• はてぶ
  • あとで
さらなる安らぎを求めて。全国のオススメ源泉かけ流し温泉5選

みなさん温泉を決めるときの基準はなにかありますか?今回は今後の温泉選びに役立つかもしれない、源泉かけ流しの温泉をご紹介します。源泉かけ流しだからこその安らぎがそこにあるかもしれません。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

源泉かけ流しって?

掛け流し浴槽に注がれる温泉水は、空気に触れることによる劣化や変質が始まる前の新鮮な状態であることが多く、その源泉本来の泉質(色、匂い、感触等)が感じられたり、湯の花が浮遊していたりすることが多い。

出典:ja.wikipedia.org
普通の温泉に比べて自然豊かな気分を味わえそうですね

①湯田川温泉(山形)

湯田川温泉は平成24年に開湯1300年を迎えた山形の歴史ある温泉で、古くから「鶴岡の奥座敷」とも呼ばれている竹林と梅林に囲まれた閑静な温泉郷です。

出典:www.gensen-kakenagashi.jp

山形県鶴岡市湯田川

3.00 11

②宝泉寺温泉郷(大分県)

宝泉寺温泉郷は、宝泉寺温泉、壁湯温泉、川底温泉の3つの温泉から成ります。

出典:www.gensen-kakenagashi.jp

湯量が豊富で、現在も毎分2000リットルもの湧出量を誇っており、もちろん全施設が源泉かけ流しです。澄明でやわらかな湯が特長です。

出典:www.gensen-kakenagashi.jp

879-4724 大分県玖珠郡九重町大字菅原

写真を投稿する
- 00

③野沢温泉(長野県)

野沢温泉には30余りの全て自然湧出の理想的な源泉があり、「外湯」と呼ばれる無料の共同浴場が温泉街に13箇所あります。極上の“生源泉”が野沢の魅力です。

出典:www.gensen-kakenagashi.jp

また、村内各所に無料の足湯があり散策・外湯めぐりとあわせてご利用できます。

出典:www.gensen-kakenagashi.jp
jalanで見る

長野県下高井郡野沢温泉村豊郷

3.54 9155

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

④湯原温泉(岡山県)

湯原温泉には15の源泉があり、推定毎分6000リットルの豊富な湯量がある。泉源が全て自噴泉であるという特徴を持ち、近隣の伯耆大山や蒜山火山のマグマが熱源となっていると推定されている。

出典:www.gensen-kakenagashi.jp

⑤奥塩原温泉(栃木県)

やまの宿 下藤屋

やまの宿 下藤屋

奥塩原温泉には新湯温泉、元湯温泉という2つの温泉があり、全ての施設で硫黄泉を中心とした“にごり湯”の個性的、かつ極めて質の高いかけ流しが特長です。

出典:www.gensen-kakenagashi.jp

新湯温泉
■泉 質  硫黄泉
■泉 温  58~68℃
■会員宿  奥塩原高原ホテル・白樺・渓雲閣・下藤屋
元湯温泉
■泉 質  硫黄泉・炭酸水素塩泉・塩化物泉
■泉 温  40~52℃
■会員宿  元泉館・ゑびすや・大出館

出典:www.gensen-kakenagashi.jp

323-0806 栃木県小山市中久喜1-7-4

写真を投稿する
- 00

⑥ぬかびら源泉郷(北海道)

大雪山国立公園の手つかずの原生林と糠平湖の湖水に囲まれたぬかびらの環境は、訪れる人に静かで豊かな自然を感じさせてくれます。

出典:www.gensen-kakenagashi.jp

全ての宿でかけ流しの、大雪山系の空気と同じような澄明な源泉を提供しています。

出典:www.gensen-kakenagashi.jp

■泉 質  炭酸水素塩泉
■泉 温  50~60℃

出典:www.gensen-kakenagashi.jp

北海道河東郡上士幌町ぬかびら源泉郷南区75

写真を投稿する
- 13

080-1492 北海道河東郡上士幌町字上士幌東3線238番地

写真を投稿する
- 00
いかがでしたか?普段の温泉選びから選択しが一つ増えましたか?源泉かけ流しも注目してみてください!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する