• はてぶ
  • あとで
食べなきゃきっと後悔する!奄美大島の絶品ジェラート店BEST3

東洋のガラパゴスと言われている鹿児島県の離島「奄美大島」 鹿児島県と沖縄県の中間に位置する奄美大島 澄みきった海、広大な大自然だけじゃない。奄美大島のグルメも観光客に人気の一つ その中でも今!奄美ジェラートが熱い! 今回は筆者自ら足を運び味わった奄美大島の絶品ジェラートBEST3を紹介します

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

BEST③ 新感覚ジェラートが楽しめる「ジェラテリア カスターノ」

2015年1月 古仁屋にリニューアルオープンした「ジェラテリア カスターノ」
定番のカップジェラートの他、スティックジェラートやジェラートシェーク、そしてジェラートケーキなどの新感覚ジェラートが楽しめる。

このお店はオンラインショップもあり、全国どこでも奄美クオリティが味わえちゃうのは魅力的
おすすめはお店一番人気の奄美塩ジェラート
加計呂麻島で作られたさんご塩が使用されてるらしく、塩がさっぱりとしたアクセントになって甘さとのバランスが完璧
気を抜いていると3カップくらい余裕で平らげちゃいそうなほど食べやすいフレーバーです

鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋春日6-10

写真を投稿する
3.00 00

BEST② 奄美中心部の本格的ジェラテリア 気さくな店主も人気の一つ「アンティカ」

奄美大島の玄関口 名瀬港から徒歩15分と奄美の中心部からアクセス抜群の場所にある「アンティカ」
元は奄美南部の古仁屋にあったがより多くの人にジェラートを味わってもらうため、アクセスのいい名瀬に移転

本場イタリアの製法を忠実に守って作られる技と奄美の新鮮な南国フルーツなどの素材が融合して、深みのある本格的ジェラートを出してくれます

そしてこのお店の人気の一つなのが「人」
気さくな店主がいつも明るく迎えてくれるので、昔から通ってる地元の駄菓子屋に遊びにきたかのような安心感と安定感が生まれてくると思います
アンティカはジェラートの種類が豊富なのも魅力だが、それよりも値段が魅力的
シングル330円 ダブル380円で食べられる
人にも優しいですが、お財布にも優しいお店です(笑)

おすすめはやっぱり奄美の南国フルーツ パッションフルーツ
素材そのままの新鮮な甘みがとてもフルーティで、雑味のない味わいが楽しめます

鹿児島県奄美市名瀬港町5-26マルサンビル1階

3.00 214

BEST① 農園直営のジェラート店「ラ・フォンテ」

奄美空港から中心部の名瀬に向かう県道沿いにあるお店「ラ・フォンテ」
車を走らせてると急にお洒落なお店があるのですぐにわかると思います

とにかく内装もオシャレ
白を基調にした店内に色とりどりのジェラートが並んでいます
僕が選んだ奄美大島のジェラート店ナンバー1はここ!

何より農園直営というところ
奄美大島の土地で愛情を持って育まれた素材を使用して地産地消している所が商品に反映されてる気がします
ジェラートの甘みの中に優しさ・・というか温もりみたいなものを感じました

何度かお邪魔して何種類かのジェラートを食べてみましたが、その中でも僕のおすすめはマンゴー
爽やかさの中にほんのり甘みがあり、濃厚な味わいが絶品です

お店の外に併設されたテラス席でそよ風と自然を感じながら頂くと、より美味しさが増すことは間違いなしです

いかがでしたか?

このランキングはあくまでも僕の評価なので、気になった方はぜひ自分の舌で確かめてください

もちろん今回紹介したお店以外にも美味しい奄美ジェラートがあるお店は何件もあるので、奄美大島ドライブコースのプランとして「奄美ジェラート食べ歩きツアー」なんてのも楽しいと思いますよ

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する