• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
鳴子峡の紅葉で身も心もリフレッシュ!

宮城県大崎市に位置する峡谷、鳴子峡(なるこきょう)。鳴子こけしでも有名ですね!鳴子峡の紅葉は宮城での有数の紅葉狩りの名所です。宮城県の鳴子町には、豊かな自然と名湯があり、秋には見事な紅葉を見ることができます。ここでは、鳴子峡の紅葉の魅力について、詳しくご紹介していきます。

このまとめ記事の目次

鳴子峡とは

鳴子峡は、宮城県大崎市に位置する峡谷です。北上川水系の支流、大谷川が形成したこの峡谷には、一面に落葉広葉樹林が繁茂しています。

アカシデ、ミズナラ、カエデなどの広葉樹林が、秋になると赤く色づき、素晴らしい景観で訪れた人に癒しと感動を与えてくれる、鳴子峡の紅葉。

近くには日本百名湯に選ばれている鳴子温泉郷もあり、温泉と紅葉で身も心もリフレッシュできます!

鳴子峡の紅葉おすすめ①:【絶景】V字峡谷の紅葉

大谷川が刻むV字峡。見晴台からの景色が美しく、灰褐色の岩肌とブナ・ナラなどの黄、鮮やかなカエデの赤、マツの濃緑がそれぞれ引き立てあい、すばらしい紅葉が楽しめる。

鳴子峡レストハウス前の見晴台から眺める紅葉と大深沢橋のコントラストも美しい。

出典:www.rurubu.com

ここの紅葉は、赤がすごくきれいだと感じた。この赤がアクセントになり、他の黄色、オレンジが引き立っていると感じた。渓谷なので左右の平面上だけでなく奥行きまであるので3Dのような構造なのでよかった。

出典:www.jalan.net
鳴子峡の紅葉の見どころといえば、大谷川が形成するV字型の峡谷。その高さは100mに及び、その断崖絶壁が2.5㎞に渡って続きます。左右にボリュームのある紅葉がありとても素晴らしい景色です。

鳴子峡の紅葉おすすめ②: 鳴子峡レストハウス

鳴子峡に来たら絶対に訪れたいスポット。鳴子峡のV字峡谷を一望できる展望台が設置されています。レストランやファーストフード店があるので、食事も楽しめます。

売店コーナー木地玩具や漆器など、鳴子の物産が多数揃っています。

■店名:鳴子峡レストハウス
■ジャンル:定食・食堂、アイスクリーム
■TEL:0229-87-2050
■住所:宮城県大崎市鳴子温泉星沼13-5-1
■営業時間:10:00~16:00頃
■定休日:不定休
  • 宮城県大崎市鳴子温泉星沼13-5
  • 0229-87-2050

鳴子峡の紅葉おすすめ③:遊歩道で紅葉狩り

下から眺める奇岩や断崖などスケールの大きなハイキングコースは、猿の手掛け岩、虫食い岩、夫婦岩、弁慶岩、屏風岩などさまざまな奇岩が乱立し、周囲の落葉広葉樹林とあいまって見事な渓谷美を形作っている。

出典:travel.biglobe.ne.jp

遊歩道は長い階段をひたすら降り、折り返してひたすら登ります。ほんとに疲れます。でも、行ってみないとわからないプチ滝や下から見上げる橋や切り立った岩や、、、3度めにして初めての本当の鳴子峡の紅葉を味わいました。

出典:www.jalan.net
松尾芭蕉も歩いたという大深沢遊歩道。鳴子峡レストハウスを基点として、大深沢橋経由の場合は一周2,200m、うち遊歩道は1,400mの長さになり、約1時間のコースになります。

美しい鳴子峡の紅葉を見ながら、散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。

鳴子温泉で身も心もリフレッシュ!

鳴子温泉郷

日本国内にある11種の泉質のうち9種がここにあり、源泉数は370本以上ある。鳴子、東鳴子、川渡、中山平、鬼首の5つで構成されている温泉郷で全てのエリアを網羅した湯巡りチケットもある。昔から東北の湯治場としても有名で温泉の効能や泉質の良さには定評有り。

出典:www.jalan.net

普段透明の湯色でも、乳白色になったり、淡い紫色になったりと源泉に近いからこその天然温泉の醍醐味を楽しめる昔ながらの素朴な温泉郷です。

出典:www.jalan.net
宮城県大崎市の鳴子温泉郷は、言わずと知れた宮城の観光名所です。鳴子峡の紅葉と共に楽しみたいですね。多彩な泉質が魅力なので、旅館の方に詳しく聞いてみるとなお楽しめます。

鳴子温泉郷の詳細については下記リンクからどうぞ。

鳴子峡の定番土産をチェック!

鳴子こけし

鳴子温泉は、温泉だけでなく鳴子こけしでも有名です。鳴子こけしは、こけしの頭部をひねると「キュッキュッ」と音がして、そこから鳴子という名称がついたとも言われています。

出典:blog.livedoor.jp
宮城県の伝統工芸品であるこけしの一つが鳴子こけしです。鳴子峡の紅葉を楽しんだ後、お土産品にいかがですか?素朴で可憐な表情がかわいらしいです。

鳴子の町のあちこちで、鳴子こけしを見かけることが出来るので、こけし探しを楽しみに街を歩いてみてはいかがでしょうか。

栗だんご

一度は食べたい栗だんご!みたらしのタレが絶品です。鳴子温泉郷には栗だんごを置いているお店もたくさんあるので、散歩しながら寄ってみましょう!宮城県人も大好物です。

■店名:餅処 深瀬 (ふかせ)
■ジャンル:甘味処、和菓子、ケーキ
■TEL:0229-83-2146
■住所:宮城県大崎市鳴子温泉湯元24-2
■アクセス:鳴子温泉駅より徒歩3分程度
■営業時間:8:00~19:30(売り切れ次第終了)
■定休日:不定休
  • 宮城県大崎市鳴子温泉湯元24-2
  • 0229832146

鳴子峡へのアクセス

■所在地: 宮城県大崎市
■交通アクセス:【電車】JR鳴子温泉駅から車約10分、JR中山平温泉駅から車約5分、【車】東北道古川ICから国道47号経由約50分(駐車場:有料)
■紅葉の時期は非常に混雑するため時間に余裕をもってお越しください。
■お問合せ 0229-83-3441 鳴子温泉郷観光協会
      0229-87-2050 鳴子峡レストハウス
      0229-82-2026 大崎市鳴子総合支所 地域振興課
いかがでしたか?ぜひ今年の秋には宮城県大崎市へ、鳴子峡の紅葉を堪能しに行きましょう!きっと帰りには、身も心もリフレッシュして軽くなっているはずです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する