• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
掘り出し物がいっぱい!毎月25日は北野天満宮の大人気イベント「天神市」

北野天満宮の「天神市」とは毎月25日に行われる縁日のことです。骨董品やアンティーク雑貨、食べ物のお店など約1,000軒もの露天がズラリと並び、見て歩くだけでも楽しめるイベントとして地元民から外国人観光客まで大人気です。25日に京都に行ったら、ぜひ北野天満宮「天神市」に出かけてみて下さいね!

このまとめ記事の目次

毎月25日は北野天満宮"天神市”

菅原道真公の誕生日6月25日とご逝去2月25日に由来

北野天満宮の方によれば「最初は、参拝した帰りにひと息入れるための茶店やお酒を出すようなお店ができたことからだといいます」すでに元禄の頃には現在のような縁日の姿が整っていたようです。

出典:gurutabi.gnavi.co.jp

朝から参道や周囲の道に露店が立ち並び、子供からシニアまで大賑わいです。芸術的なデザインが並び、ひやかしで歩くだけでも楽しい市です。

出典:gurutabi.gnavi.co.jp

朝7時頃から始まり、一点物が多いことや遅い時間には品薄になってしまうこともあるので、やはり早すぎない9時頃や10時頃からの午前中に訪れるのがおすすめです。

出典:gurutabi.gnavi.co.jp
誕生日とご逝去の日が同じというのも何か”縁”を感じますね。普通の縁日とはちょっと違う天神市は出店数の種類も品数も多いのでワクワク、心躍ります!もしかしたらビックリするようなお宝にめぐり会えるかも…

天神市はエリアごとに楽しめる!

天神市は北野天満宮の広いエリアによってお店の種類が分かれていて、表参道は遊技場や食べ物のお店などが多く、東側の道や上七軒へと続く道あたりは骨董や古着のお店、西側は盆栽や植木のお店が多くなっています!

鳥居をくぐれば、食べ物の屋台!

今出川通に面した鳥居が目印。縁日といえば、やっぱり露店!あちらこちらから食欲をそそるいい香りが…京都ならではのお店もありますよ。

出来立てわらび餅!

熱々の本わらび餅だって。しかも200円。良心価格だね。

出典:ameblo.jp

京都でしか買えないお漬物!

お漬物や佃煮を売る人達が遠く丹波や、鞍馬、大原などから集まってくる。

出典:www47.tok2.com
そのほかに焼タケノコや宇治茶、定番どころのたこ焼きにお好み焼きなどバリエーションも豊富です。おみやげにするもよし、食べ歩きながらでもよし。まだまだ続く天神市へと進みましょう!

昔懐かし遊戯台!

子どもはもちろん、大人もついつい本気になって遊べます!

参道脇の広場にて植木市

片隅には、実山椒の苗木が。苗木もほとんどお目に掛かりません。京料理では必需品ですがね。いろんな種類がありますね。見ているだけで楽しいです。

出典:ameblo.jp
植木市では季節ごとの苗木やクリスマスにお正月などイベントに合わせた植物も出され、小さな四季を感じることができます!

神宮外周にたくさんの骨董屋さん!

こちらの縁日も、骨董品が集まる骨董市として知られています。コレクタブルなお高い骨董品からガラクタまで、いろいろおもしろいものが集まっています!

出典:www.themadjournal.com

北野天満宮を取り囲むようにして骨董品のお店が並んでいる。まさによりどりみどりであるし、見ているだけで楽しくなる。

出典:www.uchiyama.info

規模も大きく出店の数が半端じゃないです。総じて あぁ、やっぱり骨董市は面白い!!

出典:blog.livedoor.jp
レアな物を見つけようと真剣な眼差しで品定めをする多くの人が集まる骨董市。お宝発見!もあるかも…?!

東側通路には着物のほか古着のお店!

天神市の特徴の一つは「着物の店が多い」こと。たくさんの若い人たちが個性的な和服コーディネートで市を訪れ、着物を一生懸命吟味してる様子が印象的でした。

出典:blog.shinise.ne.jp

アンティークの着物を探すには、骨董市を訪ねてみるのもいいですよ。たくさん出品されている中に、お好みの一品がきっと見つかります。

出典:kitekosokimono.blog.fc2.com
アンティーク着物は外国人観光客に大人気!天神市では価格交渉やおまけを付けてもらったり、素敵なお買い物ができますよ。

境内ライトアップ

350の石燈籠と250の釣燈籠にあかりが灯されると、国宝の本殿をはじめとする社殿が美しく浮かび上がり、昼とは違った幻想的な雰囲気の中で拝観いただけます。

出典:www.kitanotenmangu.or.jp
ライトアップされる時間帯に行くと、露天は終わっているお店が多いですが中門(三光門)や本殿、今は梅も見頃で趣ある境内は特別な夜を楽しむことができます。

【ライトアップ】日没~21:00
        *境内は自由

北野天満宮「天神市」へのアクセス

【住所】   京都市上京区馬喰町
【電話番号】075-461-0005(北野天満宮)
【アクセス】JR京都駅から市バス50・101系統
      地下鉄今出川駅から市バス203系統
      京阪三条駅から市バス10系統
      阪急大宮駅から市バス55系統
      *いずれも「北野天満宮前」下車すぐ
【駐車場】 毎月25日は使用できませんので、ご注意ください。

いかがでしたか?

こんな物が!というような逸品に出会えそうな北野天満宮「天神市」。今が満開の北野天満宮の梅と「天神市」で春の景色と香りを満喫してくださいね!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する