• はてぶ
  • あとで
穴場の観光地!【四国のレトロな町並みを巡る観光スポット5選】

海に囲まれ温暖な気候にも恵まれている四国。実はレトロな町並みがたくさんある穴場観光スポットなんです! 今回はそんな四国のレトロな町並みを存分に楽しめる観光スポットを5つ紹介していきたいと思います!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

その1【うだつの町並みと吉田邸 】(徳島県美馬市)

「うだつ」とは隣家との境界に取り付けられた土造りの防火壁のことで、これを造るには相当の費用がかかったため、裕福な家しか設けることができませんでした。 すなわち「うだつが上がる」ということは富の象徴。

出典:www.awanavi.jp

藍商、吉田直兵衛の家。
現在、市指定文化財として一般公開されており、建築様式の素晴らしさと往時の藍商の暮らしぶりをご覧いただけます。

出典:www.city.mima.lg.jp
四国の徳島県でレトロな町並みの観光スポットと言ったらここです!うだつという防火壁が残る町並みでこの壁は当時では高価なもの。うだつがあがるという言葉の元にもなった豪華な町並みと邸宅を見ることができます!
【住所】美馬市脇町大字脇町55
【TEL0883-53-0960
【料金】大人510円 子供250円
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】なし
【アクセス】JR穴吹駅よりタクシーで約10分

その2【引田の町並みと讃州井筒屋敷(さんしゅういづつやしき)】(香川県かがわ市)

醤油の醸造で栄えた讃岐の引田の町で、たまたま出会った商家は、強い紅色の壁に派手ななまこ壁。白壁の多い町でひときわ目立っている。

出典:www.slownet.ne.jp

歴史的な引田のまち並み散策の拠点施設。江戸時代から続いていた酒・しょう油づくりの商家を改装。当時の母屋を見学できます。食事処や地元の特産品の販売もあります。

出典:www.my-kagawa.jp
こちらもまたレトロな町並みが続く引田です。四国の香川県にあるここは醤油づくりによって栄えた町並みです。赤壁の商家や観光スポットとして讃州井筒屋敷が町の中心にあり特産品なども買うことができます。
【住所】香川県東かがわ市引田2163
【TEL】0879-23-8550
【料金】基本無料、母屋のみ300円
【営業時間】10:00~16:00
【定休日】水曜日
【アクセス】引田ICより車で約10分

その3【ポコペン横丁】(愛媛県大洲市)

大洲まぼろし商店街1丁目として、大人には昔懐かしい物がたくさんあり、小さいころ持っていた人形に出会えたり、遠く忘れかけていた記憶を甦らせてくれる。

出典:iyokannet.jp

地元商店による大洲市ならではのおいしい中華そば、コロッケ、焼き鳥などの飲食店や骨董品、おもちゃ、雑貨などが販売される物販店、竹馬やシャボン玉、ベイゴマなどで遊べる昔遊びの体験コーナーなど、楽しいことがいっぱいです!

出典:www.city.ozu.ehime.jp
【住所】愛媛県大洲市大洲649-1
【TEL】0893-24-2664
【営業時間】10:00~15:30に毎週日曜日開催
【アクセス】JR伊予大洲駅から徒歩20分
レトロな町並み!レトロな商店街!きっと親子で楽しむことができる懐かしい空間がそこにあります。四国を訪れた際にはぜひ行きたい観光スポットです。
昭和そのもののレトロな町並みでノスタルジーに浸れます。

その4【吉良川の町並み】 (高知県室戸市)

とても素敵な街並みでした。
明治期に建てられた建物が残っているそうで水切り瓦の蔵や河原石や浜石の外壁“石ぐろ”が特徴なんだそうです。

出典:trptaka.blog48.fc2.com

土佐漆喰を使った白壁と、台風などの強い雨風から町屋を守るためにっけられた水切り瓦が独特の景観をつくっている。その町並みは、どこかなつかしい時代へタイムスリップしたような感じ。

出典:www.attaka.or.jp
四国にある高知県のレトロな町並みと言ったらここがおすすめです。昔ながらの歴史を感じる建物が続いている町並みは高知県を代表する観光スポットと言っていいです。
落ち着いた旅がしたい方にはもってこいの場所です!
【住所】室戸市吉良川町
【アクセス】土佐くろしお鉄道ごめんなはり線奈半利駅より車で約20分
・町なので料金、営業時間などはなし

その5【道後(どうご)の温泉街】(愛媛県松山市)

色々な人がたくさん居て活気があり、お土産屋もたくさんあって良かったです!温泉も近く足湯もあり浴衣で歩いている人もたくさんいました!道後温泉に行ったら是非行ってほしいです!

出典:www.jalan.net

今回の道後アートフェスティバルのデザインを手がけている写真家・蜷川 実花さんの作品のアートが描かれた和紙が張られた45枚の障子は、色とりどりの鮮やかさで、華やかに道後の街に彩りを添えています。

出典:minkara.carview.co.jp
道後温泉は夏目漱石の坊ちゃんゆかりの地としても有名です。四国を代表する観光スポットと言えます。レトロな町並みはもちろん写真家の蜷川実花さんとコラボした町のデザインは女性も一目見たいと思う鮮やかなデザインです。
【住所】愛媛県松山市道後湯之町
【アクセス】JR松山駅から路面電車で25分

いかがでしたか?

四国のレトロな町並みのある観光スポットを紹介してきました。昭和を感じることができる町並みが多くあるので子供から大人までが楽しむことができます。
懐かしい気持ちになりたいときにどの町もおすすめです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Ightalia初めまして!旅やグルメに関する情報を5選形式で紹介しています。
こんなところに行きたいが発見できる記事を書いていきたいと思います。

このまとめ記事に関して報告する