• はてぶ
  • あとで
次の旅行は沖縄にしよう!沖縄【南部】のおすすめ観光スポット 15選

沖縄県南部のおすすめ観光スポットです。沖縄県南部は戦争関係のスポットや歴史関係のスポットが多く、沖縄の歴史を知る上では欠かせない観光スポットがたくさんあります。もちろん沖縄ならではの絶景やかわいらしいカフェもたくさん。今回は初めて沖縄を訪れる人にも、常連の人にも楽しんでいただけそうな沖縄南部のおすすめスポットをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①瀬長島

瀬長島は那覇空港から近いこともあり間近に飛行機を見れるスポットです。飛行機マニアでなくてもその迫力は感動です。那覇を起点として沖縄南部を観光するときにぜひ立ち寄っていただきたいおすすめスポットです。
琉球温泉瀬長島ホテルでは絶景を見ながらなんと温泉に入ることが出来ちゃいます!これは癒されること間違いないですね。
複合商業施設のウミカジテラスはまぶしいほどの白い建物が印象的。無料のシャトルでもアクセスできるのできれいな夕陽を見ながら一杯なんてこともできちゃいます。

那覇空港近くの、那覇から最短で行ける離島として人気の瀬長島。




赤嶺駅からウミカジテラス行きの無料シャトルバスが出ていると聞き、めっちゃ手軽に行けるやん♩と、先日急遽決めたウミカジテラスへの旅。

出典:blog.livedoor.jp

沖縄に行きたいけど、温泉にも入りたい。
そんな欲張りが叶うのが、ここ瀬長島ホテルです!
そして、景色も最高です。
空港が丸見えなので、飛行機好きにはたまりませんよ。

出典:www.tripadvisor.jp
瀬長島ウミカジテラス
【住所】〒901-0233 沖縄県豊見城市瀬長174番地6
【TEL】098-851-7446
【営業時間】10:00~22:00
 ※店舗により異なります)
【無料シャトル】お問合せ番号098-857-8133

②「道の駅いとまん」と「うまんちゅ市場」

道の駅いとまんの敷地は広くいろいろな施設が入っています。きれいなお土産屋さんや名物のなが~いサンドイッチを楽しめるフードコートなどもあり沖縄南部観光には欠かせないスポットです。
ファーマーズマーケット「うまんちゅ市場」では地元の人や観光客でいつもにぎわっています。その土地の食文化を見ることが出来るので楽しいです。
沖縄そばの麺の種類の多さにも驚きです。お土産用にパッケージされた商品も多いのでぜひ立ち寄ってみてくださいね。

道の駅「いとまん」は糸満道路の起点に位置し、道の駅豊崎の近くにあります。
糸満市は古くから漁業の町として県内に知られおり、他の道の駅ではみられない、海産物を専門に販売する「お魚センター」と隣接しています。

出典:www.okinavita.jp

直売所があり地元の食材を見ることができて楽しかった。年末に伺ったので、年越しのための沖縄そばを大量に買っている地元民に驚きを隠せなかった。
そばの種類も豊富で生めんを買って帰れないのが残念だった。

出典:www.tripadvisor.jp
道の駅いとまん
【住所】〒901-0305 沖縄県糸満市西崎町 4-19-1
【TEL】098-992-1030(糸満市物産センター遊食来(ゆくら)
【営業時間】 9:30~19:00(年中無休) ※テナントの営業時間は店舗によりことなります
ファーマーズマーケット糸満
【TEL】098-992-6510
【定休日】 年中無休
 ※荒天時、公共交通機関が停止している場合(警報発令時)等は、休業の場合があります。 詳しくは、ご来店前に店舗へお問い合わせください。

③「ひめゆりの搭」と「ひめゆり平和祈念資料館」

沖縄南部を観光するにあたりやはり立ち寄らないではいられない戦争の遺産が多くあります。ひめゆりの搭で献花をしてひめゆり平和祈念資料館へ行ってみてください。
戦時中に野戦病院として使われたガマ(洞窟)を実際に見ることが出来ます。目を背けてはいけない日本の負の遺産です。
ひめゆり平和記念資料館では戦争の悲惨さを今に伝える貴重な資料を見ることが出来ます。
ひめゆり平和祈念資料館
【住所】〒901-0344 沖縄県糸満市字伊原671-1
【TEL】 098-997-2100
【開館時間】9:00~17:30(入館は17:00まで)
【休み】年中無休
【入館料金】大人310円/高校生210円/小・中学生110円

住民を巻き込んだ日米の地上戦が行われた沖縄。沖縄陸軍病院に看護要員として負傷兵の看護や水汲み、死体埋葬などを行っていた「ひめゆり学徒隊」。彼女たちの生きた証を感じられるのが、ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館だ。

出典:www.mapfan.com

沖縄戦から70年。当事者の方から直接 体験談を聞くことは難しくなっています。記録として残していることはとても貴重です。

出典:www.tripadvisor.jp

④「平和記念公園」と「平和祈念資料館」

こちらも沖縄県南部の観光では必ず立ち寄っていただきたい場所です。平和記念公園はとっても広くきれいで見晴らしもいい公園です。歩いているだけで気持ちがいい。
休日には多くの家族連れでにぎわい、広い芝生の上で遊んだり、ピクニックやレクリェーションの場として利用されています。戦争の犠牲の上にある今の平和に感謝できる場所でもあります。
沖縄ならではの赤い瓦屋根の戦争資料館は戦争を今に伝える貴重な資料がそろい世界中から人が訪れます。
沖縄戦で亡くなられたすべての人々の氏名を刻んだ「平和の礎」。刻まれた名前を見ていると戦争は悲惨だということを今を生きる人に無言で語り掛けてくれているようです。

沖縄戦にいたるまでの沖縄の歴史から、住民の見た沖縄戦、戦後の米軍統治と本土復帰、平和創造を目指す沖縄の姿までを5つのブースに分け常設展示しています。

出典:www.okinawastory.jp

広大な敷地の奥に莫大な数の戦死者の名前が印された記念碑と身を投じたとされる断崖絶壁を見るだけで心が、痛む貴重な場所でした。

出典:www.tripadvisor.jp
沖縄平和記念公園
【住所】沖縄県糸満市字摩文仁448
【営業時間】9:00~17:00 平和記念公園は見学自由
【入場料金】
 平和祈念公園:入場無料
 平和祈念資料館:大人300円・子供150円
【定休日】
 平和記念公園は見学自由
 平和祈念資料館は毎週月曜日

⑤奥武島(おうじま)

沖縄南部の観光でちょっと離島に旅をしてみては?
奥武島には橋で簡単に行くことが出来ちゃいます。泳いでも行けそうです。こんなに近くても立派な離島ですよ。
いまいゆ市場は観光客にも地元の人にも人気のスポットです。
奥武島といえば暑い衣が特徴の天ぷらが有名。ちょっと天ぷら買い込んで散策するのもおすすめです。

奥武島へは橋が架かっているので車でのアクセスが可能です。島内はのんびりとした雰囲気の島で、新鮮な魚を安く買えたり食事もできます。

出典:www.odnsym.com

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する