• はてぶ
  • あとで
さすが世界No.1!イタリアで行きたいおすすめ世界遺産ランキングBEST15

大人気海外旅行先のイタリア、実は世界遺産数が世界一多い国だとご存知でしたか?今回は、イタリアで訪れたいおすすめ世界遺産ランキングBEST15をご紹介します。雄大な自然遺産から貴重な文化遺産まで、ランキング一覧をお見逃しなく!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

第15位 ナポリ歴史地区/ナポリ

赤や黄色、カラフルな家並みと海が調和し、ヴェスヴィオ火山も見えます。

出典:tabisuke.arukikata.co.jp

1787年ナポリを訪れたゲーテはナポリについて「人々が何といおうが、語ろうが、絵に描こうがここの景色はすべてを越えている。」と述べた

出典:www.japanitalytravel.com
ギリシャの植民地として、紀元前470年に作られたというナポリ。その歴史から、多様な文化を吸収してきたおもしろい街並みが残っている文化遺産です。イタリアの庶民的な香りが漂うところも魅力。
【住所】Napoli, Italia
【営業時間】終日
【定休日】なし
【料金】無料

第14位 クレスピ・ダッダ/カプリアーテ・サン・ジェルヴァシオ

クレスピ・ダッダでは、他の町では感じることのない心が癒される感じを覚えた。

出典:www.japanitalytravel.com

19世紀に綿織物企業の経営者クリストフォロ・ベニーニョ・クレスピが、彼の企業下に働く労働者のために作り上げた”労働者のための理想郷”。

出典:italy-navi.com
世界でも珍しい「労働村」の世界遺産。19世紀末に、自分の家族および労働者のために、企業家クレスピが作った村です。村には工場のほか、住居や教会、病院や学校など生活に必要な施設は全て整っていました。現在工場は稼働していませんが、今でも子孫たちが村に住んでいるのだとか。
【住所】 Crespi d'adda, BG, Italia
【営業時間】なし
【定休日】無休
【料金】無料

第13位 ピエモンテ州とロンバルディア州のサクリ・モンティ/ヴァラッロ・セジアほか

聳える山々の頂上に大小の礼拝堂が立ち並び、それは周囲の自然と溶け込んで一種独特の景観を生み出しています。

出典:italyii.me

建物内部には壁画や彫刻などの装飾が施され芸術的評価も高い。

出典:www.tomorrow-01.com
日本語に訳すと「聖なる山」という意味になる世界遺産。16世紀~17世紀にかけて、こちらの山に数々の礼拝堂や教会が建てられました。そのうちの9か所が世界遺産に登録されています。山に並ぶ礼拝堂が、なんとも神秘的な雰囲気を醸し出しています。
【住所】 Sacri Monti del Piemonte e della Lombardia, Italia
【営業時間】なし
【定休日】無休
【料金】無料

Via Santuario, 22010 Ossuccio CO, Italy

写真を投稿する
- 00

第12位 レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院/ミラノ

数百年の時を越えた有名絵画からは、レオナルド・ダ・ヴィンチからのメッセージが伝わってくる気がする!細部にまで計算し尽された作品には、ただただため息が出ます。

出典:www.nta.co.jp

ゴシック的ファサードをもつ教会は15世紀に増築され、建築家ブラマンテにより美しいルネッサンス的空間も加えられた見事な複合建築です。

出典:tabisuke.arukikata.co.jp
レオナルド・ダ・ヴィンチの名作「最後の晩餐」が描かれているのは、ドメニコ会修道院の食堂。隣接しているサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会も含めて、イタリアの世界遺産に登録されています。
【住所】Via Giuseppe Antonio Sassi, 3 20123 MI, Italia
【営業時間】平日7:00~12:00、16:00~19:30 日・祝7:00~12:30、16:00~21:00 
【定休日】要確認
【料金】(絵画のある食堂の入場は要事前予約)6.5ユーロ

第11位 ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域/ポンペイ

ローマ時代の人々の贅沢で充実した市民生活の様子がはっきりとみてとれます。

出典:visitaly.jp

古代ローマの遺跡が残っているところはたくさんありますが,ここはなん町全体がそのまますっかり残っているのです。だから庶民の生活まで垣間見るような気分になれるのです。

出典:www.tripadvisor.jp
79年に起こったヴェスヴィオ山の噴火によって埋もれてしまった都市跡や遺跡群。テーブルに並べられた食事がそのまま残っており、2000年前の当時の暮らしぶりが見られる、イタリアきっての貴重な文化遺産になっています。
ポンペイ
【住所】5 Piazza Esedra, 80045 Pompei NA, Italia
【営業時間】4月1日~10月31日 8:30~19:30  11月1日~3月31日 8:30~17:00
【定休日】1月1日、5月1日、12月25日
【料金】11ユーロ

ヘルクラネウム
【住所】80056 Ercolano NA, Italia
【営業時間】4月1日~10月31日 8:30~19:30  11月1日~3月31日 8:30~17:00
【定休日】1月1日、5月1日、12月25日
【料金】11ユーロ

トッレ・アンヌンツィアータ
【住所】Torre Annunziata, NA, Italia
【営業時間】4月1日~10月31日 8:30~19:30  11月1日~3月31日 8:30~17:00
【定休日】1月1日、12月25日
【料金】5.5ユーロ

Via Mare, 75, 80056 Ercolano NA, Italy

3.00 05

第10位 ドロミーティ/イタリア北東部

切り立つ岩峰、太陽に照らされ、あかね色に輝く山岳風景は世界中の人々を惹きつけやまない。

出典:www.italiatravel-jp.com

緑豊かな牧草地には牛や馬が放牧され、農家のテラスには色鮮やかな花。お伽話に出てくるような美しくのどかな風景とは対照的に、真っ青な空に突き刺すように聳えたつ雄々しいドロマイトの岩峰。この美しいコントラストがドロミテの特徴の一つ。

出典:www.japanitalytravel.com
イタリア北部の3州と周辺国にまたがる、山岳地帯の自然遺産。日本では「ドロミテ」とも呼ばれています。イタリアきっての自然スポットとしても人気で、トレッキングやスキーに訪れる人で年中賑わっています。
【住所】Dolomiti, Italia
【営業時間】終日
【定休日】無休
【料金】無料

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 世界各地に存在する「世界遺産」。世界遺産を求めに、旅に出ようと考えている方も多…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

kanita旅行、グルメ、読書好き。横浜育ち、現在バルセロナ在住。

このまとめ記事に関して報告する