• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
世界にはこんな“木”があった!目を見張るほど美しい“感動する木”13選

みなさん普段の生活で、”木”を見ることってありますか?普段目に入ってこない”木”って、実はよく見ると一つ一つ違くて、たくさんあるんです。そんな”木”の中でも世界で見つけた”感動する木”をご紹介します。

このまとめ記事の目次

みなさん普段”木”って見てますか?

桑田 義雄@shigeo_kuwata
木はどこにも逃げて行けないでしょう。でもそこで、一生懸命花を咲かせる。だからとてもきれいなんじゃないかな。

2016-02-22

YUI@MIZORA824
家の近くの木凄く綺麗 静かなところ👏👏👏😍 https://t.co/gqcohg9ihj

2016-02-18

外にお出かけしたら必ずと言っても過言でないほど私たちは普段”木”を目にしています。そん”木”に着目してみると、世界にはたくさん発見があるんです。世界にある美しくて”感動する木”、ご紹介します。

【1】樹齢144年の藤棚(日本)

日本の栃木県にある「足利フラワーパーク」の藤の花のトンネルは、溢れてしまうそうな程咲き誇る藤の木がたくさん植わっています。一本一本が凛々しく、樹齢144年という歴史にも驚きます。

【2】ユーカリの木(ハワイ)

まるでCGのような表面の柄が超斬新なこちらの木は、ハワイにあるユーカリの木です。その中でもこちらは「レインンボーユーカリ」と呼ばれ、フィリピン・インドネシア・パプアニューギニアなどが原産国です。

【3】ダークヘッジ(イギリス)

北アイルランドにあるStranocum村で見ることのできるこちらのトンネルは、”ブナの木”で作られています。樹齢約300年の”ブナの木”に圧巻です。

【4】40果実の木(アメリカ)

実はこの木、春にこの写真のような可愛いらしい見た目で過ごした後、夏になると40種類の果実を一本の木に実らせるんです。一般的に考えて、一本の木に成るか事実は一種類ですが、最新の研究でアメリカの教授が作ったんです。実る果実は、桃やアプリコットさくらんぼ、プラムなどなど。

【5】樹齢125年のツツジ(カナダ)

カナダのブリティッシュコロンビア州にあるレディスミスという場所の一軒のお家に咲くツツジの木が、SNSで話題となりました。写真のように満開に咲き誇り、本当に綺麗ですが、これは代々その家に住む家主さんが大切に木を育ているからなんです。先祖代々続く愛情を感じますね。

【6】ジャカランダの木(南アフリカ)

南アフリカのプレトリア市内にある「ジャカランダの木」は、町のいたるところで見ることのできる紫がとても可愛い木で、70,000本も植わっているんです。日本でいう、桜の木のような感覚です。10月が見頃です。

【7】バオバブの木(マダガスカル)

なんとも印象的かつ有名な木ですが、”バオバブの木”はサバンナ地域に植わっていたり、約10メートルあるといわれている木の直径で樹齢がわかると思いきや、中が空洞になっていて木の年齢が分からなかったり…謎がたくさんの木なんです。

【8】竜血樹(イエメン)

”バオバブの木”に続き衝撃的な見た目の木がこちら”竜血樹(りゅうけつじゅ)”です。この”竜血樹”についてはてながいっぱいの方も多いと思いますが、まずこの木のは昔から木の液が鎮痛効果をもたらすことから、薬用に使われています。名前に”血”とありますが、実際に木の液は真っ赤で、まるで血のような色をしています。

【9】桜の木(ドイツ)

ドイツのボンという地域にあるこちらの桜のトンネルは、1年のうち7日~10日間だけしか見れない風景が大人気です。“さくら通り”として良く知られるこの通りの桜の木は、1980年代に道の両側に植えられ、毎年4月になると満開に咲き誇り、現地の人にも大人気です。

【10】ポーランド日本庭園(アメリカ)

オレゴンの大都市ポートランドにある「ポートランド日本庭園」で見られる紅葉は、日本の紅葉より綺麗と言う人もいる程美しく、大人気です。実際に、日本外にある日本庭園で世界第1位に選ばれ、非常に本格的なものとなっています。

【11】楓の木(ニュージーランド)

まるで風が吹いているの?と目を疑ってしまうような木がこちらです。もちろん実際に風が吹いているですが笑、何故ここまで曲がっているかというと、地形の関係で風が木をこんな形にしたんです。あまりにも風が強いため、風が吹いていなくてもこんな形で生えているなんて…まさに自然の威力です。

【12】メープルツリートンネル(アメリカ)

美しすぎて写真も現実にみえてしまうこちらの紅葉は、楓の木(メープル)で作られたトンネルです。アメリカ、オレゴン州にあるこちらの紅葉は、秋になるとこの美しすぎる紅葉を見に人が集まるんだとか。

【13】ハイペリオン(アメリカ)

みなさん、この写真の中で人が写っているのが見えますか?見つかったらその小ささに顎が外れますよね?それもそのはず、この木は、アメリカ合衆国カリフォルニア州のレッドウッド国立公園にある、全長115.61m・直径:4.84mを現在世界で最も大きい木なんです。名前をハイペリオン(Hyperion)と言います。2006年に発見されましたが、発見された当初、観光客によって生態系が乱れされないように、位置は一般公開されなかった超レアな木です。

いかがでしたか?

世界にはこんなにも様々な木があるんですね!どの木もとても特徴的で、驚くことばかり。是非普段の生活でお出かけする際に”木”も意識してみてください。あっという発見がたくさん見つかるかもしれません♪

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

s_k可愛いもの大好き♡よく寝てよく食べよく遊ぶ、常にBE HAPPY!!!

このまとめ記事に関して報告する