初の政党内閣を組織する。早稲田大学創立者。早稲田大学総長。

出典:kotobank.jp

現在の早稲田大学は生徒数約5万人のマンモス大学

今や日本屈指のマンモス大学です。全国から多くの個性あふれる生徒が集結しており、実に様々な個性が発揮され優秀な人材を育てている大学です。私立を目指す学生にとて憧れの大学が早稲田大学なのです。

早稲田大学の学部学生数は約4万4000人、大学院生は約9000人。近年は外国人学生の数も増加しています。

出典:www.waseda.jp

早稲田大学出身の芸能人

タモリ

タモリは多くの日本人に愛されている芸能人です。独特の話し方は多くの茶の間の日本人に愛され、今や日本人を代表する芸能人であります。早稲田大学出身であり教養的な人でもあります。

日本のお笑いタレント、司会者、俳優、歌手、ラジオパーソナリティー、作詞家、作曲家、作家、実業家。本名:森田 一義(もりた かずよし)。

出典:ja.wikipedia.org

小田和正

日本を代表するアーティストの小田和正も早稲田大学出身です。あの綺麗で流れるような歌詞はこの早稲田大学で学んだ事が活かされているような感じがしますね。

元オフコースのボーカル兼リーダー。 2007年の9月20日に還暦を迎えたとはとても思えない優しく綺麗な声を持つ。オフコース解散後は小田和正ソロで活動している。

出典:dic.nicovideo.jp

デーモン小暮閣下

社会的に精通している芸能人であり、その雑学的な知的な言動は多くの人の注目を集めています。相撲の解説でも大人気で、さすが早稲田大学卒業生ですね。

デーモン閣下は、ミュージシャン・マルチタレント・ジャーナリスト・相撲評論家・大相撲解説者。
早稲田大学社会科学部卒業。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

出典:ja.wikipedia.org

早稲田大学のオススメスポット

早稲田キャンバス

早稲田大学には多くのキャンバスがありますが、やはり観光スポットとしてオススメは早稲田キャンパスです。早稲田の伝統をしっかり守っており、歴史を感じさせるキャンバスになっています。

政治経済学部、法学部、教育学部、商学部、社会科学部、国際教養学部など大隈講堂、大隈重信像、坪内逍遥博士記念演劇博物館、會津八一記念博物館、大隈庭園など学生間では、「本キャン」とも呼ばれることがある。

出典:ja.wikipedia.org

大隈講堂(早稲田キャンパス)

ゴシック様式の西洋風の素晴らしい建物です。早稲田大学を代表するスポットであり、多くの学生の心の拠り所になっています。

建設にあたっての当時の総長・高田早苗の注文は、「ゴシック様式であること」、「演劇に使えること」であった。これは当時としては画期的な事で、高田早苗の「早稲田にしかない講堂の建設」を目指したものと言えよう。

出典:www.waseda.jp

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Romasama旅行が好きで毎年旅行を楽しみながら楽しい人生を送っています。まだ40歳ですが道楽人生を満喫したいと考えています。よろしく!

このまとめ記事に関して報告する