• はてぶ
  • あとで
旅好きなら押さえておこう!今さら聞けない宿の予約に困らないための8つの基礎知識

旅好きのみなさんの中には、旅行するとき宿の予約を旅行代理店に頼まず自分で行う方も多いかと思います。その際、ホステルやゲストハウスといった宿の種類や、ダブルとツインなどの部屋の種類、キングやクイーンなどのベッドのサイズなどの用語がわからず困ったということはなかったでしょうか?今回はそんな宿の予約の際に必要な知っておきたい知識をご紹介いたします!(※掲載されている情報は記事更新時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①宿のルームタイプの種類

シングル

※写真はイメージです。

「シングルルーム」は基本的に「シングルベッド1台の1人用の部屋」を指します。1人での宿泊でもダブルベッド1台の部屋や、ベッドが2台ある部屋の場合は料金は「ダブル」もしくは「ツイン」の料金が適用されますので注意です!

ダブル・ツイン

※写真はイメージです。

「ダブルルーム」は2人で寝られるサイズのベッドが1台、「ツインルームは」1人用のベッドが2台の部屋に2人で泊まることを指します。ダブルの部屋とツインの部屋の違いはしっかり覚えておきましょう!

トリプル

※写真はイメージです。

トリプルとはシングルベッドが3つ置かれている部屋、もしくはダブルベッド1台とシングルベッド1台の部屋のことを指します。日本ではシングルベッド3台のトリプルもありますが、海外だと後者が圧倒的に多いです。トリプルを予約する場合はベッドの数を必ず確認しましょう!

②ベッドのサイズ

※写真はイメージです。

部屋のタイプと共に重要になってくるのが、ベッドのサイズ。シングルサイズはベッドの幅がおよそ100cm以下のベッドで、1人用です。 スリークォーター或いはセミダブルは幅がおよそ120cm以下のベッド。1人用がメインですが、2人で寝ることも可能です。

※写真はイメージです。

ダブルベッドと呼ばれることも多いクイーンサイズは幅がおよそ120cm以上、160cm以下のベッド。キングサイズは幅が160cm以上のベッドで、タテとヨコがほぼ同じくらいの長さで、大きいものだとタテ・ヨコ共に2m近い場合もあるんだとか。こちらは2人向けのベッドになります。小さいお子さん含めて3人で寝ることも可能です。

③部屋のグレード

※写真はイメージです。

ホテルによっては部屋をベッドの数だけでなく広さやグレードで表すところもあります。主なグレードとして、低いものからスタンダード、スーペリア、デラックス、エグゼクティブルーム、クラブルーム、ジュニアスイート、スイートが挙げられます。

※写真はイメージです。

しかしホテルによってはスーペリアの方がスタンダードよりもグレードが低かったり、景観や立地によってさらに細分化されていたりと部屋のグレードをすべてこれに従い定義するのは難しいです。またホテルによっては、「○○スイート」という名称で独自のカテゴリーを設定していることもあります。

④宿の種類

ゲストハウス

※写真はイメージです。

ゲストハウスは小さな旅館のような民泊で、個室中心の宿になります。ホテルや旅館と違い、食事が出ないところが殆どで、宿泊料金が安いのが特徴です。また宿泊者やオーナーと交流できるのも魅力の一つです。

ドミトリー

ドミトリーの魅力はなんといっても安さ!基本的に相部屋の為、普通のホテルの半額かそれ以下の値段で宿泊できます。そしてほかの旅行者とコミュニケーションを取れるのも大きな魅力でしょう。しかしトイレやシャワーが共同であったり、安全面(荷物やお金が盗まれたりなどの被害)などのデメリットもあります。

B&B

※写真はイメージです。

B&Bは「ベッド&ブレックファースト」を意味する宿泊施設で、イギリスやオーストラリアなど旧英連邦の国々に多い宿泊形態です。その名の通り、ベッドと朝食を提供してくれる宿で、日本でいう民泊に近いです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する