• はてぶ
  • あとで
【歴史を感じる旅】源義経の生きている?岩手おすすめスポット5選

【歴史を感じる旅】の岩手編です。岩手にはいろいろな源氏、平家の落ち武者の伝説があります。その中でも「源義経」の伝説は有名ですので、「源義経」ゆかりのおすすめスポットを【歴史を感じる旅】源義経の生きている?岩手おすすめスポット5選としてご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.中尊寺金色堂(ちゅうそんじこんじきどう)【西磐井郡平泉町】

樹咲リヨコ@宇宙LOVE@riyoko_kisaki
2012年9月岩手、中尊寺金色堂。祝・世界遺産を思いっきり楽しみました(笑)。御餅美味しかったよ~(*>v<*) #東北エキスポ2016https://t.co/wbC0ict7oT

2016-03-11

heavenlyisland@heavenlyisland
中尊寺の金色堂で仏様を拝んだ時、とても気持ちが救われた気がした。冷害や飢饉、津波を繰り返し経験してきた東北の人々を何百年も見つめてきた仏様でいらっしゃるのだ。

2016-03-11

【歴史を感じる旅】源義経の生きている?岩手おすすめスポットの初めは源義経と関係が深かった藤原家4代のミイラが納められている「中尊寺金色堂(ちゅうそんじこんじきどう)」です。国宝、世界遺産にもなっています。

藤原家4代の内の藤原秀衡は、兄源頼朝に追われた源義経を保護しましたが、次の代の藤原泰衡は、源頼朝の圧力に耐えかね源義経を自害に追い込でしまうということで藤原家と源義経は深い縁があります。

歴史情報

【名称】中尊寺金色堂(ちゅうそんじこんじきどう)
【建立】850年(平安時代)
【住所】〒029-4102岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202
【連絡先】0191-46-2211
【営業時間】8:30~17:00、11月11日~3月31日 8:30~16:30
【休館日】なし
【料金】大人:800円、高校生:500円、中学生:300円、小学生:200円
【アクセス】平泉駅から車で(参道入口から徒歩/15分)

2.高館義経堂(たかだちぎけいどう)【西磐井郡平泉町】

ch@n@chan24014
まぁでも前から行きたかった高館義経堂にも行けたから大満足やわ

2016-03-05

ここで義経が最期をとげたと思うと、切ない気持ちになりました。ちょうど紅葉が綺麗な時期だったので、周囲はいい感じで色づいていました。平泉駅から徒歩でもいけますが、自転車でなら5分くらいで行けました。

出典:www.tripadvisor.jp
【歴史を感じる旅】源義経の生きている?岩手おすすめスポットの二番目は、天和3年(1683)自害した義経をしのんで仙台藩主第四代伊達綱村が建てた「高館義経堂(たかだちぎけいどう)」です。高館義経堂の堂内には当時の姿のように武者姿の源義経公像があります。

歴史情報

【名称】高館義経堂(たかだちぎけいどう)
【住所】〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉字柳御所14
【連絡先】0191-46-3300
【営業時間】8:3から16:30、11月5日から3月4日は16:00まで
【休館日】年中無休
【料金】大人200円、小・中学生50円
【アクセス】東北本線平泉駅下車 徒歩20分
【駐車場】あり

3.別當 達谷西光寺(べっとう たっこくせいこうじ)【西磐井郡平泉町】

史跡・文化財めぐり@yonegasakijo
そして、今回初めて行きました!別當達谷西光寺です。ここには、達谷窟毘沙門堂というものがあります。 https://t.co/unf4xFUGkq

2016-03-12

崖に本堂が埋まっている様など、平泉へ来たら一見の価値ありかと思います。
駅から離れているので、レンタカーがお勧めですが、天気が良ければ自転車でも20~30分で辿り付けます。

出典:www.jalan.net
【歴史を感じる旅】源義経の生きている?岩手おすすめスポットの三番目は、ちょっと、源義経から脱線しますが源頼義が奥州の時に戦勝祈願をしたといわれる「別當 達谷西光寺」です。毘沙門を祀ってありみごと安倍氏を討伐したとのことです。ご利益の穴場かもしれません。

歴史情報

【名称】別當 達谷西光寺(べっとう たっこくせいこうじ)
【建立】800年
【住所】〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉北沢16
【連絡先】0191-46-4931
【営業時間】4月1日~11月23日8:00~17:00、11月24日~3月31日8:00~16:30
【休館日】なし
【料金】大人:300円、高校生、中学生、小学生:100円
【アクセス】平泉駅からタクシーで10分
【駐車場】あり

4.雲際寺(うんさいじ)【奥州市】

平泉から少し離れた場所にあるこのお寺は、義経の北の方(=静御前にあらず)が復興したお寺で、義経が死んだ後、その遺体が運び込まれたお寺といわれています。

出典:www.s-nanto.com

平成20年(2008年)8月6日、火災によって本堂と位牌堂、住宅部分を全焼し、本尊の不動明王や義経夫妻の位牌も焼失した。平成22年(2010年)7月、本堂の再建が行われた。

出典:ja.wikipedia.org
【歴史を感じる旅】源義経の生きている?岩手おすすめスポットの四番目は、義経/北の方(正妻)の位牌が安置されている「雲際寺(うんさいじ)」なのですが、残念ながら火事により焼失してしまいました。

歴史の遺産が失われるのは大変残念なことです。建物は再建され、位牌のレプリカが歴史ふれあい館に展示されています。

歴史情報

【名称】雲際寺(うんさいじ)
【住所】〒029-4401岩手県奥州市衣川区張山60
【連絡先】0197-52-3068
【営業時間】9:00~17:00事前に電話連絡が必要
【休館日】なし
【料金】無料
【アクセス】平泉駅から車で

5.弁慶の墓【西磐井郡平泉町】

弁慶の図体の大きさを想像させるような、でかい墓石です。数本の松がそのお墓を囲むように立ています。

出典:www.hidehira.net

中尊寺の表参道・月見坂の入り口に植えられている松の根元の五輪塔は、弁慶の墓と伝えられている。

出典:www8.plala.or.jp
【歴史を感じる旅】源義経の生きている?岩手おすすめスポットの最後は、源義経の家来、武蔵坊弁慶の墓「弁慶の墓」です。墓の横にある松樹は弁慶松と伝えられています。この弁慶松をみると弁慶がずっとここに仁王立ちしているように思え歴史を感じます。

歴史情報

【名称】弁慶の墓
【住所】岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関地内旧国道4号線 中尊寺表参道入口前広場
【アクセス】平泉駅バス中尊寺バス停から徒歩15分
【駐車場】あり(9:00~16:00)

いかがでしたか?

【歴史を感じる旅】源義経の生きている?岩手おすすめスポット5選は、源義経について位牌もありなくなっているように思えますが、さらに北に源義経の足跡があります。そんな伝説を追いながら岩手おすすめスポット5選を訪れてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する