• はてぶ
  • あとで
誇り高き国アイルランド!首都「ダブリン」の人気スポット

イギリスから、たった1時間半で着く、アイルランドの首都「ダブリン」。首都とはいっても、人口は52万人で、こじんまりとしているので、歩いて移動して観光できるところも多くあります。落ち着いた雰囲気の中に、アイルランドの歴史的建造物やパブが並ぶ「ダブリン」の人気スポットを5つ厳選してご紹介します!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

ダブリンの概要

アイルランドは、約800年間、イギリス連邦の支配下にありました。その間も民族の誇りを持ち続け、ついに1949年に独立し、ダブリンは首都となりました。ダブリンは、東側は海に面し、街中には大きなリフィー川が流れていて、水の豊かな街として栄えてきました。

アイルランドの政治、経済、文化の中心地であり、歴史的な建造物などが多くあります。気候は、夏は涼しく、冬は暖かく、一年を通して旅行がしやすい街です。

ダブリンの人気スポット① トリニティカレッジ

圧巻です。のひとことです。学生さんがボランティアで(?)案内してくれるTrinity Tourがお勧めです。もちろん英語ですが、わからないことは質問すれば教えてくれます。そのTourの後、念願のBook of Kellsを見ることができます。

出典:www.tripadvisor.jp
トリニティカレッジは、アイルランド最古の大学で、400年以上の歴史を持っています。1592年にエリザベス一世により創設されました。ヨーロッパの中でも古い学校として知られ、多くのアイルランドの著名人を排出しています。

キャンパスは、ダブリンの中心部にあり、とても広大なので、歩いているだけでも気持ちがよいです。観光客に人気なのは、図書館にある「ケルズの書」。1200年前に書かれた書物で、美しい装飾や絵には、目をひきつけられます。
基本情報
【名称】Trinity College, University of Dublin
【TEL】+353 1 896 1000
【住所】College Green, Dublin 2
【図書館の入場料】9ユーロ
【図書館の入場料込みのツアー】10ユーロ

ダブリンの人気スポット② セントパトリック大聖堂

内部には、美しいステンドグラスもあり、ガリバー旅行記の作者で有名なスウィフトの墓もあります。 ショップもあるので、お土産も買えます。

出典:blogs.yahoo.co.jp

ダブリンで最古にして最大の教会の名に相応しく、ゴシックスタイルの大聖堂からは、なんとも形容しがたいオーラがバンバン伝わってきます。

出典:as-happy-days.blog.so-net.ne.jp
セントパトリック大聖堂は、1191年に創設されましたが、450年頃には元となる教会が建てられいて、とても古い歴史を持っています。古くは、アイルランド最古の大学としても使用され、「ガリバー旅行記」作者のスウィフトが大主教を務めていたこともあります。

セントパトリック大聖堂もダブリン市内の街中にあるので、お散歩を楽しみながらぜひ訪問してみてください。
基本情報
【名称】Saint Patrick's Cathedral
【TEL】+353 1 453 9472
【住所】St Patrick's Close, Dublin 8
【時間】月〜金 9:00〜17:00 土 9:00〜18:00 日 9:00~10:30、12:30~14:30、16:30~18:00
【料金】大人:6ユーロ 学生:5ユーロ

ダブリンの人気スポット③ ダブリンライターズミュージアム

館内には4人のノーベル賞作家のほか、ジョナサン・スウィフト、ジェイムズ・ジョイス、オスカー・ワイルドなどの作家の初版本、手紙、愛用品、彫像、肖像画などが展示されている。

出典:www.id-core.co.jp

見学はオーディオガイドに従って進むことができる。日本語のガイドはないが、冊子を借りることができるので、理解しながら展示品を楽しむことができる。

出典:www.enginnier.com
アイルランドは、小さい国ながら、たくさんの有名作家を輩出していることで有名です。ダブリンライターズミュージアムでは、年代を追いながら、作家にまつわる色々な展示物を通して、作家の人生を垣間みることができます。

