カロリーなんて気にしない!今すぐ食べたくなる都内の天丼6選

カロリーなんて気にしている場合ではありません!これを読み終わるころには天丼を欲しています。いつ食べてもおいしい天丼。今すぐ食べに行きませんか?

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

【1】深町(京橋)

天ぷら深町の創業は2004年と比較的新しいお店。創業して間もないですが、一つ星を獲得しています。天ぷらの揚げ具合が良いのはもちろん、タレの味付けも美味しくタレは決して濃くなく、甘くもないという絶妙なバランスですよ。
店内の雰囲気もよく、サービスの質も高いので、落ち着いて食事をすることができます。
【店名】深町 (ふかまち)
【TEL・予約】03-5250-8777
【住所】東京都中央区京橋2-5-2 サブジュードグリン京橋シノハラビル 1F
【営業時間】
[火~金]
11:30~13:30(L.O)
17:00~20:30(L.O)
[土・日・祝]
12:00~14:00(L.O)
17:00~20:30(L.O)
ランチ営業
【定休日】月曜日・第1第3日曜

東京都中央区京橋2-5-2 A・M京橋ビル

3.66 569
  • ¥10,000〜¥14,999
  • ¥20,000〜¥29,999
てんぷら 深町!シンのグルメ日記

京橋駅より徒歩3〜5分の場所にある天ぷら屋さん てんぷら 深町。 東京の高級天ぷら屋さんにしては珍しく、15,000円以内でランチを楽しめるこちらのお店。2022年2023年天ぷら百名店だけでなく、2019年より5年連続で食べログbronze、silverに選出されています。 ネット予約に対応されているからか、外国人のお客様も多い印象。調理中の大将は真剣そのものですが、手が空いたタイミングで気さくに話しかけてくれ、海外の方とも英語でコミュニケーションされていたので、ホスピタリティの高さを感じました。 今回いただいたのは、コースNo.1。コースNo.2に比べると最後のかき揚げ丼や天茶漬けが無くなりますが、その分価格がリーズナブルで、ボリュームも十分お腹いっぱいになる量感です。まずはわさびのツンとした香りが効いた、とろとろの汲み上げ湯葉でコーススタート。 エビセンのようにカリッと揚げた海老の頭をいただいた後、塩と天つゆどちらの味も楽しめる、プリプリサクサクの車海老を2本。秋を先取りする程よい塩味の新銀杏。薄い衣の中に野菜の甘味が詰まった、青森のとうもろこし。天つゆと大根おろしをたっぷり漬けることで、ふわっとした食感が際立つキス。とうもろこしとはまた違った甘味を楽しめる、かなり太くて立派な山形のアスパラ。シャキシャキとしつつも噛む程に粘り気を感じる、茨城のレンコンなど、衣の薄さや油の切り具合も絶妙な、絶品天ぷらが続きます。 美しく半生に仕上げた分厚いホタテは、レモンを絞って酸味を加えることで海鮮の旨味が際立つ美味しさ。一風変わった生姜特有の辛味を堪能できる葉生姜。カラッと揚げた大ぶりな穴子をご飯に乗せて天つゆをかけた、どんどんご飯が進む贅沢な穴子天丼まで、王道の天ぷらを堪能できる満足度の高いコースでした! きな粉を塗した抹茶アイスも素晴らしく、食後に訪れる大将とのアフタートークも含め価値ある時間を楽しめたので、ぜひ訪問してみてください。 ごちそう様でした!

【2】土手の伊勢屋(三ノ輪)

外観と内容はレトロという言葉では表せないような明治、江戸の風情が伺える雰囲気となっているんです。とても重厚な雰囲気、なかなか味わうことができませんよ。
丼ぶりからはみ出してしまうほどのボリュームです!サクサクとした天ぷらは、油の感じはあれど全くその重たさは感じさせません。しかし全く重くはなく、意外と完食できてしまいそうですね。
【店名】土手の伊勢屋 (どてのいせや)
【TEL・予約】03-3872-4886
【住所】東京都台東区日本堤1-9-2
【営業時間】
〈月~火・木~金〉11:30〜14:00 17:00〜20:00
〈土・日・祝〉5月17日から実施します。11:00〜19:30
【定休日】水曜日

【3】天丼 金子半之助(日本橋)

開店は11時からですが、11時13分についても大行列。夜も長い列を作っています。なるべく時間に余裕を持っていった方がいいです。ごま油が多めの揚げ方で香ばしい香りが特徴的ですよ。衣に程よい量のタレ。アナゴの身は柔らかく、海老とイカはプリップリなんです。
950円でこの量を食べられるのはかなりコスパがよいですね。しかもおいしい。文句なしです。

【4】天秀(新宿)

新宿の喧騒から離れて落ち着いた雰囲気の中、伝統の江戸前天ぷらを味わうことができますよ。全体的に素材を生かした上品な味付け。パリパリではなくしっとりとしていますよ。
【店名】天秀 (てんひで)
【TEL・予約】050-5869-0641 (予約専用番号)
【住所】東京都新宿区西新宿7-12-21
【営業時間】[月~金] 11:30 ~ 13:30 (LO 13:30) 17:00 ~ 22:00 (LO 21:00)
      [土・祝日] 17:00 ~ 22:00 (LO 21:00)
 ランチ営業
【定休日】毎週日曜日

【5】天一 本店(銀座)

全国各地に支店をもつ天一。昭和5年創業の老舗天ぷら料理店となっていますよ。本店にはときの政治家や文壇、海外の著名人なども訪れているそうですよ。素材の良さが引き立つ味付けとなっており、天丼ながらしつこくなくあっさりと食べることができます。

【6】天ぷら岡本(立川)

ジャズの流れるお洒落なバーのような雰囲気の中で旬の食材を使った天ぷらを味わうことができます。貝柱と海老の風味が口の中に広がり、噛めば噛むほどその旨みが引き出されますよ。
いかがでしたか?今すぐ食べたくなってくる天丼ばかりでした。カロリーなんて気にしている場合ではありませんね!

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する