• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
おいものテーマパーク?「なめがたファーマーズ・ヴィレッジ」が面白そう

お芋好きにはたまらないテーマパークがオープンしました。目指すところは”農業のディズニーランド”その目標通りお芋女子の心を掴んで離さない、さつまいもテーマパーク「なめがたファーマーズ・ヴィレッジ」がオープンしました。

このまとめ記事の目次

「なめがたファーマーズ・ヴィレッジ」って?

茨城県行方市にある、"おいものテーマパーク"こと「なめがたファーマーズ・ヴィレッジ」。"おいも"をキーワードに見て、食べて、育てることができる施設なんです。
「なめがたファーマーズ・ヴィレッジ」は廃校となった小学校跡地を活用し、さつまいもの加工工場やミュージアム、ショップ、レストランが集結。東京ドーム7個分といわれる広さの敷地に、お芋畑や貸農園、和栗の森、クワガタ・カブトムシの森などの自然がたっぷり詰まっています。

テーマは「見る」「食べる」「育てる」

「見る」

ヴィレッジの入り口にはセントラルガーデンがあり、印象的なシンボルの農夫のオブジェが目に飛び込んできます。一見学校のままの懐かしい風景とともに、お芋にまつわるあれこれを見て回ることができます。

「食べる」

ヴィレッジの建設は、おいものお店「らぽっぽ」で知られ大学芋で国内販売シェア8割を有す白ハト食品工業が、さつまいもの加工工場を目指して作ったものです。そんなヴィレッジでは、お芋をふんだんに使った美味しいメニューを楽しむことができます。

「育てる」

隣接して白浜少年自然の家やレイクエコー等、宿泊やキャンプ、各種体験ができる県の施設があり、滞在型体験観光を楽しむこともできます。ヴィレッジでは、さつまいもの「おいも株オーナー制」や様々なプレミアム特典が用意されている貸農園「ロイヤルファーム・オーナーズクラブ」のオーナーとなってお芋を育てることができます。

ミュージアムやビュッフェも

お芋のミュージアム

親子で遊びながらさつまいものことを学ぶことができるミュージアムでは、工場見学やスイートポテト作りやステックポテトの試食をすることができます。

おいしすぎるビュッフェ

2階にあるイタリアンビュッフェレストランの「ファームトゥザテーブルなめがた」はとにかくおいしすぎると話題に。フードプランナーが監修したおなかいっぱい食べてもダイエットできるという「ビューティベジタブルビュッフェ」なのです。女子会にはもってこいのビュッフェですね。

至極の干し芋がここに。

「なめがたファーマーズ・ヴィレッジ」にきたら、ハズせないのが干し芋バーを併設した「おいも熟成蔵」燻製やチョココーティングされた個性的な干し芋や幻の干し芋と呼ばれる至高の干し芋が集めらています。食べ比べてみてくださいね。

いかがでしたか?

最初から最後までとにかくお芋だらけ。しかもどれを取っても美味しいおいもたち。女子会できても、デートできても、家族で来ても楽しむことができる、最新テーマパークです。ぜひ行ってみてくださいね。

詳細情報

[営業時間]7:30~22:00(施設に因って営業時間が異なります)
[住所]茨城県行方市宇崎1561
[お問い合わせ先]0299-87-1130
[定休日]なし

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

pekorojy人と旅と音楽が好き!

このまとめ記事に関して報告する