• はてぶ
  • あとで
H.I.Sが発表!2014年SNSでみんなが行きたくなった旅行先ランキングトップ10

株式会社エイチ・アイ・エスが自社がもつTwitterやFacebook、LINEなどのSNSアカウントでいいね!などの評判をよんだ投稿をランキングにして発表しました。2014年は絶景ブームもあり、綺麗な写真がある絶景地や珍しいホテルなどにいってみたい!や友達に教えたい!という反響をよんだようです。2014年みんながいきたくなった旅行先はどこなのか?トップ10をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

第10位 ハワイ

日本人に大人気のハワイが10位にランクイン。話題を読んだSNSの投稿は「NO RAIN, NO RAINBOW!うちの子に教えたい大好きなハワイの言葉です。」 というHISのわすれない夏企画のCMでつかわれていたフレーズ。
「NO RAIN, NO RAINBOW」雨がふらばければ虹はでない。ハワイらしいポジティブな言葉がおおくの共感をよびました!
出典:www.youtube.com

CM H I S わすれない夏2015「ハワイ」 - YouTube

CMサイト http://jmoviedatabase.onefk.com/ Facebookページ https://www.facebook.com/jpcmoen/

日本人に大人気のハワイ。思わず行きたくなってしまうこの動画にでてくるのが話題のフレーズです!

第9位 タヒチ・ボラボラ島

高級リゾートとして憧れの地「タヒチ」が第9位。美しい海と暖かい気候に恵まれて1年中南国リゾートして楽しめる楽園はハネムーンとして行きたい場所として話題になりました!
タヒチの中でも有名なボラボラ島の水上コテージに一生に一度は泊まってみたい!という声が多く寄せられたようです。

第8位 台湾・ランタン打ち上げ「平渓天燈節」

平渓天燈節(へいけいてんとうせつ)は台湾で旧正月に開かれる伝統のお祭り。天燈節とは、気球の原理を用いており、紙製の大型行灯の形をした「天燈」に願い事を書いて天高く上げ、空に放たれた無数の天燈は幻想的な雰囲気をかもし出し、世界から訪れた観光客を魅了しています。ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」のモデルとしても話題を集めました。

第7位 イタリア・グッビオ

ギネスに登録されている世界一大きなクリスマスツリー「イタリア・グッビオのクリスマスツリー」が第7位。
インジーノ山の斜面一面につくられたクリスマスツリーはグッビオの街並の夜景と組み合わされた絶景。圧倒的なスケールがおおくの人気を呼びました。
イタリア・グッビオは山の斜面に広がる石畳の街。その歴史は古く、芸術の街として発展してきました。グッビオの街には、21世紀を迎えた現在も中世の香りが至る所に漂っています。

第6位 インドネシア・バリ島

南国リゾートとして人気の場所インドネシア・バリ島。
中でも高級ホテル「アヤナリゾート&スパ バリ」でのバリ島での極上ステイに憧れる人が多く、第6位に選ばれました。
「アヤナリゾート&スパ バリ」はバリの中でも美しい景観としてジンバランベイに切り立った崖の上にたつ敷地面積77ヘクタールを有するリゾートホテル。バリならではのホスピタリティに溢れ、スパなどの癒しを求めて多くの人が訪れています。

第5位 ニューカレドニア

ハネムーンでも人気の"天国にいちばん近い島"、ニューカレドニアが第5位。日本から直行便で約8 時間40 分で訪れることができるこの場所には、周囲を世界遺産のラグーンに囲まれて、現地の人々に「海の宝石箱」といわれているほど美しい景色が広がり、一度は訪れたい地上の楽園と呼ぶにふさわしい島でした。
白い砂浜と信じられないほど綺麗な青の色を放つ海。そしてありのままの自然が残されている場所でもあり。まさに地上の楽園のよう!

第4位 アラブ首長国連邦・ドバイ

すべてが豪華な装いを放つアラブ首長国連邦・ドバイ。なかでも幻の大陸をイメージしたパームジュメイラ内の豪華リゾートホテル、「アトランティス・ザ・パーム」が豪華すぎてヤバいと評判を集めました。
「アトランティス・ザ・パーム」は世界で最も大きな人工島「パーム・アイランド(Palm Island)にたてられているホテル。ヤシの木のようなカタチをしたこの人工島はまさにエンターテイメントの世界!サメがいる水槽の中を駆け抜けるウォータースライダーもあるヤバいウォーターパークやその豪華さは想像を超えたスケール。

第3位 フィンランド・レブィ

ベットで年賀らオーロラが鑑賞できる夢のようなわずか12棟の隠れ家的ホテル、「カクシラウッタネン」は、フィンランドでも人気のスキー・リゾートである北極圏の町レヴィの中心から約10kmのところにあります。ガラス越し寝転んでみるオーロラ観賞にSNS上でも興味や憧れが集まりました。
比較的新しいこちらのホテルは旅慣れた添乗員さんからも評価が高いそうです。寝転がって、見上げた先には神秘的で美しいオーロラが広がる夜空。こんな夢の様な体験しにいきたいですよね!

第2位 シンガポール・セントーサ島

第2位にランクインしたのはシンガポール・セントーサ島にある世界最大級の水族館「シーアクアリウム」の中にあり、室内からは70種類以上、5万匹の海洋生物が暮らす様子を見ることができるという、ユニークなホテル「ビーチヴィラホテル」。水族館の中に泊まったような気分になれるこのホテルに小さい子供連れの家族から大人まで幅広い年代から人気がありました。
シンガポール・セントーサ島は「ユニバーサルスタジオシンガポール」や「シーアクアリウム」など島そのものがエンターテイメントのような観光地。新スポットも続々と登場しており、人気は年々上昇中です!

第1位 モルディブ

栄えある第1位に選ばれたのは地球上最後の楽園と呼ばれる「モルディブ」。インドとスリランカの南西、インド洋に浮かぶモルディブ共和国。1190ものサンゴ礁の島々からなり、島一つ一つがリゾートアイランドとして成り立っているためプライベート感たっぷり!誰もが一度は体験したい至極のリゾートの楽園ライフに憧れて「いいね」も急増したようです。
まるで自分たちだけのようなプライベート感満載の贅沢な気分になれるモルディブのリゾート。地球温暖化によって海面が1m上昇すると国土の80%が失われるとも言われています。
いかがでしたか?SNSで話題になった旅行先は南国のリゾートや絶景などに憧れが集まっていたようですね!世界にはまだまだ知らない魅力満載。行きたい場所は増えるばかりです・・!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する