• はてぶ
  • あとで
バリから30分で別世界!サンゴ礁と森に囲まれた秘島「レンボンガン島」とは

日本人から圧倒的支持を受けている東南アジアの「バリ島」。そんなバリ島、何度も行って飽き飽きしちゃったなんて方も多いのでは?今回はそんなあなたに知ってもらいたい、バリ島から30分で行ける秘島「レンボンガン島」をご紹介。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

圧倒的な支持率!人気観光スポット「バリ島」

次の海外旅行はどこにしよう。そんな時に思いつく旅のプランといえば、その多くが「ビーチリゾート旅」。そんなビーチリゾート旅で人気な場所の一つが、インドネシアの「バリ島」です。
どこか懐かしい雰囲気、美しいビーチ、美味しいインドネシア料理。筆者もリピートして訪れるほど、この島が大好きです。バリに住む人たちは皆穏やかで、過ごしやすさも抜群のバケーション先ですよね。

でも、本島だけの旅は正直飽きた・・・

でも、バリ島を何度も訪れてみると、少し物足りない気分になるのも事実。正直、バリ島本島だけを巡る旅には飽きてしまうんですよね。
今回はそんな、いつもと違う旅をしたいあなたや、本島だけの旅に飽きてしまったあなたにぜひ知ってほしい、今注目の「離島」を紹介します!一体、どんな場所なのでしょうか。

バリ島から30分!秘島「レンボンガン島」とは

今回紹介するのは、バリ島から日帰りでも行くことができる離島「レンボンガン島」。日本のテレビ番組でも紹介されたことのある、今注目の島です。

レンボンガン島(Nusa Lembongan)

「レンボンガン島」は、インドネシア中部の小スンダ列島に属し、バリ島とペニダ島の間に存在する島。人口は約5,000人、とても小さな田舎の島です。
バリ島のサヌールから東に約18kmの距離に位置するこの「レンボンガン島」へは、サヌール港の各ボート乗り場からスピードボートで約30分かけて行くことができます。バリ本島からとても近く、日帰り離島としても人気の場所なのです。

そこはサンゴ礁とマングローブの森に囲まれた大自然!

バイクで走れば1周2時間ほどで回れる小さい島「レンボンガン島」。この島はサンゴ礁で囲まれており、真っ白の砂浜とコバルトブルーのビーチがその魅力。バリ本島ではなかなかお目にかかれない、真っ青な絶景を見ることができます。
島の周りの海は海流が早く、海水が動き回っているのも、このビーチが美しい理由なのでしょうか。
また、「レンボンガン島」の北東部へ行ってみると、辺り一面にマングローブの森が広がっています。手漕ぎボートに乗れば、たちまちジャングルクルーズ気分に。
島に住む人々もとても穏やか。彼らは半農半漁の素朴な暮らしを営んでおり、その光景はまさにスローライフと言えるでしょう。バリ島のように大きなホテルやレストランがなく、島の住民は昔と変わらない素朴な生活をしているのもまた、「レンボンガン島」の魅力です。
バリ島とはまた違った、大自然の素晴らしさ溢れるリゾート島です。

次のバリ旅行は、「レンボンガン島」へ!

いかがでしたか?

バリ島から30分で行けちゃう「レンボンガン島」は、こんなに豊かな自然を思う存分満喫できる場所。次のバリ旅行でぜひ立ち寄ってみてくださいね!

アクセス

バリ島のサヌール港からスピードボートで30分。料金は往復500,000ルピア(時期により変動あり)。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

asian_gypsy東南アジアを中心としたアジア情報ならおまかせあれ!

このまとめ記事に関して報告する