• はてぶ
  • あとで
お財布に優しい海外旅行を!世界の“物価が安い”おすすめ国BEST12

カツカツ旅行、もううんざり。今回はそんなあなたにおすすめする、世界の“物価が安い”国を厳選してご紹介いたします!実際に行ってみて納得、ぜひ次の旅先の候補にしてみては?さあ、安くて充実の海外旅行に出かけましょう。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】マレーシア

まず最初にご紹介するのは、ビーチと熱帯雨林に溢れる常夏の、東南アジアを代表する国「マレーシア」です。ヨーロッパやアジア諸国の文化が入り混じった独特な国としても知られ、日本からも多くの観光客が訪れる人気の高い国の一つです。
そんな「マレーシア」が、人気の理由の一つが物価が安いこと。滞在中に掛かる食費などは、日本に比べて半分ほどの値段で済んでしまうところがほとんどなんです。2019年現在もまだまだ物価が安くおすすめの国ではありますが、年々少しずつ上昇している傾向にあるそうなので、今のうちに満喫しに行かれてはいかがでしょう。

詳細情報

【2】ネパール

2つ目にご紹介するのは、南アジアにありインドとチベットの間に位置する国「ネパール」です。首都はカトマンズで、エベレストのあるヒマラヤ山脈で有名な国です。日本でもカレー屋さんなどで、ネパール料理に触れる機会も多々ありますよね。なので、グルメ問題も比較的安心なのが嬉しいところ。
美しい山々に囲まれた豊かな盆地が魅力のこの国。宿代や交通手段などの値段は幅が広く、平均値は日本とそこまで変わらないかもしれませんが、とにかく安いところは安いというのが印象です。1泊800円代で泊まれるところもあるほどなんですよ。南アジアの中では急速に都市化している国なので、数年後には物価が急上昇している可能性も。行くなら今ですよ!

詳細情報

Nepal, Kathmandu

3.12 1273

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【3】フィリピン

3つ目にご紹介するのは「セブ島」など、リゾート地のある国として世界各国からも多くの観光客が訪れる人気観光国「フィリピン」です。東南アジアを代表する国のうちの一つで、日本からの距離も比較的近く、近年では多くの日本人観光客が訪れることでも知られています。
語学留学先としても近年注目の集まっている国「フィリピン」。電車やバスはおよそ30円ほど(2019年12月現在)で乗れてしまうほか、洋服は交渉次第で100円以下で買えるなんてことも。ですが、地域差によって物価にかなり変動がある国でもあるので、こちらも旅行スタイルで大きく費用が変わってきます。都市部やリゾート地のセブ島などは、比較的高くなる傾向にあるようです。

詳細情報

【4】インドネシア

4つ目にご紹介するのは、千を超えるほどの火山島からなる東南アジアの国「インドネシア」です。ここでしか見ることのできない野生生物や、火山島ならではの地形、そして常夏の国のオアシス、美しいビーチが見所の人気国です。首都である「ジャカルタ」は、超巨大都市で、都市圏としては世界で2番目の規模を誇っているんです。
日本人からも人気の観光エリア「バリ島」では、タクシーの初乗りがなんと約60円前後!観光客価格も浸透してはいますが、それでも十分物価の低い国と言えるでしょう。ですが、都市開発が急速に進んでいる国でもあり、日本との物価の差はそこまで無くなってききている傾向にあるようです。今のうちに行っておきたい国ですね。

詳細情報

jakarta, Republik Indonesia

3.21 245

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【5】インド

5つ目にご紹介するのは、日本からの観光客も多く人気の観光地「インド」です。カレーやヒンドゥー教など独自の文化が魅力的なことでも人気の高い国です。ガンジス川やタージマハルなどは、あまりにも有名ですよね。また、都市の「デリー」や「ムンバイ」でも世界と比較して、相当に物価が安いことでも知られています。
その安さは“世界一物価の安い国”と言われるほどなんですよ。1Lの水も約30円ほどで買えてしまうのだとか!良い屋台などを見つければ1食100円以下で済ますこともできるのだそうです。とはいえ、インドは貧困の格差が大きいことでも知られている国なので、こちらも旅行スタイルで費用が大きく変動します。

詳細情報

【6】トルコ

6つ目にご紹介するのは、東ヨーロッパと西アジアにまたがり、世界三大料理でも知られる国「トルコ」です。オスマン帝国や古代ローマ帝国など世界史の中でも馴染みのあるこちらの国もまた、近年お得に旅行できる国として、注目されている国なんです。
最近では、治安も回復してきており女子旅にもおすすめの海外として、人気が再燃している国でもあります。2018年以降、トルコの通貨であるトルコリラが急落したことで、現在はかなりお得に旅行できる状況なんです。観光地でもあるイスタンブールでも十分お得に過ごすことができますが、スタイルや地域によって変動もあるので確認しておくといいですよ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 日頃の生活から逃げ出し、ゆっくりと自分の時間を過ごすことができる「旅行」。でも…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

stella禁ビール中

このまとめ記事に関して報告する