• はてぶ
  • あとで
日本人がほとんど行かない国ガイアナ!定番のおすすめ観光スポット7選

日本人がほとんど観光に行くことがない国、ガイアナ。ガイアナ共和国の首都ジョージタウンは「南米一の危険都市」と言われることがありますが、コロニアル建築はとても有名で観光スポットにもなっています。また、内陸の熱帯雨林は未開発地域が多くこちらもおすすめです。今回はそんなガイアナのおすすめ観光スポット7選を紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①カイエチュール滝(ポタロ・シパルーノ)

落差200メートルの滝は、物凄い迫力です。
防護柵など皆無ですので注意してください。

出典:www.tripadvisor.jp

滝の見学と熱帯雨林の中のリゾートに宿泊し、野鳥の観察ができるエコツアーコースもある。

出典:uitvlugt-guyana.com
カイエチュール滝は、ガイアナ国の中西部、ギニア高原から熱帯雨林に流れ落ちるスケールの大きな滝です。その落差は226mで1本で落ちる滝としては世界最大級の落差を誇ります。ここはガイアナの一番の人気観光スポットとなっており、ツアーも多く、たくさんの観光客が訪れるおすすめの名所です。
●名称:カイエトュールの滝
●住所:Kaieteur Falls, Potaro-Siparuni, Guyana
●電話番号: 227-1888-161

②セントジョージ大聖堂(ジョージタウン)

ジョージタウンの中心部にあるセントジョージ大聖堂は、アングリカン(英国国教会)に属する教会で、1894年に完成した。高さが43.5mあり、世界最大級の木造建築である。

出典:uitvlugt-guyana.com

白い木造教会で、とても綺麗です。 中は、シンプルでパイプオルガンがあります。

出典:www.tripadvisor.jp
真っ白に塗られた外観が印象的なセントジョージ大聖堂は、ガイアナの首都ジョージタウンにあるカテドラルです。19世紀の終わりに建てられました。オーク材を基調としたゴシック様式の建築が特徴で、現在は内部に家具や位牌、洗礼の記録などが残されているおすすめの観光スポットです。
●名称:セントジョージ大聖堂
●住所:Carmichael St., Georgetown, Guyana
●電話番号:592 226 5067

③ガイアナ国立博物館(ジョージタウン)

郵便局の前にあるガイアナ博物館も訪れてみた。
無料だったので、一応満足。

出典:www.world-scene.com

奴隷貿易の資料や歴史の記載などがあって、普通の博物館という感じだったが、奥の部屋に入ると、ものすっごい巨大なクマのような動物がお出迎え。

出典:blog.goo.ne.jp
ガイアナの首都ジョージタウンにある博物館です。展示の内容は、動物学、鉱物学、考古学からアメリカンインディアンの工芸や、美術品にまで至り、定番の観光スポットとなっています。入場料が無料なので、予算がない旅行者にもおすすめの観光名所です。
●名称:ガイアナ国立博物館
●住所:North Road and Hincks St, Georgetown, Guyana
●電話番号:592 225 7191

④セント・アンドリューズ教会(ジョージタウン)

ヴィクトリア朝の建築物として著名であるセント・ジョージ大聖堂が有名。この聖堂は世界で最も高い木造教会でもあり、1892年に献堂された。高さはおよそ43.5mで真っ白な木造の建物である。

出典:www.bians.jp

セントアンドリュース・カーク(St. Andrew’s Kirk)教会は、ジョージタウンで最も古い建築物で、1818年に建造された。

出典:uitvlugt-guyana.com
セント・アンドリューズ教会はジョージタウンにあるガイアナで最も古い建築物です。奴隷たちが礼拝を許された、ヨーロッパ人によって建てられた最初の教会でおすすめの観光スポットとなっています。ガイアナ人としてオズワルド・アレン・ベスト牧師が初めて教会の長老を務め、人々の尊敬を集めました。国会議事堂の隣にあって国会開催シーズンは、周辺の車の通行が禁止されます。
●名称:セント・アンドリューズ教会
●住所:Avenue Of The Republic, Georgetown, Guyana

⑤デメララ・ハーバー・ブリッジ(ジョージタウン)

デメララ・ハーバー・ブリッジは、ジョージタウンの南約6kmの所、川幅が最も広く流れが緩やかになる場所にかかる浮橋である。

出典:uitvlugt-guyana.com

今まで橋がなかったということは、船による運搬が主流だったということで、浮橋は、今も船を通すために1日に1回、開口するそうである。

出典:violine2.blog.so-net.ne.jp
ガイアナの地図を見ると、橋は1978年に作られたこの橋しか見当たりません。デメララ川の長さは約350kmで、そこに架かるデメララ・ハーバー・ブリッジは、全長1851m。これだけ長い浮橋は世界的にも珍しく、観光スポットとしても人気でおすすめです。橋のない時代には日数をかけて向こう岸へ渡っていたようです。
●名称:デメララ・ハーバー・ブリッジ
●住所:Peter's Hall, Georgetown, Guyana

⑥ジョージタウンの灯台(ジョージタウン)

灯台は、200年ほど前にオランダが木造で建てたのを、1830年にイギリスが石で再建したとのこと。今も港湾局の係員がデメララ川を往来する船を監視し、航路の安全を守るために船と交信しているそうだ。

出典:violine2.blog.so-net.ne.jp

赤と白の縞模様に塗装された灯台に登ると、平坦な地にあるジョージタウンの街が一望できる。灯台の入口の壁面にはガイアナの標高の基準とされている水準点の金属標が埋め込まれている。

出典:uitvlugt-guyana.com
ジョージタウンの灯台は、高さ約30mあります。1000ワットの明かりは、30~40マイルの遠くからも見ることができ、航路の安全を守るために船と交信しています。赤と白の縞模様に塗装された灯台に登ると、ジョージタウンの街が一望できるおすすめのポイントです。灯台は、ガイアナのナショナルモニュメントに指定されていて観光スポットとなっています。
●名称:ジョージタウンの灯台
●住所:Georgetown, Guyana

⑦ジョージタウン市庁舎(ジョージタウン)

遠目には綺麗なお城の様な雰囲気の建物

出典:ryosukeoka.wordpress.com

庁舎は、地元で採れた材木を利用した木造建築で、カリブ諸国の建築としては最も美しい建物と言われている。

出典:uitvlugt-guyana.com
ガイアナにジョージタウン市が誕生したのは1837年のことです。市庁舎の礎石が置かれたのは1887年12月23日、正式にオープンしたのは1889年7月1日。庁舎は、地元で採れた材木を利用した木造建築で、カリブ諸国の建築としては最も美しい建物と言われている、おすすめの観光スポットです。
●名称:ジョージタウン市庁舎
●住所:Georgetown, Guyana
いかがだったでしょうか。日本人はもちろん、カリブ海の観光地としてもあまりメジャーでないガイアナですが、海外好きにはたまらない観光スポットがたくさんですね。治安には十分注意しながらおすすめスポットを思う存分楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する