【2018年】都内で気軽に桜を満喫!東京都のおすすめお花見スポット10選

少しずつ春の訪れを感じる今日この頃、これから楽しみなのは「お花見」ですよね!お花見のために遠出しなくても、東京都内で桜の絶景を楽しめるスポットは意外とたくさんあるんです。今回は特におすすめしたい東京都内の人気お花見スポットをご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

【1】新宿御苑《新宿》

都心のオアシス、新宿御苑には60種類以上の桜があるため、長期間にわたってお花見を楽しむことができます。
おすすめは、3月下旬から見頃のソメイヨシノと4月下旬にかけて楽しめる八重桜です。園内の飲食は可能ですが、酒類の持ち込みは禁止されています。入場料(大人200円)と閉園時間にもご注意ください。
園内には芝生や庭園が広がっていて、ブルーシートを広げてピクニックを楽しんだりベンチでくつろいだり、春らしいのどかなお花見が楽しめます。こんなにのびのびとした空間が都会のど真ん中にあるなんて、初めて来た人は驚くことまちがいなし。お子さん連れでも楽しめますよ。

お花見情報

【アクセス】東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅から徒歩5分
JR千駄ケ谷駅から徒歩5分またはJR新宿駅南口から徒歩10分
【開園時間】9:00~16:00(入園は16:00まで、閉園は16:30)
【入園料】大人 200円 / 子供 50円
【定休日】月曜日(お花見期間中、3月25日から4月24日は定休日なし)
【注意】酒類は持込禁止

【2】井の頭公園《武蔵野市》

駅からのアクセスも良く、自然を感じられる井の頭公園。家族や友達、カップルで気軽に訪れるのにぴったりのスポットです。
池の周りには250本もの桜が咲き誇ります。手漕ぎボートにはよくないジンクスもあると言われていますが、是非とも水面から見上げてほしい絶景です。
ボートに乗って楽しむ桜も素敵ですが、川にかかる橋から眺める桜も絶景。毎年、カメラを抱えたお花見客で賑わっています。園内は広いので、様々な品種の桜を色々な角度から見られるので楽しいですよ。

お花見情報

【アクセス】JR・京王井の頭線吉祥寺駅から徒歩約5分
京王井の頭線井の頭公園駅から徒歩約1分
【開園時間】24時間開放
【入園料】無料

【3】上野恩賜公園《上野》

東京の桜の名所としてはずせないのが、上野恩賜公園。美術館などの観光地があることもあり多くの人で賑わいますが、お花見シーズンには特に大勢の花見客が訪れます。
桜が見頃の時期には多くの屋台が出店します。また夜桜も楽しめるとあって東京都内でも有数のお花見スポットとなっています。ぜひ一度は訪れたいですよね。
夜には1200個ものボンボリにあかりが灯り、幻想的な雰囲気がかもしだされます。江戸時代から続く桜の名所というだけあり、風情もひとしおです。

お花見情報

【アクセス】JR山手線・JR京浜東北線・JR高崎線・JR宇都宮線・東京メトロ鉄銀座線・東京メトロ日比谷線「上野」(G16・H17)下車 徒歩2分
京成本線「京成上野」下車 徒歩1分
駐車場(有料)
【開園時間】5:00~23:00
【入園料】無料

【4】小金井公園《小金井市》

少し郊外の広い場所で桜を楽しみたいなら、都立小金井公園がおすすめ。80ヘクタールと広大な公園内に50種類、1,700本もの桜の木があります。
アクセスはJR武蔵小金井駅北口からバスを使うのがおすすめです。公園の中には桜の園には430本の桜が集中して植えられており、満開時には圧巻の美しさで迎えてくれます。

2018年3月31日(土) 、1日(日)の二日間では桜まつりが開催されます。飲食店が立ち並び、特設舞台では歌や踊りなどが披露され、にぎやかなお祭り気分が味わえますよ。
公園内にはドッグランの他、バーベキュー広場もありお花見と一緒にバーベキューも楽しめます(予約必須)。手ぶらで行ってバーベキューができるのも魅力的ですよね。団体や家族でのお花見にはぴったりです。

お花見情報

【アクセス】JR武蔵小金井駅北口から西武バス(小金井公園西口で下車)
【桜祭り】2018年3月31日(土) ~ 4月1日(日)
    1日(土):10:00~20:00(雨天の場合は18時まで)
    2日(日):10:00~20:00(雨天の場合は18時まで)
【入園料】無料