日本語のガイドブックを無料で借りることができるのもうれしいですね。こちらもダブリンの中心地にあるので、歩いて行くことができますよ。
基本情報
【名称】Dublin Writers Museum
【TEL】+353 1 872 2077
【住所】18 Parnell Sq. north dublin 1
【時間】9:45〜16:45(日曜、祝は11:00〜16:30)
【料金】一般 7.50ユーロ、学生 6.30ユーロ
【定休日】無休

ダブリンの人気スポット④ ナイツブリッジバー(アーリントンホテル内)

う~ん、これはなんという美味! さすがに本場のシチューは二味、三味違う。期待を裏切らず、いやそれ以上のおいしさに、私の舌は大鼓を打ちっぱなしである。

出典:yasy7.web.fc2.com

美味しいアイルランドのお酒を飲みながら、ダンスと、ミュージックを楽しみました。 小さなステージですが、本格的にアイリッシュダンスをまじかで見ることができました。

出典:www.tripadvisor.jp
ナイツブリッジバーは、ダブリン中心部にあるアーリントンホテル内にあります。こちらでは、アイルランド料理を食べながら、アイリッシュミュージックとダンスを堪能することができます。伝統料理の、野菜とラム肉を煮込んだアイリッシュシチューは絶品です!
基本情報
【名称】Arlington Hotel and Knightsbridge Bar
【TEL】+353 1 804 9100
【住所】23-25 Bachelors Walk,, Dublin, Ireland
【時間】レストランは18:30〜、アイリッシュショーは20:30から始まる。
【料金】コースは、33.95ユーロ〜。アラカルトもあり。
【定休日】無休

ダブリンの人気スポット⑤ ギネスストアハウス

ダブリン随一の観光地ということもあって入場から並んだ。階毎にいろいろなアトラクションや展示、説明があり、飽きない。ダブリン市内を一望できる最上階では、ギネスビールまたはソフトドリンク1杯が無料で楽しめる。

出典:www.tripadvisor.jp

1階と地下1階はお土産屋さん。いろんなものがある。上で飲んだビールがものすごく美味しかったので、同じパイントグラスを買う。ギネスは美味いし、展示の仕方が面白く、思っていた以上に楽しめる。

出典:yeahtk.blog.fc2.com
ギネスストアハウスは、アイルランドの世界的ビールギネスのすべてがわかる博物館です。入場料を払えば、製造工程を説明してくれるツアーや試飲がついてきます。ギネスの広告の歴史が展示してあったり、グッズも豊富にあるので、ダブリンのお土産に最適です!
基本情報
【名称】Guinness Storehouse
【TEL】+353 1 408 4800
【住所】St James's Gate, Dublin 8
【アクセス】ルアス(路面電車) ジェイムスズ ストリート(JAMES'S STREET)停留所から徒歩 5分。
【時間】9:30〜17:00(9/1~6/30)、9:30~19:00(7/1~8/31)
【料金】大人:20ユーロ、 子供:6.50ユーロ、 シニア:16ユーロ、18歳以上の学生16ユーロ、18歳未満の学生13.50ユーロ
【定休日】12月24,25,26日

ダブリンへの行き方

【行き方】日本からアイルランドへの直行便はないので、乗り換えをして行くことになります。主な乗り換え地は、ロンドン、パリ、アムステルダムなど。ロンドンとダブリン間は運行本数も多いので、日本からロンドンへまず飛行機で行くのがおすすめです。

また、安くしたい場合には、アジアのバンコク、香港、クアラルンプールなどで乗り換えていくのがよいでしょう。

日本からロンドンは、飛行機で12時間程度。
ロンドンからダブリンは、飛行機で1時間半程度。
パリからダブリンは、飛行機で1時間半程度。
いかがでしたか?アイルランドはヨーロッパの主要都市からすぐのところにあります。ダブリンでしか体験できないことがたくさんあるので、訪れる際にはぜひ参考にしてくださいね!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する