• はてぶ
  • あとで
チュニスを拠点として訪れたいおすすめの観光スポット 7選!

中東、チュニジア(首都、チュニス)はおすすめの観光地です。チュニスを拠点とした観光スポットは沢山ありますが、中でも絶対に訪れたいおすすめの観光スポットを7つ厳選してみました。日本人にはあまり馴染みのないエリアですが、魅力にあふれています。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1 チュニス旧市街 / チェニジア北部

チュニスは古代フェニキア人によって建設され、その後はカルタゴの衛星都市として栄えました。ポエニ戦争でカルタゴがローマに敗れると、チュニスはローマの属州となりました。

出典:worldheritagesite.xyz

7世紀になると、イスラム教のウマイヤ朝によって占領され、アラブ化が始まります。グランド・モスクが建設され、スーク(市場)が形成されていき、イスラム都市としての体裁を整えていきました。

出典:worldheritagesite.xyz
チュニスを拠点にして訪れたいおすすめの観光スポット1つ目は「チュニス旧市街」です。世界文化遺産になっているチェニスの旧市街。700にも及ぶ歴史的な建築物がある価値の高い街です。

名称:   チュニス旧市街
場所:   チェニジア北部

2 カルタゴ / チェニジア北部

紀元前9世紀、海洋民族のフェニキア人がこの地に都市国家を築いたのが町の始まりで、古代フェニキア人は、紀元前6世紀までに地中海貿易を独占し、カルタゴは覇権を握ります

出典:worldheritagesite.xyz

勢力を拡大してきたローマと衝突し、カルタゴの街は全滅してしまいます。

出典:worldheritagesite.xyz
チュニスを拠点にして訪れたいおすすめの観光スポット2つ目は「カルタゴ」です。古代ローマからの歴史がある世界文化遺産の都市。古代ローマ史の中でも有名な都市ですが、もしローマとの戦いに勝っていたら、世界史は大きく変わっていたでしょう。

名称:   カルタゴ
場所:   チェニジア北部

3 エルジェムの円形闘技場 / チェニジア北東部

エル・ジェムは、かつてローマ帝国の属州として繁栄を誇りました。同じくチュニジアのカルタゴ遺跡が紀元前の者なのに対し、エル・ジェムの円形闘技場は3世紀に作られたものになっています。

出典:worldheritagesite.xyz

円形劇場の周囲は400メートル、収容人員は3万5千人。アリーナと呼ばれる中央の舞台の直径は65メートルに及ぶ大型の闘技場です。

出典:worldheritagesite.xyz
チュニスを拠点にして訪れたいおすすめの観光スポット3つ目は「エルジェムの円形闘技場」です。アフリカで最もインパクトのあるローマ遺跡。競技場の地下通路に野生動物や剣闘士の部屋が残されています。

名称:   エルジェムの円形闘技場
場所:   チェニジア北東部

4 ケルクアン / チェニジア北東部

ケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡はチュニジアの世界遺産です。カルタゴは北東チュニジアのボン岬の近くにあった古代の国で、現在の都市はケルクアンといいます。

出典:worldheritagesite.xyz

元前9世紀~3世紀に、フェニキア人によって栄えた貿易都市でしたが、ローマに滅ぼされて、現在はあまりカルタゴ時代の遺跡は残っていません。

出典:worldheritagesite.xyz
チュニスを拠点にして訪れたいおすすめの観光スポット4つ目は「ケルクアン」です。紀元前4世紀から3世紀の間に建てられたローマ遺跡。遺跡の中には風呂や排水設備の整っており、当時の文化的なレベルの高さが分かります。

名称:   ケルクアン
場所:   チェニジア北東部

5 スース旧市街 / チェニジア北部

チュニジア中部の地中海に面するスースは、現在チュニジア第3の都市であり、ヨーロッパからのビーチリゾート地として知られています。

出典:worldheritagesite.xyz

世界遺産に登録されているスースの旧市街は9世紀のもので、北アフリカにイスラム勢力が進出してきた頃の姿が今も完全な形で残っている町として注目を集めています。

出典:worldheritagesite.xyz
チュニスを拠点にして訪れたいおすすめの観光スポット5つ目は「スース旧市街」です。「サヘルの真珠」と言われる世界遺産になっている都市。高さ38mのリバトの塔からは街や海辺を見渡すことができます。

名称:   スース旧市街
場所:   チェニジア北部

6 ケルアン / チェニジア北部

ハマメット湾に面した歴史のある世界文化遺産都市

チュニジアの世界遺産ケルアンは、7世紀にアラブ軍が築いた北アフリカで最初のイスラム都市です。

出典:worldheritagesite.xyz

イスラムの聖地はメッカ、メディナ、エルサレムなどありますが、その中でもケルアンは4番目の聖地となっています。

出典:worldheritagesite.xyz
チュニスを拠点にして訪れたいおすすめの観光スポット6つ目は「ケルアン」です。ハマメット湾に面した歴史のある世界文化遺産都市。この街のモスクはその後のイスラム建築に強い影響を与えています。

名称:   ケルアン
場所:   チェニジア北部

7 ドゥッガ / チュニジア北部

北アフリカ・チュニジアの首都チュニスから南西へ100km、小麦畑とオリーブ畑に囲まれた標高600mの丘の上にドゥッガの古代ローマ遺跡はあります。

出典:worldheritagesite.xyz

ドゥッガはかつて、ローマに送る農産物の集積地として発展し、3世紀には約5000人が暮らす町でした。

出典:worldheritagesite.xyz
チュニスを拠点にして訪れたいおすすめの観光スポット7つ目は「ドゥッガ」です。紀元前2世紀に建てられた世界遺産の都市。イスラム教徒の侵入された後は、イスラム文化が発展してきました。美しいモザイク画なども残されています。

名称:   ドゥッガ
場所:   チュニジア北部
チュニスを拠点として訪れたいおすすめの観光スポットを7つ厳選してみましたが如何でしたでしょうか。チュニスは政情不安なリビアとアルジェリアに囲まれているので、入念な計画を立てて観光スポットを訪問することをおすすめします。

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する