• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
行かなきゃ損!ミラノを存分に楽しめる人気観光スポット20選

ルネッサンス時代の傑作が生みだす歴史と、ミラノ・コレクションで知られるファッションの街、ミラノ。観光地の多いイタリアでも屈指の人気観光スポットですが、意外と見落としてしまっているスポットも多いことでしょう。そんなミラノを定番から穴場まで楽しみたいと考えているあなたに、厳選したミラノのおすすスポットを紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

1. ミラノ大聖堂

街のシンボルマークからミラノを見下ろす

ミラノの街のシンボルマークで屈指の人気観光スポット、ミラノ大聖堂。こちらの大聖堂は、建設に約5世紀もの年月がかかった世界最大のゴシック建築です。一番高いところにあるマリア像は、「この街にはこの像よりも高いものを作ってはならない。」というミラノの人々の信仰心を象徴しているんだとか。
しかしながら、大聖堂全体があまりにも大きいため、下から見上げても各聖人像の繊細な彫刻は拝めません。せっかく来たのに、この彫刻を見ずして帰るなんてもったいない!「屋根に登って見学する」というアクティビティに参加してみるのがおすすめです。上を見ると素晴らしい彫刻、下を見ると美しいミラノの街並みが見渡せます。中々見れない景色をぜひ楽しんでください!

詳細情報

  • Piazza del Duomo, 20122, Milano MI, Italy
  • +39 02 7202 3375

2. サン・サティロ教会

わかっていたって騙される、だまし絵

ミラノ大聖堂から少し入っていった界隈に、窮屈そうに建つ小さな教会。それがサンタ・マリア・プレッソ・サン・サティロ教会です。この教会の魅力を知らない人は素通りしてしまうような小さな小さな教会でが実は超おすすめスポット!。しかし実はこの教会、ダヴィンチの友人でもありルネッサンス期を代表する建築家ドナド・ブラマンテの代表作です。
というのも、この教会の聖堂。正面から見ると何mかの奥行きがある、至って普通の聖堂に見えます。しかし、真横に立ってみるとこの教会が素晴らしいといわれる理由がわかります。なぜなら、この聖堂の奥行きはたった97cmしかないからです。この聖堂には、小さな教会の奥行きを最大限に広く見せるため、だまし絵が施されており、とても広く見えるようになっているんです。わかっていても騙されますので、ぜひ行ってみてください。

詳細情報

  • Via Torino, 17/19, 20123 Milano MI, Italy

3. ルイー二

地元の有名揚げ物店で舌鼓

ピッツァを折りたたんで揚げたような”パンツェロット”は、イタリア流のファーストフードです。元々南イタリアの伝統料理だったパンツェロットですが、ミラノでも大人気。そのきっかけとなった店がこの「パンツェロット ルイー二」という揚げ物屋。そのあまりのおいしさに、並ぶの大っ嫌い!なせっかちミラノっ子も長蛇の列を作ります。
ルイー二は人気観光スポットが集中するミラノ大聖堂広場のすぐ近くなので、ミラノ大聖堂広場に行く前に寄って、広場で食べるのがおすすめの楽しみ方です。また、パンツェロットを食べ歩きをするのもおすすめ。並ぶ時間がないわ!という方は、朝10時の開店間際に行くと並ばずスムーズに買えますので、少し遅めの朝食を楽しむのもイタリア旅行らしい楽しみ方です。

詳細情報

  • Via Santa Radegonda, 16, 20121 Milano MI, イタリア

4. サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

奇跡の絵「最後の晩餐」

あのレオナルド・ダヴィンチの代表作「最後の晩餐」。とにかく仕事が遅いことで有名なダヴィンチが”たったの3年”で完成させた傑作です。元々教会の食堂に壁画として描かれ、残念な修復や第二次世界大戦を経てもなお絵が無事であったことから、現存していることが奇跡の絵画だと言われています。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する