• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
バックパッカー入門はこの国!海外バックパック旅行初心者おすすめの国5選

人生に一度は挑戦してみたい憧れの「バックパック旅行」。とはいっても、海外旅行の経験もなくて敷居が高いと感じている方も多いはずです。そんなあなたに今回ご紹介するのが、バックパック旅行入門者におすすめの5つの国です。この国でなら、安全で楽しいバックパッカーデビューができるはず!

このまとめ記事の目次

初めてのバックパック旅行、どこに行く?

バックパックひとつで世界を冒険する、憧れの「バックパッカー」。そんな旅行に一度は挑戦してみたいという方もきっと多いハズ!
でも楽しみの分リスクも大きいバックパック旅行、初心者が安心していける国ってどこなんでしょうか?今回はバックパック入門者におすすめの目的地5選をご紹介します!

【1】ベトナム

物価や航空券も安く、時差も2時間とアクセスしやすいベトナム。中国やフランス、アメリカによる支配に影響を受けた多層的な文化は、日本とのカルチャーショックを十分に感じられる東南アジアでもオススメの国です。
ベトナムと言えばベトナム料理!というかたも多いはず。南北に長いベトナムではその食文化も地域により様々。各地の衣食住を体験する旅も良いですね。
近年は経済発展も進み、日系企業進出の勢いも止まりません。首都ホーチミン市(サイゴン)にはおしゃれなカフェなども立ち並び、発展途上国の活気を肌で感じることができるでしょう。物価はかなり安い部類に入りますが、凄まじいインフレが起こっています。
ベトナムをバックパック旅行するなら、列車を使ったベトナム縦断の旅がオススメです。2週間ほどかけてハノイからホーチミンまで寝台列車・バスを使って移動すれば、比較的安価・安全にベトナムの文化を余すところなく満喫できるでしょう。

【2】タイ

微笑みの国、タイ。仏教国、また親日国として日本人からは安定の人気を集めています。最近は大都市バンコクにビジネスチャンスを求めたり、タイマッサージの資格取得を目指し留学する日本人も多いようです。
バックパッカーにとってタイは特別な国。バックパッカーの聖地、バンコクのカオサン通りに象徴されるように、東南アジアを旅するバックパッカーたちのハブ(拠点)としての機能も持っています。
物価も安く、比較的安全、食事も美味しければ東南アジア各都市へのアクセスもしやすいといいことづくめの街なんです。
もちろん、タイ国内にも魅力は沢山あります。また安くて便利な(ただ時間通りには来ない)鉄道やLCCを利用すれば、国内の魅力的なスポットにも簡単にアクセス可能!
北部の山岳地帯ではトレッキング、南部ではビーチリゾートが楽しめるなど、国内各地で様々な楽しみ方が可能です。バックパック旅行初心者なら、タイ国内を回るだけでも十分楽しめますよ!

【3】インド

こちらもバックパッカーの定番、インド。物価の安さはもちろん、日本とはあまりにも異なるその風景は、一度体験しておく価値があります。ただ、このカルチャーショックは好き嫌いが分かれるみたい......
ガンジス川での沐浴は旅行者の必須イベントとなっていますが、衛生上危険なのであまりオススメしません。川とともに生きるローカルの人々の姿に、あなたは何を感じるでしょうか。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

jiba-nyan2海と猫を愛する道産子ライター。旅した国はまだ18カ国、今はカミーノ巡礼が気になります...

このまとめ記事に関して報告する