• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
恋に敗れた旅人たちへ!”失恋に効く”旅行先8選

失恋はとてもつらいものですよね。その人を想う気持ちが強かったほど、なかなか立ち直れず何ヶ月もつらい気持ちを引きずってしまう人もいます。生きる気力が失われ、食事が喉を通らないなどとなることもあるかもしれません。そんな時旅に出てみてはどうでしょうか?旅は新しい出会いや価値観を与えてくれ、失恋から立ち直るきっかけをたくさん与えてくれます!今回はそんな失恋に効く8つの旅行先をご紹介します!

このまとめ記事の目次

①"恋するダハブ"で新しい恋を始めよう!(ダハブ、エジプト)

失恋から立ち直る一番良い方法は新しい恋を見つけることではないでしょうか?
エジプトのダハブなら世界中から旅人が集まり、毎日たくさんの出会いがあります!物価もとても安く、長期滞在する旅行者も多いため恋が生まれやすく、"恋するダハブ"とも呼ばれています!
特にダイビングのライセンスの実技の際、男女二人ペアのバディを作るのでそのペアがそのままカップルになるという最高にリア充なことが頻繁に起こるそうです!
ダハブは新しい恋を始めるのに最適の場所と言えるでしょう!

恋するダハブとは、エジプトの紅海?いやアカバ湾に面する町のことで、世界一周してる人ならほとんどの人が知ってる場所。

出典:sekaiissyuuu.blog136.fc2.com

物価の安さと開放的な居心地のよさで世界中の人から愛されるリゾート、ダハブ。 ダイビングのためのライセンスが世界一安くとれる街としても有名で、日本からの旅行客も少なくないといいます。

出典:wondertrip.jp

あまりにも居心地がよすぎてついつい滞在期間を延長してしまう人が続出のタバブ。
ここで出会って恋に落ちたカップルも過去に数えきれないほど誕生していることから、一部の旅行客の間では「恋するタバブ」とも称されています。

出典:wondertrip.jp
「初めてのデートはダハブの海中でした!」ってやかましいわ!

「初めてのデートはダハブの海中でした!」ってやかましいわ!

実際僕も旅をしている最中、何組かダハブで成立した旅人のカップルに会いました。中には婚約したカップルも!恋するダハブは本当のようです!

②地の果てで古い自分に別れを告げよう!(ロカ岬、ポルトガル)

失恋をした際、好きであった人のことを忘れられず引きずってしまう人も多いかと思います。そんな時はポルトガルのロカ岬を旅先にオススメします!
ユーラシア大陸の最西端の岬に立ち、大西洋に沈み行く夕日を見ていると、自分の悩みがちっぽけに思えて新しいことを始めたいという思いに駆られます。
ユーラシア大陸がここで終わるように、昔の恋の未練や思い出にこの地できっぱりと別れを告げるのはどうでしょう。

目の前、ぜんぶ青。
それが何だかとてつもないところに居る実感を与えてくれる。
名前だけじゃなくて、本当にしっかり最果て感が出てる場所だった。

出典:yepoggy.blog.fc2.com

最果ての地、ユーラシア大陸最西端に位置するロカ岬。ここには、ポルトガルの偉大な詩人『カモンイス』が詠んだ『ここに地終わり、海始まる』という一節が刻まれた塔が建っています。高さ140mの断崖から見下ろす大西洋はとても雄大です。

出典:yokoso-portugal.com

『ここに地終わり、海始まる』というように別れは次の出会いの始まりなのではないでしょうか?違うか。

  • Estrada do Cabo da Roca s/n, 2705-001 Colares
  • +351 21 928 0081

③インドの洗礼を受けて強い自分になろう(バラナシ、インド)

ワーラーナシー(バラナシ)は人口約120万人のインドの都市。 ガンジス川沿いに位置しヒンドゥー教の一大聖地として、インド国内外から多くの信者、巡礼者、観光客を集めるインド最大の宗教都市である。

