• はてぶ
  • あとで
憧れのNY!クイーンズ地区で絶対に訪れたいおすすめスポット 7選

NYは観光地として世界有数のおすすめスポットです。NYの中でもクイーンズは映画「星の王子ニューヨークへ行く」でも有名になりました。今回はそのNYクイーンズ地区のおすすめスポットを7つ厳選してみました。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1 フラッシング・メドウズ・コロナ・パーク / クイーンズ区北部・フラッシング地区

公園の面積は約508haで、ニューヨーク市の公園としてはブロンクス区のペルハム・ベイ・パークに次いで広い。

出典:ja.wikipedia.org

水泳もスケートも1年中行えるこの施設は約10,200m²の面積を有する、ニューヨーク市内で最大規模の屋内レクリエーション施設である。

出典:ja.wikipedia.org
NY・クイーンズ地区で絶対に訪れたいおすすめスポット1つ目は「フラッシング・メドウズ・コロナ・パーク」です。1964年の万国博覧会場でNY市内では2番目に広い公園。数多くのスポーツ施設や文化施設が集中しています。

名称:  フラッシング・メドウズ・コロナ・パーク
住所:  クイーンズ区北部・フラッシング地区

2 USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター / フラッシング・メドウズ・パーク

全米オープンのメイン会場としてアメリカ合衆国ニューヨーク市クイーンズ区のフラッシング・メドウズ・パークにあるテニス施設。

出典:ja.wikipedia.org

22のテニスコートやスタジアムとしては世界最大のテニス専用競技場であるアーサー・アッシュ・スタジアム(23,200名収容)とルイ・アームストロング・スタジアム、グランドスタンドがあり、総面積は46.5エーカーである。

出典:ja.wikipedia.org
NY・クイーンズ地区で絶対に訪れたいおすすめスポット2つ目は「USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター」です。世界4大大会、USオープンが行われるテニスプレイヤーとファンの聖地です。

名称:  USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター
住所:  フラッシング・メドウズ・パーク

3 シティ・フィールド / フラッシング・メドウズ・コロナ・パーク

アメリカ金融大手のシティグループが20年、総額4億ドル(1年あたり2000万ドル)で命名権を取得し、シティ・フィールドと名付けられた。

出典:ja.wikipedia.org

球場の外観は、かつてニューヨークにあったブルックリン・ドジャース(現ロサンゼルス・ドジャース)の本拠地球場エベッツ・フィールドを模したデザインとなっている。

出典:ja.wikipedia.org
NY・クイーンズ地区で絶対に訪れたいおすすめスポット3つ目は「シティ・フィールド」です。メジャーリーグ、ニューヨーク・メッツの本拠地。ニューヨーク観光の際にタイミングが合えば、ぜひ本場のメジャーリーグの試合も観戦してみましょう。

名称:  シティ・フィールド
住所:  フラッシング・メドウズ・コロナ・パーク

4 ルイ・アームストロングの家 / クイーンズ区コロナ

ルイ・アームストロングが、妻のルシール (Lucille) とともに、1943年から、1971年に死去するまで住んでいたニューヨークの家。

出典:ja.wikipedia.org

アームストロングの没後、未亡人となったルシールは、夫を顕彰する博物館を創るためとして、この建物をニューヨーク市に寄贈した。

出典:ja.wikipedia.org
NY・クイーンズ地区で絶対に訪れたいおすすめスポット4つ目は「ルイ・アームストロングの家」です。20世紀を代表するジャズ・ミュージシャン、故ルイ・アームストロングの家。ニューオリンズ・ジャズを世界に広めた偉人を偲べます。

名称:  ルイ・アームストロングの家
住所:  クイーンズ区コロナ

5 アストリア・ギリシャ人街 / クイーンズ中部

様々な人が住むニューヨークで『ひと味違う』を見つけたいならエスニックタウンが一番。

出典:newyork.navi.com

ギリシャ文字や国旗、街角のカフェでコーヒー片手にたむろしている男性達にカフェニオンのイメージが重なります。

出典:newyork.navi.com
NY・クイーンズ地区で絶対に訪れたいおすすめスポット5つ目は「アストリア・ギリシャ人街」です。まるでニューヨークではないようなアストリア・ギリシャ人街。マンハッタン島からイースト・リバーを渡ると全く違う文化が広がっています。

名称:  アストリア・ギリシャ人街
住所:  クイーンズ中部

6 クイーンズ美術館 / フラッシング・メドウズ・コロナ・パーク

クイーンズ美術館は、ティファニーガラスの一時展示やコレクションではどこにも負けない美術館です。美術館の建物も歴史あるものです。

出典:www.jwide.com

1964年の万国博覧会用に作られた有名なニューヨークの3次元マップ「ザ・パノラマ」は、定期的にアップデートされています。

出典:www.jwide.com
NY・クイーンズ地区で絶対に訪れたいおすすめスポット6つ目は「クイーンズ美術館」です。巨大なNYのパノラマ模型「ザ・パノラマ」が人気の美術館。1964-1965年の国際万博用に造られた歴史のある建築です。

名称:  クイーンズ美術館
住所:  フラッシング・メドウズ・コロナ・パーク

7 ノグチ・ミュージアム / クイーンズ北西部

国際的に著名な日系アメリカ人美術作家、イサム・ノグチ(1904-1988)により自身の生涯の代表作といえる作品群を展示するために設計・設立されました。

出典:www.noguchi.org

ノグチが1950年代に日本で和紙と竹枠を使って産み出した AKARI(アカリ)ランプ、ハーマン・ミラー社が製造を続けているイサム・ノグチ・テーブルを始めとした家具類、また家具とオブジェも取扱っております。

出典:www.noguchi.org
NY・クイーンズ地区で絶対に訪れたいおすすめスポット7つ目は「ノグチ・ミュージアム」です。アメリカで最も有名な日系アーティストの1人、イサム・ノグチのミュージアム。子どもの頃に日本で指物師の元で修行したノグチらしい和のテイストも感じられます。

名称:  ノグチ・ミュージアム
住所:  クイーンズ北西部
NYクイーンズ地区のおすすめスポットを7つ厳選してみましたが、如何でしたでしょうか。今回紹介したおすすめスポットは一部ですが、それ以外にもNYクイーンズ地区には魅力的な場所が多いです。自分なりのお気に入りの場所を探してみてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する