【5】隅田公園《浅草》

隅田川の両岸に続く約1kmの桜並木を楽しめる隅田公園。もともとは徳川8代将軍、徳川吉宗が植え始めた桜なのだとか。
東京スカイツリーも望める桜並木は美しい桜をみながら散歩するのにぴったりです。屋形船からの桜のほか、夜桜も楽しめます。
また、2018年3月20日~4月8日には「隅田公園桜まつり」が開催されています。たくさんの屋台が軒を連ね、桜のライトアップも行われます。

お花見情報

【アクセス】東武伊勢崎線・東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩約5分
都営浅草線本所吾妻橋駅から徒歩約7分
【開園時間】24時間
【入園料】無料
【桜祭り】2018年3月20日~4月8日

【6】昭和記念公園《立川市》

都内最大級の公園、昭和記念公園。180ヘクタールの園内には31種1,500本もの桜の木があり、時期によって様々な桜を楽しむことができるのが魅力です。
また、昭和記念公園には桜以外にも菜の花やポピー、チューリップが咲き誇る絶景を楽しむことができます。そして都心の公園では味わえない開放感が、昭和記念公園の1番の魅力です。

お花見情報

【アクセス】JR立川駅から徒歩約10分
JR西立川駅から徒歩約2分
またはJR東中神駅から約10分
西武拝島線武蔵砂川駅から徒歩約20分
【フラワーフェスティバル】2018年3月24日(土)~5月27日(日)
※無料開園日:4月29日(日・祝)、5月20日(日)
【入園料】大人410円、こども80円、シルバー(65歳以上)210円(要年齢確認できる物)
※2018年4月1日以降は入園料大人450円、こども無料・シルバー(65歳以上)210円(要年齢確認できる物)
【開園時間】9:30~17:00(春分の日~3/31までは17:30閉園、4/1~9/30は18:00閉園)

東京都立川市緑町3173

4.55 1434937
とにかく広い!大自然!

パパのハーフマラソンを観に昭和記念公園へ行った時のこと💡 去年の夏にプールに1度行ったけど、公園は初めて🎡 ⁡(公園いったのも去年の年末です🙇🏻‍♀️🙏🏻) まず、聞いてはいたけどめちゃんこ広い😳 入園料がかかって、 中学生まで無料で、大人は450円◎ ⁡ 園内地図の距離感がわからず、パパが走ってる間に途中ちょっと迷子になりかけました🤣 公式ホームページ▷施設紹介▷園内マップPDF このPDFのマップの番号で見るとわかりやすいかと! ⁡ レポと言っても、遊び場は"わんぱくゆうぐ"しか行ってないのですが🙏🏻 ここだけでも十分楽しいかと◎ 外側を囲ってくれていて出入り口が1箇所なので、 どこか行っちゃうこともないし、 まあまあ広くて遊具がわりとある🙆🏻‍♀️ 朝は寒すぎて凍ってたのか(!?)昼くらいからこの白いぼよんぼよんするやつも解放されててこどもたちがたくさん賑わってました👧🏻👦🏻 西立川駅降りてすぐの西立川口から入るとそんなに遠くないし、 すぐ横は"みんなの原っぱ"で、だだっ広い原っぱになっていてテントをはってる方もちらほら⛺️ トイレも多目的トイレもわんぱくゆうぐの横にもあるし、他にも歩いてると結構あって安心👏🏻✨ ⁡ 今回は時間がなくて行けなかったけど、 さらに奥にある"こどもの森"ってところも遊び場みたいです👧🏻 次は行ってみたい♪ ⁡ あとレストランみたいなのも気になったな〜 店内は見てないけど外にいくつも席があって広々していて、 特に立川駅方面のふれあい広場レストランは外の席もなんだか洒落ていて寒すぎない日なら、 しっかり防寒して外で食べるのもキャンプみたいでよさそう☺️ わんちゃん連れの方も多く、外だと一緒に食べれていいですね🐩✨ ⁡ 歩くのが好き&体力があるなら立川駅を使っても良いかもですが🌞 ⁡ こども連れで電車利用で遊ぶなら、 断然、西立川駅から行って、わんぱくゆうぐと子どもの森で遊んで、(お昼は持参か売店か渓流レストランで食べて)また西立川駅から帰るのがオススメかと思います🙆🏻‍♀️ (全然詳しくないのにオススメしてすみません😂🙏🏻) ⁡ とにかく久しぶりにだだっ広い公園に行けて、 美味しい空気をたくさん吸った感じで気持ちよかったです🌳🌳✨ ⁡

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 春らしい陽気が続き、薄ピンクに色づいた桜の美しさが街を彩るこの季節。今年こそ、…

  • 春のお出かけに欠かせない全国のお花見特集2016年版です。 おすすめしたい日…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

jiba-nyan2海と猫を愛する道産子ライター。旅した国はまだ18カ国、今はカミーノ巡礼が気になります...

このまとめ記事に関して報告する