出典:ja.wikipedia.org
ガンジス川は水浴びする人、歯磨きする人、用を足す人、水遊びする人などたくさんの人で溢れかえっています。

ガンジス川は水浴びする人、歯磨きする人、用を足す人、水遊びする人などたくさんの人で溢れかえっています。

バラナシのガンジス川付近で死んだ者だけは、その苦しみから解き放たれるのだという考えがあるのです。
そのため、バラナシには毎日インド各地から遺体が運ばれてきます。
また、死期が近くなった者がバラナシに訪れたうえでその瞬間を待つという習慣もあります。

出典:yuuma7.com
失恋から立ち直るために自分を癒してくれる場所ではなく、あえて厳しい環境に自分を置いてみるのはどうでしょうか?インドのバラナシでは毎日が驚きの連続です。

バラナシのガンジス川では日常的に死体が焼かれ、その灰が川に流されます。そしてその横では子供が水遊びをしたり、女性が川で洗濯をしています。その光景は日本の環境とはあまりにかけ離れていてとても衝撃的です。

そしてインド人、失恋でへこんでいることなど気にせずガンガンきます。めっちゃうざいです。

そんな生と死が身近に感じられるバラナシでうざすぎるインド人を相手にしていたら旅を終える時には失恋で悩んでいた自分が小さく思えるほど、強い人に成長できるかもしれません。
顔もキャラも濃いインド人。めっちゃうざいです。でもちょっと憎めない?

顔もキャラも濃いインド人。めっちゃうざいです。でもちょっと憎めない?

現在のところ、バラナシはユネスコの世界遺産としては登録されていません。しかし、そうした人為的で恣意的なラベルでは計ることのできない精神的・文化的価値がバラナシにはたしかにあります。

出典:yuuma7.com

④世界一の絶景を見て悲しみを忘れよう!(ウユニ塩湖、ボリビア)

雨季になると湖面に水が溜まり「鏡」となって空を映し、「天国のような」景観を生み出すウユニ塩湖。その光景に魂レベルで揺さぶられた。

出典:gigazine.net
悲しいことや悩み全てを忘れてしまえるれるほどの圧倒的な景色がボリビアにあります。それは絶景ブームの火付け役で人気急上昇中のウユニ塩湖。
見渡す限りの広大な白銀の大地雨季には地面が鏡のようになり、空の色が反響して上下対照の不思議な光景を生み出します。夜には満天の星が湖に反射しまるで夜空の上に立っているような感覚になります。絶景です。
それを目の当たりにしたら失恋のことを忘れてただただ感動してしまうでしょう。
現地でツアーに申し込む場合1台のジープを貸しきって行います。1台のジープの定員は基本的に7人。この7人を集めるためシーズン中は旅行代理店の前に日本人がたくさん集まっています。
特に湖が鏡張りになるベストシーズンの2月、3月は学生の旅人で溢れているため、ツアーのメンバーが男女混合になることも多いです!
そこで素敵な出会いがあるかも?!
  • Bolivia,Salar de Uyuni

⑤思いっきり遊び尽くしてなりたい自分になろう!(ニューヨーク、アメリカ)

ニューヨークは様々な人種の人々が作り出したとてつもないエネルギーを持った街。
失恋をしてしまった時はこの刺激的な街に訪れて思いっきり遊んでみてはどうでしょうか?
おしゃれをして、美味しいものを食べ、ショッピングをして自分の好きなことを存分に楽しんでみてください!
旅を終える時にはきっと気持ちがリフレッシュして新しい恋や生活を頑張っていこうと思えるようになれるでしょう。

⑥自分をとことん見つめ直そう!(サンティアゴの巡礼路、スペイン)

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路は、キリスト教の聖地であるスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路です。巡礼路の歴史は、1000年以上前からあり、現在でも多くの信者がサンティアゴ・デ・コンポステーラに向けて歩いています。

出典:matome.naver.jp

最近、日本人旅行者の間で人気のサンティアゴの巡礼。キリスト教の聖地への道のりは世界遺産に指定されており、「心が洗われる」「達成感が尋常ではない」と挑戦者が後を絶たない。

出典:sekaishinbun.net

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する