• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
旅をもっと楽しく!旅を10倍楽しくする旅行関係の資格10選

知識を得ることで世界が変わって見えてくる・・・そんなことがあります。ローマの遺跡がなぜできたか、ヴェルサイユ宮殿で何が起こったのか、そういうことを知ってるだけで旅はもっと面白くなります。そんな旅を面白くする資格を10個ご紹介します。

このまとめ記事の目次

1.世界遺産検定

世界遺産検定は人類共通の財産・宝物である世界遺産についての知識・理解を深め、学んだ内容を社会へ還元することを目指した検定です。2006年に始まって以来、約7万人が受検し、4万5,000人以上が認定されています。

出典:www.sekaken.jp
世界遺産検定はNPO法人世界遺産アカデミーが主催している検定で、世界各地にある世界遺産の知識を深めるための検定です。1級から4級とその上のマイスターという5つの資格があり、値段は各級ごとに異なり、2,670円から18,510円まであります。
受験者も多く、人気のある資格で海外旅行に行った時に楽しめることまちがいなしです!

2.観光プランナー

観光プランナーは、地域資源を活用した新しいツーリズムやまちづくり、地域活性化等の分野において、プランナーとして活躍する人材です。.

出典:www.jtcc.jp

旅行・流通・フードビジネス、その他観光系の仕事に就きたい方や関連する事業者や企画関連の方、もしくは 地域おこしや特産物、名産品、郷土料理のプロを目指す方などを対象に、毎年、年2回全国会場(札幌/仙台/東京/名古屋/大阪/福岡)で試験を実施しています。

出典:www.jtcc.jp
観光プランナーは国内の地域やまち、郷土の魅力を伝える人向けの資格です。
科目は「観光マーケティングの基礎」、「観光コーディネートの知識」、「観光特産と地域資源活用の基礎」、「コミュニケーション・プレゼンテーションの基礎」、「マネジメントマーケティングの基礎」、「観光特産」の6つにわかれており、それぞれの科目の6割以上取れれば合格です。
受験料は7,560円で合格後にまた観光プランナーとしての登録料を払う必要があります。
主催は日本観光士会です。

3.旅行地理検定

「旅行地理検定試験」 は旅先の知識を豊かにし、旅をより楽しく充実したものにしていただくことを目的にスタートし、今回で40回目を迎えることとなりました。

出典:www.jtb-hrs.co.jp
旅行地理検定は旅先の知識を得て、旅を楽しくするという趣旨のもとに行われる検定です。
国内旅行地理検定と海外旅行地理検定の2つがあり、それぞれ1級から4級まであります。値段は2,600円から3,600円で1級以外はインターネット受験もできます。
旅行会社JTBの関連会社のJTB能力総研が主催しています。

4.夜景鑑賞士検定

私たちを魅了してやまない夜景の魅力を知り、夜景の知識を深めることで日々の生活に潤いをもたらしつつ、夜景の観光的価値を理解していただくという趣旨のもと2008年7月よりスタート。

出典:www.yakeikentei.jp
夜景観光コンベンション・ビューローが主催している夜景に関しての資格で、アンジャッシュの渡部さんが取得し話題になりました。
2級と3級はWEB受験でそれぞれ6,000円と5,000円。1級は8,900円です。

5.美術検定

美術の情報という引き出しを多く持ち、作品の観察力を深め、そして美術から得た感動を多くの人に伝えていく…美術と人々、社会をつなぎ、美術でより豊かな人生を送る「成熟した美術鑑賞者」を目指すあなたを応援する検定です。

出典:www.bijutsukentei.jp
美術の知識を深め、美術館での鑑賞をより奥深く楽しい物にするための資格。「美術検定」実行委員会が主催で、4級から1級まである。値段は3,900円から9,900円。

6.歴史能力検定

歴史能力検定とは、先人が歩んできた道を振り返り、歴史に対する理解を深め、私たちがこれから歩んでいく道を考える判断力や洞察力を養うことができるよう歴史についての知識を認定する検定試験。

出典:www.shikakude.com
5級から1級まであり、世界史と日本史の2つがある。一時期ブームになった「歴ジョ」を生み出したのもこの検定。歴史を知れば世界が面白くなること間違いなし。旅行をさらに楽しくしてくれる検定です。主催は歴史能力検定協会で値段も1,800円から7,700円までです。

7.全国観光特産検定

旅先での "食や伝統の技出会い" や "地域の暮らしの発見" は旅の醍醐味です。まだ知られていない旅の楽しみを発見し、同じ旅行も、地域に潜んでいる隠れた名所、名物を知ることで新鮮な発見があります。

出典:www.jmmp.jp
全国各地にある名産品・特産品を知り、食や伝統、地域について知るための資格です。4級から1級まであり、受験料は5,400円から8,640円です。合格すると観光特産士の資格を得ることができます。主催は日本観光士会です。

8.インターネット旅行情報士

インターネットの仕組みを理解し、インターネット上の旅行情報を効率的に検索・活用できる知識を有しているか、さらにセキュリティや基本的な接続設定の知識などエンドユーザーとしての実務能力を有しているかを認定する試験です。

出典:www.jtb-hrs.co.jp
旅行の計画をする時、および旅行中でも現代では欠かせないツールであるインターネット。いかにインターネットを効率的に使用して旅を充実したものにできているかを確かめる検定です。もちろん試験はオンラインで2級と1級があり、3100円と5200円。主催はJTB能力総研です。

9.観光英語検定

観光英語の特徴は、旅行や観光時のさまざまな場面での専門的な用語や言い回しなどが含まれた英語で、一般的に中学・高校で習う英語とは一味違ったものとなっています。

出典:kanko.zgb.gr.jp
文字通り観光や旅行で使うような英語にフォーカスした英語検定で、開始から25年が経過し受験者数は、延べ20万人以上に達している由緒ある英語検定。
3級から1級まであり、受験料は3,600円から10,000円です。 主催は全国語学ビジネス観光教育協会です。
英語ができれば旅は楽しくなりますし、観光英語に特化しているので汎用性が高いですね!

10.TOEICスピーキング・ライティングテスト

TOEICスピーキングテスト/ライティングテストは国際的な職場環境において、効果的に英語でコミュニケーションをするために必要な、話す、書く能力を測定するテストです。

出典:www.toeic.or.jp
TOEIC SWとも言われるテストで世界共通で非常に権威のあるテストです。特に旅行では会話が大切なのでスピーキングテストを取り上げました。受験料は10,260円と高めですが、国際ビジネスコミュニケーション協会が主催しており、世界で使えることを考えればそこまで高くないかもしれません。
いかがでしたでしょうか?まだまだ知らないこときっと多いですよ。
いっぱい知って、旅をもっと楽しみましょう!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hyororinパソコン片手にどこへでも。ITと旅行が好きです。デザインしたり写真撮ったり、食べたり、色々と・・・

このまとめ記事に関して報告する